歴代のアカデミー賞受賞一覧表

 
child05_enzi_b_02このページでは、歴代のアカデミー賞受賞作品と監督および俳優・女優を紹介してます☆
 
一覧には、すべての部門賞は書ききれないため主要な賞である、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、外国語映画賞の5つを挙げています。
 
一覧表の授与年は受賞式が行われた年ですので、実際は前年に上映された映画が対象です。
 
 
■そもそもアカデミー賞授賞式ってなぁ~に?
 
child05_enzi_b_07毎年一年に一度、映画芸術科学アカデミー主催で開催される授賞式で、アカデミー会員が基本的にはその年に公開されたアメリカ映画の中から優れた作品や人を選出します。
 
歴史的には世界三大映画祭(ベルリン、カンヌ、ヴェネツィア)より古く第一回は1929年に行われています。同時に、世界一有名な映画の賞と言っていいでしょう。
 
日本ではWOWOWが毎年、独占的に中継してます。(NHKとかなら無料で見れたのにね・・・(^^;)
 
11月の予備選考を通過したノミネートが翌年1月に発表され、授賞式は毎年2月の最終もしくは3月の第1日曜日にハリウッドのコダック・シアターで行われます。オスカー像が贈られる以外に賞金等はありませんが、受賞した場合の世界的な知名度UPや興行収入UPは確実でしょう。
 
child05_enzi_b_02毎年受賞者のスピーチは、ユーモアたっぷりなものから感動的なものまで注目を集める1シーンとして有名ですが、歴代何人かの受賞者が、感激のあまり自分の生い立ちから延々と語りまくり、45秒以内と決まっている持ち時間を大幅にオーバーしてしまったなんてことも。イスに飛び上がり喜びを表現したり、号泣したりと毎年いろんなドラマを見ることができます。
 
個人的にはキューバ・グッディングJrがトム・クルーズと共演したキャメロン・クロウ監督映画「ザ・エージェント」で助演男優賞を受賞した時の様子がすごく印象的で感動しました。
 
歴代の司会者は有名な俳優や女優が行っていて、各賞のプレゼンター(授与する人)は前年受賞した俳優や女優、監督が務めることが恒例のようです。
 
レッドカーペットが式場入り口からリムジンの下車場所まで引かれているのは特に有名で、招待客以外は会場に入れないため一般の映画ファン達が毎年たくさんレッドカーペット付近に見物にきています。
 
各賞は、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞が特に有名かな。
animal_suwaru_b_07 
それ以外にも、脚色賞、脚本賞、助演男優賞、助演女優賞、長編アニメ映画賞、美術賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、長編ドキュメンタリー映画賞、短編ドキュメンタリー映画賞、編集賞、外国語映画賞、メイクアップ賞、作曲賞、歌曲賞、短編アニメ賞、短編映画賞、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞があります。
 
さらに、特別賞として、ウォルト・ディズニーやワーナー兄弟、黒澤明、チャールズ・チャップリンなどに贈られているアカデミー名誉賞や、音響や視覚効果分野の業績を称えられ授与されるアカデミー特別業績賞、ほかにもアカデミー科学技術賞、アービング・G・タルバーグ賞、ジーン・ハーショルト友愛賞、ゴードン・E・ソーヤー記念賞などもあります。
 
※ちなみに、アカデミー主演男優賞を2度以上受賞したのは2011年現在で9人。スペンサー・トレイシー、フレドリック・マーチ、ゲイリー・クーパー、マーロン・ブランド、ダスティン・ホフマン、トム・ハンクス、ジャック・ニコルソン、ダニエル・デイ=ルイス、ショーン・ペンです。
 

