「ライフワーク」タグアーカイブ

「奇跡のシンフォニー」は最高のエール映画でSHOW?

 


奇跡のシンフォニー」は2007年公開のアメリカ映画です。
 
本作のあらすじは、ある夜パーティーを開催中のビルの屋上で、2人の若い男女が恋に落ち、初対面ながら結ばれる。2人は、バンド活動をしているロック・ミュージシャンの男性と、クラシック音楽のチェロ演奏者の女性だった。
 
しかし、諸事情から二人の若者はそれっきり離れ離れになってしまうことに。男性は運命の女性だと思っていた人と逢えなくなってしまい失意の中、音楽活動ができなくなってしまうまでに。
 
一方、女性も男性のことが忘れられずにいたものの消息はつかめないばかりか、その男性の赤ん坊を妊娠したことに気づく。だが厳格な女性の父親は、今後、娘の音楽家としての人生の妨げになると思い、手術が無事に終わった女性に、赤ん坊は死んでしまったと嘘をつき、こっそり孤児院に預けてしまう。
 
その後、赤ん坊は11歳になるまで孤児院で育ち、天才的な音楽の才能を持っていることが判明。音楽に対する情熱を持ち続けた少年によって、一時はバラバラになってしまった3人が、再び音楽に導かれるように引き寄せられていくという感動のストーリー♪
 
日本版の予告編はこちらのサイトでのみ公開されてました。アメリカ版はIMDbにアップされてましたので紹介しときます↓が、IMDbの動画はレスポンシブ対応されていないようなので横幅の狭いスマホなどでは映像の右側が切れてしまうかもしれません。そんな方は日本版をどうぞ。
 

主演は、映画「チャーリーとチョコレート工場」や「スパイダーウィックの謎」「最低で最高のサリー」などで知られるイギリスの俳優フレディ・ハイモア君。今や20歳を越えて大人ですが、本作公開時の2007年には15歳前後になりますね。
 
なんとなんと、フレディ君は映画「プロヴァンスの贈りもの」で主人公を演じたラッセル・クロウの少年時代を演じています。また、ハリウッド版「鉄腕アトム」の映画「ATOM」では、主人公アトムの声を担当しました。
 
ちなみに、最初は僕も勘違いしたのですが、映画「A.I.」や「シックス・センス」「ペイ・フォワード」などで有名になったアメリカの俳優ハーレイ・ジョエル・オスメント君とは別人です(笑)なんとなく雰囲気が似てますよね。ハーレイ君もすでに20代の青年となっていますが、Wikipediaによると、実は飲酒運転で逮捕されたり、マリファナ所持が発覚したりと、なかなか騒がしい毎日を送っているようです。
 
さて、本作「奇跡のシンフォニー」ですが、監督はアイルランドのカーステン・シェリダンという女性で、日本ではあまり有名ではないみたいです。他に「マジェラ・マギンティー事件」や「Disco Pigs(原題)」という映画などが代表作のようです。
 
お父さんも映画監督で、ジム・シェリダンという方だそうです。代表作は「父の祈りを」「ドリームハウス」など。
 
「奇跡のシンフォニー」主人公の母親役には、海外ドラマ「フェリシティの青春」に主演しブレイクしたアメリカの女優ケリー・ラッセル。映画「M:i:III」にもトム・クルーズ演じるイーサンの愛弟子として出演しました。あとラブコメ映画「ウェイトレス」や「ベッドタイム・ストーリー」「小さな命が呼ぶとき」などにも出演しているので、個人的には、なんとなく<素晴らしい恋人>や<良き奥さん>というイメージがあります☆
 
父親役はアイルランドの俳優ジョナサン・リース=マイヤーズ。映画「マイケル・コリンズ」「マッチポイント」などに出演しています。なんと偶然なのかヒロイン役のケリー・ラッセルとは「M:i:III」でも共演しています。ジョナサン・リース=マイヤーズは主人公イーサン率いるチームの一員として出演しています。

 

