「ジェイソン・アレクサンダー」タグアーカイブ

「プリティー・ウーマン」は最高のエール映画でSHOW?




映画「プリティ・ウーマン」は、主演のリチャード・ギアとジュリア・ロバーツにとって世界的にブレイクするきっかけとなった出世作です。
 
9年後の1999年には同じ2人を主演にした「プリティ・ブライド」という映画も作成されましたが、僕は断然「プリティ・ウーマン」の方が面白いと思いますし好きですね♪
 
「プリティ・ウーマン」の監督はゲイリー・マーシャルという人で、他にも映画「バレンタインデー」「ニューイヤーズ・イヴ」「プリティ・プリンセス」シリーズなどを手がけているロマコメ、ラブコメの巨匠です。
 
また、1990年代は傑作が数多く出てハリウッドが絶好調の時でしたが、「プリティ・ウーマン」(1990)は、まさにその口火を切った作品の1つと言えるでしょう。実際、Wikipediaによると、1990年度の米興行収入第1位だったそうです!
 
余談ですが、個人的には1990年に公開された映画の中でも、本作「プリティ・ウーマン」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ(第3作目)は特に印象に残っています。初めて洋画というものに触れ始めたのが、ちょうど、この2作あたりだったんですね☆
 
あとはアメリカで翌年公開された「マイ・ガール」、そしてなぜか「裸の銃を持つ男」もスゴく記憶に残っています(笑)
 
話しを「プリティ・ウーマン」に戻すと、この作品はラブコメでありながら、1人の男性と1人の女性の人生が、各々大きく変化していく様を描いた、単なる恋愛ものだけじゃ終わらない作品になっています。
 
また実は「プリティ・ウーマン」はリメイクとまではいかないのですが、「マイ・フェア・レディ」という古典映画のオマージュ作品です。言ってみれば現代版「マイ・フェア・レディ」とも呼べる作品です。
 
「マイ・フェア・レディ」は1964年公開の映画で、もともとは同名のミュージカルでした。主演はオードリー・ヘプバーン。ストーリーは、成功して大きな屋敷に住んでいる大学教授が、花売りの娘を社交界で通じるようなお嬢様に育てあげるというものです。
 
「プリティ・ウーマン」も、街で車に乗せたコールガール役のジュリア・ロバーツを、実業家として成功したビジネスマンである金持ち役のリチャード・ギアが高級な宝石や服をたくさん買い与えたり、一流ホテルの支配人が作法を叩き込んだりしていくうちに上品なレディと変身していく物語ですから、下敷きとなっている物語は一緒ですね。

 
 

この映画を観てると、すごくエールをもらえるんですが、その要因の1つに主題歌があると思います☆
 
ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」という曲なのですが、聞くと楽しくなるようなアップテンポな曲で、どこか懐かしい感じもして個人的には映画「マイ・ガール」の主題歌テンプテーションズの「マイ・ガール」を思い出します♪

ちなみに、リチャード・ギアのビジネス・パートナー役として出演しているのは、海外ドラマ「サインフェルド」の主要キャストの1人ジェイソン・アレクサンダーです。いい味出してます。
 
また、ホテルの支配人役にはヘクター・エリゾンドという俳優さんが起用されてます。この俳優さんはゲイリー・マーシャル監督作品の常連さんで、映画「バレンタインデー」「プリティ・プリンセス」や、海外ドラマ「刑事コロンボ」「シカゴ・ホープ」などにも出演しています。
ジェイソン・アレクサンダー(左)と、へクター・エリゾンド(右)

 

日本語の予告編動画は残念ながら見つかりませんでした。。アメリカ版はこちら
 
プリティ・ウーマン」は、リチャード・ギアがビジネスマンから、1人の男として人生をやり直そうとする姿や、無邪気に恋の喜びに飛び込んでいく姿勢にはすごく心が打たれるエールフルな映画です。
 
もちろんジュリア・ロバーツという今やハリウッドを代表する大女優の可愛らしい笑顔にも救われます☆まだ観たことがない方は、ぜひ見てみてくださいねヽ(´▽`)/
 
 
元気が出る映画<ラブコメ編>一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

海外ドラマ「サインフェルド」は最高のシットコムでSHOW?




  
爆笑に次ぐ爆笑・・・アメリカ史上No1人気のシットコムと言えばこれ!
 