授与年 作品賞 主演男優賞 主演女優賞 監督賞 外国語
映画賞
2015
(87th)
バードマン エディ・レッドメイン
「博士と彼女のセオリー」
ジュリアン・ムーア
「アリスのままで」
アレハンドロ・G・イニャリトゥ
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
イーダ
(波)
2014
(86th)
それでも夜は明ける マシュー・マコノヒー
「ダラス・バイヤーズクラブ」
ケイト・ブランシェット
「ブルージャスミン」
アルフォンソ・キュアロン
「ゼロ・グラビティ」
追憶のローマ
(伊)
2013
(85th)
アルゴ ダニエル・デイ=ルイス
「リンカーン」
ジェニファー・ローレンス
「世界にひとつのプレイブック」
アン・リー
「ライフ・オブ・パイ」
愛、アムール
(墺・仏・独)
2012
(84th)
アーティスト ジャン・デュジャルダン
「アーティスト」
メリル・ストリープ
「マーガレット・サッチャー」
ミシェル・アザナヴィシウス
「アーティスト」
別離
(イラン)
2011
(83th)
英国王のスピーチ コリン・ファース
「英国王のスピーチ」
ナタリー・ポートマン
「ブラック・スワン」
トム・フーパー
「英国王のスピーチ」
未来を生きる君たちへ
(丁・瑞)
2010
(82th)
ハート・ロッカー ジェフ・ブリッジス
「クレイジー・ハート」
サンドラ・ブロック
「しあわせの隠れ場所」
キャサリン・ビグロー
「ハート・ロッカー」
瞳の奥の秘密
(爾)
2009
(81th)
スラムドッグ$ミリオネア ショーン・ペン
「ミルク」
ケイト・ウィンスレット
「愛を読むひと」
ダニー・ボイル
「スラムドッグ$ミリオネア」
おくりびと
(日本)
2008
(80th)
ノーカントリー ダニエル・デイ=ルイス
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
マリオン・コティヤール
「エディット・ピアフ」
コーエン兄弟
「ノーカントリー」
ヒトラーの贋札
(爾)
2007
(79th)
ディパーテッド フォレスト・ウィテカー
「ラストキング・オブ・スコットランド」
ヘレン・ミレン
「クィーン」
マーティン・スコセッシ
「ディパーテッド」
善き人のためのソナタ
(独)
2006
(78th)
クラッシュ フィリップシーモアホフマン
「カポーティ」
リース・ウィザースプーン
「ウォーク・ザ・ライン」
アン・リー
「ブロークバック・マウンテン」
ツォツィ
(英・南阿)
2005
(77th)
ミリオンダラー・ベイビー ジェイミー・フォックス
「Ray/レイ」
ヒラリー・スワンク
「ミリオンダラー・ベイビー」
クリント・イーストウッド
「ミリオンダラー・ベイビー」
海を飛ぶ夢
(西・仏・伊)
2004
(76th)
ロード・オブ・ザ・リング ショーン・ペン
「ミスティック・リバー」
シャーリーズ・セロン
「モンスター」
ピーター・ジャクソン
「ロード・オブ・ザ・リング」
みなさん、さようなら
(加・仏)
2003
(75th)
シカゴ エイドリアン・ブロディ
「戦場のピアニスト」
ニコール・キッドマン
「めぐりあう時間たち」
ロマン・ポランスキー
「戦場のピアニスト」
名もなきアフリカの地で
(独)
2002
(74th)
ビューティフル・マインド デンゼル・ワシントン
「トレーニング・デイ」
ハリー・ベリー
「チョコレート」
ロン・ハワード
「ビューティフル・マインド」
ノーマンズランド
(ボスニア・伊・仏・英、他)
2001
(73th)
グラディエーター ラッセル・クロウ
「グラディエーター」
ジュリア・ロバーツ
「エリン・ブロコビッチ」
スティーヴン・ソダーバーグ
「トラフィック」
グリーン・デスティニー
(中・台・香港・米)
2000
(72th)
アメリカン・ビューティー ケヴィン・スペイシー