そして「奇跡のシンフォニー」には、大物俳優ロビン・ウィリアムズも出演しているんですね。
 
ロビン・ウィリアムズを知らない方のために説明しておくと、コメディ出身のハリウッドスターで、映画「グッド・ウィル・ハンティング」ではアカデミー助演男優賞を受賞。
 
その他「レナードの朝」や「今を生きる」「グッドモーニング, ベトナム」「フック」「ナイト・ミュージアム」など多数の大ヒット映画に出演している実力派俳優です。海外ドラマ「フレンズ」にも、ちょこっと出演してたりします(笑)



「奇跡のシンフォニー」、あとは映画「クラッシュ」「アイアンマン」「Ray/レイ」などへの出演で有名なテレンス・ハワードも出演しています。
 
配給はアメリカがワーナーで、日本ではなぜかワーナーでなく東宝東和でした。
 
ちなみに、原題は「August Rush」で、意味は直訳すると「八月の猛進」とか「八月の殺到」ですが、日本語字幕では「八月の興奮」と訳されています。作中、たまたま通りかかった車の広告に書いてあった文字から、少年のミュージシャン・ネームとしてつけられます。
 
まあ、少年は両親を探すために、自分の音楽をできる限り多くの人に聞いてもらいという願いを持っていましたから、人や注文が殺到するという意味もあるだろうし、3人の情熱が引き寄せられるというところから、興奮するという意味も含まれているのかもしれませんね。
 
 
奇跡のシンフォニー」を観ると、音楽を愛し続けた結果、同じ感性を持つ者同士が魅かれ合い、わかる人には、ちゃんと伝わり、逢うべき人とは必ず絆が生まれるという、ライフワークを生きる人にとっては必然とも言える、運命的なシンクロニシティ(意味のある偶然)を擬似体験することができます。
 
何かに夢中になりたい人、音楽を愛して止まない人へ贈るエール映画です。オススメ☆
 
 
「ライフワークを生きる映画」一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
映画・TVドラマをDVDに録画できる♪
スカパー

「グレイテスト・ゲーム」は最高のエール映画でSHOW?

 


グレイテスト・ゲーム」は2005年公開のアメリカ映画です。
 
なんと、こんなに素晴らしい映画なのに日本劇場未公開です!かろうじてDVDは発売されているようで良かったです。
 
主演は、映画「トランスフォーマー」シリーズや「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の俳優シャイア・ラブーフ。シャイア・ラブーフはスピルバーグに見初められてドリーム・ワークス社の作品にたくさん出演しています。
 
原題は「THE GREATEST GAME EVER PLAYED」。『史上最高のゲーム』といったところでしょうか。配給はディズニー・ピクチャーズです。チョット意外。実話に基づいた物語なんですね。1913年の全米オープンという大会に、フランシス・ウィメットという実在したアマチュアのゴルフ選手が出場した際のドラマが描かれています。
 
予告編は日本版はもちろん見つかりませんでしたが、アメリカ版はYouTubeの公式チャンネルにて公開されてましたので、紹介しておきます↓

本作「グレイテスト・ゲーム」は、ゴルフの対決という意味ではサクセス・ストーリーな映画として紹介してもよかったし、夢をおいかけるという意味では「ライフワークを生きる映画」の1つとしてもよかったのですが、それ以上に親子の絆が素晴らしい描かれ方をしていたので感銘をうけ、「人間関係を癒してくれる映画」として紹介することにしました♪
 
あらすじは、労働者階級の息子でありながら、当時、上流階級のスポーツとされてきたプロゴルファーになりたいという夢を持つ青年の物語。夢に向かって努力はするが、なかなか厳しい世界。母親は応援してくれるものの、父親は息子に早く経済的に家族を支えて支えて欲しいと厳しくあたる。
 
やがて青年は夢をあきらめ、ゴルフショップで働くことになるが、そんなある日もう一度だけ大きなゴルフトーナメントに出場してみないかというチャンスが訪れる・・・、というお話。
 
監督は、映画「エイリアン2」や「ターミネーター」「アポロ13」などへの出演で知られる俳優のビル・パクストンがメガホンをとています。

左がシャイア・ラブーフ、右がビル・パクストン↓

 


他に共演者としては、映画「クラッシュ」「ゾディアック」「ベンジャミン・バトン」「シャッター アイランド」など数多くの作品に出演しているカナダ出身の俳優イライアス・コティーズがお父さん役を好演しています。
 