シットコムとはシチュエーション・コメディーの略で、いくつかのシチュエーションごとに30分前後で1話として編集されたコメディードラマのことです。
 
編集工程で意図的に観客の笑い声が音声挿入されているのが特徴的です。日本では三谷幸喜さん作、香取慎吾くん主演の「HR」のような作品のことですね。
 
日本で有名なのは以前NHKで放送していた「フルハウス」、そしてこの「フレンズ」ではないでしょうか。
 
ですが、世界的に言えばシットコムで一番有名なのは、90年代にトップを走り続けたこの「サインフェルド」だと言っても過言ではないでしょう。
 
 
サインフェルドは9年続いたアメリカ史上最高に人気のあった伝説のシットコム
 
「となりのサインフェルド(原題:Seinfeld)」はアメリカのNBCで1989年7月5日から1998年5月14日までシーズン9まで放送された大人気の海外ドラマです。アメリカ人の4人に1人が見たというくらいの人気シットコムで、アメリカでは今でも時々再放送されています。
 
どのくらい伝説だったかというのを教えてくれる、アメリカでも有名な2つのエピソードがあります。
ひとつは、あの大人気ドラマ「フレンズ」のメンバーのギャラが1話につき1000万円だった頃に、すでにサインフェルドのギャラは1億円。さらにシネマトゥデイの記事によると一時期はなんと1話11億円ドルというケタ違いのギャラだったこともあったとか(笑) 
 
もうひとつは、サインフェルドは初期のシーズンではあまり人気が出なかったのに、シーズンを重ねるごとにじわりじわりと人気が出てきて、最終のシーズン9の頃には人気は絶頂だったらしいのですが、にも関わらず、1997年12月25日にいきなり番組の打ち切りを発表したものだからアメリカ中が大騒ぎして「ニューヨーク・タイムス」の第一面や「TIME」など他の主要紙までもがトップニュースとして報じた程だったそうです。
 
そして、最終話が放送された日はアメリカ中が家でテレビを見ていたために街中の人達がいなくなったと言われていて、「ダーマ&グレッグ」というシットコムのあるエピソードでは、街中から人が消えたこの間に主人公達が野外でエッチなことをするなんていうエピソードがあるくらいです。さらにフランク・シナトラが危篤状態になったのもこの最終話の放送日だったそうですが、街から人も車も消えていたためすぐに救急車が到着できたという逸話まであります。
 
サインフェルド シーズン2ちなみに、サインフェルドはアメリカのテレビ史上、前例がないほどの人気番組となり6年連続視聴率1位に輝き、最終話に至っては40%超で全米で7600万人が見たTV史上に残る記録的な視聴率をマークし当時のアメリカで史上3番目の高視聴率だったといいます。ちなみに1位と2位はそれぞれ「M★A★S★H」の最終回、「チアーズ」の最終回だそうで、4位が「フレンズ」の最終回です。(参考元:Wikipedia)
 
絶対に見逃せない番組のやる時間帯のことを「Must-See TV」と言われ、エミー賞やゴールデングローブ賞など数々の賞も受賞しています。また、アメリカのテレビ雑誌で史上最強のテレビ番組として1位に輝いたこともあります。これだけ伝説だったのに、なぜか日本ではよっぽどの海外ドラマ好きの人くらいしか知らないドラマなんですけどね(汗) 
 
実は、日本版DVDは3BOX発売されていて、収録されている内容はシーズン4までです。シーズン1は5話しかなく、シーズン2も12話しかないので、BOX1にシーズン1と2が収録されています。(通常1シーズンは24話)
 
なので英語をマスターしないとシーズン5~9は見れません。早く発売されるといいのですが、BOX3が発売されたのは2005年みたいなのでもう5年も発売されてないということになります。英語をマスターした方が早いんじゃないかしら?(笑) 
 
ちなみにちょっとミーハーな情報ですが、こちらが32億円するという噂のジェリー・サインフェルド邸です。LAの家は売りに出してるとかで内装を一部公開していたようです。また、大のポルシェファンでポルシェを50台近くも所有しているそうです。1999年に結婚して3人の子供がいます。
 