「アメリカン・ビューティー」
ヒラリー・スワンク
「ボーイズ・ドント・クライ」
サム・メンデス
「アメリカン・ビューティー」
オールアバウトマイマザー
(西)
1999
(71th)
恋におちたシェイクスピア ロベルト・ベニーニ
「ライフ・イズ・ビューティフル」
グウィネス・パルトロー
「恋におちたシェイクスピア」
スティーヴン・スピルバーグ
「プライベート・ライアン」
ライフ・イズ・ビューティフル
(伊)
1998
(70th)
タイタニック ジャック・ニコルソン
「恋愛小説家」
ヘレン・ハント
「恋愛小説家」
ジェームズ・キャメロン
「タイタニック」
キャラクター
(蘭)
1997
(69th)
イングリッシュ・ペイシェント ジェフリー・ラッシュ
「シャイン」
フランシス・マクドーマンド
「ファーゴ」
アンソニー・ミンゲラ
「イングリッシュ・ペイシェント」
コーリャ 愛のプラハ
(捷)
1996
(68th)
ブレイブハート ニコラス・ケイジ
「リービング・ラスベガス」
スーザン・サランドン
「デッドマン・ウォーキング」
メル・ギブソン
「ブレイブハート」
アントニア
(蘭)
1995
(67th)
フォレスト・ガンプ トム・ハンクス
「フォレスト・ガンプ」
ジェシカ・ラング
「ブルー・スカイ」
ロバート・ゼメキス
「フォレスト・ガンプ」
太陽に灼かれて
(露)
1994
(66th)
シンドラーのリスト トム・ハンクス
「フィラデルフィア」
ホリー・ハンター
「ピアノ・レッスン」
スティーブン・スピルバーグ
「シンドラーのリスト」
ベルエポック
(西)
1993
(65th)
許されざる者 アル・パチーノ
「セント・オブ・ウーマン」
エマ・トンプソン
「ハワーズ・エンド」
クリント・イーストウッド
「許されざる者」
インドシナ
(仏)
1992
(64th)
羊たちの沈黙 アンソニー・ホプキンス
「羊たちの沈黙」
ジョディ・フォスター
「羊たちの沈黙」
ジョナサン・デミ
「羊たちの沈黙」
エーゲ海の天使
(伊)
1991
(63th)
ダンス・ウィズ・ウルブズ ジェレミー・アイアンズ
「運命の逆転」
キャシー・ベイツ
「ミザリー」
ケヴィン・コスナー
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
ジャーニー・オブ・ホープ
(瑞)
1990
(62th)
ドライビングMissデイジー ダニエル・デイ=ルイス
「マイ・レフトフット」
ジェシカ・タンディ
「ドライビングMissデイジー」
オリバー・ストーン
「7月4日に生まれて」
ニュー・シネマ・パラダイス
(伊)
1989
(61th)
レインマン ダスティン・ホフマン ジョディ・フォスター バリー・レヴィンソン ペレ
1988
(60th)
ラストエンペラー マイケル・ダグラス シェール ベルナルド・ベルトルッチ バベットの晩餐会
1987
(59th)
プラトーン ポール・ニューマン マーリー・マトリン オリヴァー・ストーン 追想のかなた
1986
(58th)
愛と哀しみの果て ウィリアム・ハート ジェラルディン・ペイジ シドニー・ポラック オフィシャル・ストーリー
1985
(57th)
アマデウス F・マーリー・エイブラハム サリー・フィールド ミロシュ・フォアマン La Diagonale du fou
1984
(56th)
愛と追憶の日々 ロバート・デュヴァル シャーリー・マクレーン ジェームズ・L・ブルックス ファニーとアレクサンデル
1983
(55th)
ガンジー ベン・キングズレー メリル・ストリープ リチャード・アッテンボロー Volver a empezar
1982
(54th)
炎のランナー ヘンリー・フォンダ キャサリン・ヘプバーン ウォーレン・ベイティ メフィスト
1981
(53th)
普通の人々 ロバート・デ・ニーロ シシー・スペイセク ロバート・レッドフォード モスクワは涙を信じない