また映画「スパイ・ゲーム」や「ゼロ・ダーク・サーティ」、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(スタニス・バラシオン役)などに出演しているイギリス人俳優スティーヴン・ディレインが主人公の憧れでもありライバルでもあるゴルフのスター・プレーヤー、ハリー・バートン役を演じています。
 
現実主義で厳格な労働者な父親と夢を追いかける息子との間の確執と和解を描いた泣ける映画で、親とちょっと距離を感じるとか、不仲であるとか、対立するところがあるとか、何をしても反対されたり、応援されていると感じられない、なんていう子供たちのための名作映画です。
 
グレイテスト・ゲーム」を観た時、ものすごい強さで親子関係によって生じた心の傷が癒されました。素直な感情を表現することの大切さを知ることができますよ☆
 
 
「人間関係を癒してくれる映画」一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
映画・TVドラマをDVDに録画できる♪
スカパー

「まあだだよ」は最高のエール映画でSHOW?

 


「まあだだよ」は1993年に公開された黒澤明 監督の日本映画です。
 
初めて観たときの感想は「ああ!なんて美しい人生なんだろう!」でした☆黒澤映画の中でも、ベスト3に入るくらい大好きな映画です。
 
全体的に心の平和を感じられるほど穏和で、気持ちの背筋がピンと伸びる職人的な澄んだ空気感もあり。戦後、敗戦ムードの中にありながら、気高く、明るく、元気な日本人の姿を見ることができます。すごく元気をもらえる映画ですよ。
 
大映というもうなくなってしまった製作会社が製作し、東宝が配給した映画です。
 
主演は、松村達雄さんという俳優。ご存知でしょうか、本作意外では、山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズにたくさん出演されてますし、一時期は、とらやの2代目おいちゃん役も5作程やってたんですよ。
 
新しいところでは三谷幸喜さんのテレビドラマ「古畑任三郎」シーズン3にも犯人役として出演しています。
 
この映画の原作は夏目漱石の門下生の1人だった小説家・内田百閒の随筆で、松村達雄さんは内田百閒を演じています。
 
また、内田先生の門下生役として多くの個性派俳優が出演してるんですね(笑)所ジョージ、井川比佐志、寺尾聰、平田満など。さらに、その子供役として「男はつらいよ」の満男役&「北の国から」純クンでおなじみの吉岡秀隆も出演しています。
 
また、松村さん演じる内田百閒の奥さん役は、黒澤映画に三船敏郎と同じくらいたくさん出演している女優の香川京子が担当しています。すごく綺麗な方ですよ☆少し前に、長澤まさみは香川京子に似ていると噂になったこともあったとか(笑)原節子や京マチ子さんと並んで、日本の美人映画スターですねヽ(´▽`)/

↓似てる気もするし・・・

 


↓似てない気もする・・・(笑)

 


さて「まあだだよ」のあらすじはというと、学校の教師をしていた内田先生が、小説家として独立することとなったところからスタート。かつての教え子達の中には、先生のことを「金無垢のような心をもつ本物の先生」と慕い続けている生徒たちもいた。そんな門下生たちと内田先生との心温まる交流を通して、戦後の日本人たちの生活や絆、生き方を描いた映画です。
 
随所に生きるための知恵や喜び、そして子供達へのメッセージなどが描かれているのが特に印象的でした。映像の美しさや音楽、美徳について、友情について、粋について、生き方についてなど、とにかくいろんな意味で「美しいな~!」と思える内容です。
 
あんなに美しい心を持った人間になれたらと思いますね。心が洗われるような作品。作中の飲み会で「月(出た出た月が)」が歌われていたんですが、あんな気持ちのいい歌い方で聞いたのは初めてでした(笑)
 
楽しく飲むとは、こういうことか!と教えてくれる映画でもありますね☆
 
ちなみに黒澤明監督はこの作品の公開5年後の1998年に亡くなっており、本作「まあだだよ」が最後の作品になるみたいです。(死後、残されていた脚本から「雨あがる」という映画が公開されてはいます)
 
元気と温かい希望をくれる黒澤映画「まあだだよ」♪ぜひ観てみてくださいヽ(´▽`)/
 
予告編は見つかりませんでした・・・(泣)
 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
映画・TVドラマをDVDに録画できる♪
スカパー