【キャスト】
 
サインフェルドでは主要キャストは4人です。
 
サインフェルド シーズン3・主人公のジェリー・サインフェルド
 
演じているのは、本人のジェリー・サインフェルドです。サインフェルドはスタンダップのコメディアンで、このドラマは自分の日常生活であった体験をヒントにつくられていて、彼もサインフェルド自身を演じています。ちなみに本名はジェローム・サインフェルド(Jerome Seinfeld)で1954年4月29日生まれです。ニューヨークはブルックリン生まれでサインフェルドの脚本も手がけています。
 
1976年、クイーンズカレッジ卒業式当日にニューヨークで有名なナイトクラブ「Catch a Rising Star」で、スタンドアップコメディアンとしてデビューを果たした後、1981年に人気の高い『ジョニー・カーソン・ショー』に出演。1987年に米HBOチャンネルで自身の番組『Jerry Seinfeld: Stand-Up Confidential』が放送され、1988年にはアメリカン・コメディ賞を受賞。1989年にNBCで脚本家・プロデューサーのラリー・デイヴィッドと共に「The Seinfeld Chronicles」を製作したのがサインフェルドのはじまりです。
 
1989年というからサインフェルドが35歳の時なんですね!番組終了後の1998年以降は、トーク番組や映画のカメオ出演など悠々自適な生活を送っているようです。たまにスタンダップコメディとして舞台に立つことがあるようですが、サインフェルドのほとんどの脚本も手がけていたため今なお再放送されているため収入は途絶えるどころかフォーブス誌によると2005年6月から今年2006年の6月までにサインフェルドが稼いだ額は100million(約100億円)!だったそうです。(IMDb) 
 
サインフェルド アメリカ版DVD-BOX・主人公サインフェルドの学生時代からの親友ジョージ
 
演じているのはジェイソン・アレクサンダーという俳優です。この俳優なんとあの「プリティ・ウーマン」でリチャード・ギアのビジネスパートナーとしてちょっと悪い人役として出演していた彼ですよ!知った時にはビックリしました(笑) 
 
1959年9月23日生まれでニュージャージー州ニューアーク生まれです。舞台俳優として数多くのブロードウェイ・ミュージカルに出演し活躍しています。現在は脚本や監督業もこなしながら私生活では、1981年に「となりのサインフェルド」にゲスト出演したデイナ・E・タイトルと結婚。1991年8月に長男、1996年に次男が誕生しています。「スタートレック」シリーズの熱狂的なファンでいわゆるトレッキーとしても有名です。
 
他に映画では「愛しのローズマリー」ドラマでは「名探偵モンク」にゲスト出演しています。最近では映画「HACHI 約束の犬」でリチャードギアと再び仕事をしていますね。(IMDb
 
 
サインフェルドの元カノ エレイン役
ジュリア・ルイス=ドレイファスという女優さんが演じています。この女優さんはとってもチャーミングで僕の大好きな女優さんの1人です♪なんと、サインフェルドで大成功した後さらにシーズン5まで続いた「The New Adventures of Old Christine」というシットコムに主演して再度、成功を収めています。エミー賞を受賞。
ニューヨークのマンハッタン出身で1961年1月13日生まれ。フランス系ユダヤ人。父ジェラール・ルイ=ドレフュス(別名ウィリアム・ルイス=ドレイファス)はルイ=ドレフュス財閥の出で、『フォーブス』誌によると29億ドルの資産を持つ大富豪だそうです。
1982年から1985年の間、『サタデー・ナイト・ライブ』のメンバーとして参加していた時に「となりのサインフェルド」の脚本家ラリー・デイヴィッドと出逢いサインフェルドに参加したとのことです。演技がめちゃくちゃうまいです!なんと「ファミリータイズ」にもゲスト出演していたらしいです。(IMDb
 
・主人公サインフェルドのアパートの隣人クレイマー
マイケル・リチャーズというコメディアンが演じています。やはりスタンダップ・コメディアンとしてコメディ番組『Fridays』にレギュラー出演したりと活躍していた人で、カリフォルニア州出身の1949年7月24日生まれです。(IMDb) 
 