1980
(52th)
クレイマー、クレイマー ダスティン・ホフマン サリー・フィールド ロバート・ベントン ブリキの太鼓
1979
(51th)
ディア・ハンター ジョン・ヴォイト ジェーン・フォンダ マイケル・チミノ ハンカチのご用意を
1978
(50th)
アニーホール リチャード・ドレイファス ダイアン・キートン ウディ・アレン これからの人生
1977
(49th)
ロッキー ピーター・フィンチ フェイ・ダナウェイ ジョン・G・アヴィルドセン BLACK&WHITE in COLOR
1976
(48th)
カッコーの巣の上で ジャック・ニコルソン ルイーズ・フレッチャー ミロシュ・フォアマン デルス・ウザーラ
1975
(47th)
ゴッドファーザーPARTII アート・カーニー エレン・バースティン フランシス・フォード・コッポラ フェリーニのアマルコルド
1974
(46th)
スティング ジャック・レモン グレンダ・ジャクソン ジョージ・ロイ・ヒル 映画に愛をこめて アメリカの夜
1973
(45th)
ゴッドファーザー マーロン・ブランド ライザ・ミネリ ボブ・フォッシー ブルジョワジーの秘かな愉しみ
1972
(44th)
フレンチ・コネクション ジーン・ハックマン ジェーン・フォンダ ウィリアム・フリードキン 悲しみの青春
1971
(43th)
パットン大戦車軍団 ジョージ・C・スコット グレンダ・ジャクソン フランクリン・J・シャフナー 殺人捜査
1970
(42th)
真夜中のカーボーイ ジョン・ウェイン マギー・スミス ジョン・シュレシンジャー Z
1969
(41th)
オリバー! クリフ・ロバートソン キャサリン・ヘプバーン キャロル・リード 戦争と平和
1968
(40th)
夜の大捜査線 ロッド・スタイガー キャサリン・ヘプバーン マイク・ニコルズ Ostre sledovane vlaky
1967
(39th)
わが命つきるとも ポール・スコフィールド エリザベス・テイラー フレッド・ジンネマン 男と女
1966
(38th)
サウンド・オブ・ミュージック リー・マーヴィン ジュリー・クリスティ ロバート・ワイズ 大通りの店
1965
(37th)
マイ・フェア・レディ レックス・ハリスン ジュリー・アンドリュース ジョージ・キューカー 昨日・今日・明日
1964
(36th)
トムジョーンズの華麗な冒険 シドニーポアチエ パトリシアニール トニー・リチャードソン 8 1/2
1963
(35th)
アラビアのロレンス グレコリーペック アン・パンクロフト デヴィッド・リーン シベールの日曜日
1962
(34th)
ウエスト・サイド物語 マクシミリアン・シェル ソフィア・ローレン ロバート・ワイズ 鏡の中にある如く
1961
(33th)
アパートの鍵貸します パート・ランカスター エリザベス・テイラー ビリー・ワイルダー 処女の泉
1960
(32th)
ベン・ハー チャールトン・ヘストン シモーヌ・シニョレ ウィリアム・ワイラー 黒いオルフェ
1959
(31th)
恋の手ほどき デビッド・ニーブン スーザン・ヘイワード ヴィンセント・ミネリ ぼくの伯父さん
1958
(30th)
戦場にかける橋 アレック・ギネス ジョアン・ウッドワード デヴィッド・リーン カビリアの夜
1957
(29th)
80日間世界一周 ユル・ブリナー イングリシュ・バーグマン ジョージ・スティーヴンス
1956
(28th)
マーティ アーネスト・ボーグナイン アンナ・マニャーニ デルバート・マン (名誉賞)宮本武蔵
(日本)
1955
(27th)
波止場 マーロン・ブランド グレース・ケリー エリア・カザン (名誉賞) 地獄門
(日本)
1954
(26th)
地上より永遠に ウィリアム・ホールデン オードリ・ヘップバーン フレッド・ジンネマン (名誉賞) なし
1953
(25th)
地上最大のショー ゲーリー・クーパー シャーリー・ブース ジョン・フォード (名誉賞) 禁じられた遊び
1952
(24th)
巴里のアメリカ人 ハンフリー・ボガード ビビアン・リー ジョージ・スティーヴンス (名誉賞) 羅生門
(日本)
1951
(23th)
イヴの総て ホセ・フェラー ジュディ・ホリデー ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ (名誉賞) 鉄格子の彼方
1950
(22th)
オール・ザ・キングスメン プロデリック・クロフォード オリビア・デ・ハビランド ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ (特別賞) 自転車泥棒
1949
(21th)
ハムレット ローレンス・オリビエ ジェーン・ワイマン ジョン・ヒューストン (特別賞) 聖バンサン
1948
(20th)
紳士協定 ロナルド・コールマン ロレッタ・ヤング エリア・カザン (特別賞) 靴みがき
1947
(19th)
我等の生涯の最良の年 フレデリック・マーチ オリビア・デ・ハビランド ウィリアム・ワイラー 賞 未設立
1946
(18th)
失われた週末 レイ・ミランド ジョーン・クロフォード ビリー・ワイルダー 賞 未設立
1945
(17th)
我が道を往く ピング・クロスピー イングリッド・バーグマン レオ・マッケリー 賞 未設立
1944
(16th)
カサブランカ ポール・ルーカス ジェニファー・ジョーンズ マイケル・カーティス 賞 未設立
1943
(15th)
ミニヴァー夫人 ジェームズ・キャグニー グリア・ガースン ウィリアム・ワイラー 賞 未設立
1942
(14th)
わが谷は緑なりき ゲーリー・クーパー ジェーン・フォンテイン ジョン・フォード 賞 未設立
1941
(13th)
レベッカ ジェームズ・スチュアート ジンジャー・ロジャース ジョン・フォード 賞 未設立
1940
(12th)
風と共に去りぬ ロバートドーナッツ ビビアン・リー ヴィクター・フレミング 賞 未設立
1939
(11th)
我が家の楽園 スペンサー・トレーシー ベティ・デイビス フランク・キャプラ 賞 未設立
1938
(10th)
ゾラの生涯 スペンサー・トレイシー ルイーゼ・ライナー レオ・マッケリー 賞 未設立
1937
(9th)
巨星ジーグフェルド ポール・ムニ ルイーゼ・ライナー フランク・キャプラ 賞 未設立
1936
(8th)
戦艦バウンティ号の叛乱 ヴィクター・マクラグレン ベティ・デイヴィス ジョン・フォード 賞 未設立
1935
(7th)
或る夜の出来事 クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール フランク・キャプラ 賞 未設立
1934
(6th)
カヴァルケード チャールズ・ロートン キャサリン・ヘップバーン フランク・ロイド 賞 未設立
1933
(5th)
グランド・ホテル ウォーレス・ピアリー
フレドリック・マーチ
ヘレン・ヘイズ フランク・ボーゼイジ 賞 未設立
1932
(4th)
シマロン ライオネル・バリモア マリー・ドレスラー ノーマン・タウログ 賞 未設立
1931
(3rd)
西部線異常なし ジョージ・アーリス ノーマ・シアラー ルイス・マイルストン 賞 未設立
1930
(2nd)
ブロード・ウェイ・メロディ ワーナー・パクスター メアリー・ピックフォード フランク・ロイド 賞 未設立
1929
(1st)
つばさ エミール・ヤングス ジャンット・ゲイナー フランク・ボーゼージ
ルイス・マイルストン
賞 未設立

 
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ by 789jun