ゲスト出演したスターの数々はまだ全員は追えていませんが、徐々に追記していきたいと思っています。今のところヤンキースやメッツ関連の話題も多く、キース・ヘルナンデスやポール・オニール、デレック・ジーター、バーニー・ウィリアムスらがゲスト出演しているということはわかっています。
また、フレンズのジャニス役で有名な(「オー・マイ・ガット!」という決まり文句で特に有名な)女優さんで、Maggie Wheelerもシーズン3でジョージとブラインドデートしています。そして、フレンズのモニカ役で有名なコートニー・コックスもシーズン5で、またデニス・リチャーズもシーズン4で出演しています。
 
「スピン・シティ」や「フレンズ」も大好きですが、サインフェルドも大大大好きです♪ある人は最高のシットコムを挙げるとしたら「サインフェルド」と「フレイジャー」だと迷わず言っていたくらいです。日本での知名度がなかなか上がらないのは配給する会社のマーケティングに問題があるとしか思えません。シーズン4まで見てもまったく文化の違いから笑えないなんてことはありませんでした。最高に笑えて、そして共感できるシットコムです。
「スピン・シティ」がちょっとエッチで政治の裏と表的なコメディだとしたら、「フレンズ」はラブコメと友情ものに近い海外ドラマで、「サインフェルド」は知的なジョークと一般人の日常生活の悩みを面白おかしく代弁してくれているシットコムと言えます。
世界中で誰もが見ているサインフェルドを日本でも早く全シーズンみれるように、日本エンタメ業界のレベルアップを願うばかりです。
 
「サインフェルド」のエピソードタイトル&ゲスト一覧表を作ってみましたぁ~☆
 
 
◆日本で発売されているシーズン4までのDVD-BOX3つ↓
中古はイーブックオフで購入できます

サインフェルド シーズン2
サインフェルド シーズン3

 
 
元気が出るTVドラマ「シットコム編」一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

「となりのサインフェルド」に出演したゲスト

となりのサインフェルド皆さんは海外ドラマ「となりのサインフェルド」をご存知でしょうか?
 
「となりのサインフェルド」はシーズン9まで続いた1990年代のアメリカで人気No1だった伝説のシットコムです。
 
どのくらい伝説的人気だったかというと、最終回の放映日にはアメリカの街中から人がいなくなるというくらい皆が見ていたドラマです。
 
 
ちなみにエピソードごとの詳しいページはこのホームページでもこちらのコーナーに作っていますのでぜひ見てくださいね♪
 
 
さて、このドラマ不定期にものすごく豪華なゲストスターをたくさん登場させています。
 
映画スターから、モデル、実業家まで幅広いジャンルですがここではその一部をご紹介して見ましょう。
 
 
・コートニー・コックス(シーズン5)
・マギー・フィーラー(シーズン3)
・デニス・リチャーズ(シーズン4)
・ウェイン・ナイト
・エステル・ハリス
・ジェリー・スティラー
・ハイジ・スウェドバーグ
・フィリップ・ベイカー・ホール
・マイケル・チクリス
・ピーター・クラウス
・ヘレン・スレイター
・キャサリン・キーナー
・キャンディス・バーゲン
・テリー・ハッチャー
・ミーガン・ムラリー
・マリスカ・ハージティ
・ジェレミー・ピヴェン
・リサ・エデルスタイン
・マーリー・マトリン
・ルドルフ・W・ジュリアーニ
・ジェニファー・クーリッジ
・ジェイミー・ガーツ
・ジャッジ・ラインホルド
・ジョン・ファヴロー
・リチャード・バージ
・メローラ・ウォルターズ
・トビン・ベル
・リズ・シェリダン
・バーニー・マーティ
 
 
デニス・リチャーズはスピン・シティ、ハーパー・ボーイズ、そしてサインフェルドとどこにでもゲスト出演してる女優さんですね(笑)
 
また、まだ「フレンズ」が始まる前で「ファミリータイズ」時代のコートニーコックスが出演していたのですね☆コートニーの出演するドラマは長続きするものが多いですね♪
 
海外ドラマもちょっと古いものだと、今はずいぶん安くなっていますので、1シーズン24話入っていて3000円しない場合も多いです。
 
ぜひ見てみてください。きっと、あなたもハマりますよ(笑)
 
 
◆嬉しいことにとなりのサインフェルドのDVDは日本版も発売されています♪
 
DVD-BOX1
 
DVD-BOX2
 
DVD-BOX3
 
 
◆中古で安く買いたい!という方はこちら☆
 
中古DVD・CDのイーブックオフ
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン