「ジョーン・キューザック」タグアーカイブ

「ワーキング・ガール」は最高のエール映画でSHOW?

 

「ワーキング・ガール」は1988年公開のアメリカ映画で、監督はマイク・ニコルズ、主演はメラニー・グリフィス、ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバーです。

他にもアレック・ボールドウィン、ジョーン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、さらにチョイ役でデイヴィッド・ドゥカヴニーも出演しています。
 
メラニー・グリフィスの写真がなかなか見つからなくて、いきなり「ナゼそこにセインしたの?」という写真で申し訳ないですが(笑)、ハリソン・フォードがまだ若い頃の映画ですね。
 
結論から言って、この映画、観てて「よっしゃ!」と何度かガッツポーズしました(笑)女性が主人公のサクセス・ストーリーでもあり、ラブコメでもあるんですが、よく出来ている作品です。痛快でアメリカン・ドリームを感じられ、音楽も最高です。
 
ニューヨークのウォール街になる投資銀行のM&A部門が舞台の映画で、こんなにすがすがしくて可愛らしい気持ちにさせてくれるものかと思います(笑)ちなみに、監督のマイク・ニコルズはエンタメ界で史上12+3人しかいないEGOTの1人です!代表作は他に「卒業」「心の旅」「バードケージ」などがあります。
 
主題歌は、カーリー・サイモンという女性シンガーが歌う「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」で、この曲はアカデミー歌曲賞に輝きました。さらにグラミー賞の映画・テレビ主題歌賞、ゴールデングローブ賞の主題歌賞なども受賞してます。公式PVがYouTubeのカーリー・サイモン公式チャンネルにあったので紹介しときますねん♪↓

「ワーキング・ガール」自体は、ゴールデングローブ賞で作品賞、主演女優賞(メラニー・グリフィス)、助演女優賞(シガニー・ウィーバー)などを受賞しています。
 
シノプシス(synopsis:要約)は、バリバリのキャリアウーマンの秘書として働いていた主人公の女性が、ある日ひょんなことから上司の留守番を頼まれる。このチャンスに秘書であることを隠し自分が以前から温めていたビジネスプランを取引先の男性(ハリソン・フォード)に持ちかけるが・・・という物語。



本作の最後では、印象に残るシーンが連発するのですが、特に最後のオチが良かったな~♪自然と笑顔になりますよ。あとは、出勤する前に家のキッチンで、あるキャリアウーマンに向かって恋人の男性が「これが君のお弁当だ。友達とは仲良く。暗くなる前に帰るんだよ」と言いきかせるシーンがあるんですが、この場面も大好きです。
 
シガニー・ウィーバーがセクシーな下着姿などを披露するのですが、彼女を映画「エイリアン」の主役の人としてしか知らない人にとっては、ちょっと意外な役柄に思えるかも?またヒロインのメラニー・グリフィスはこの作品が代表作で他はあまりパッとしませんが、ハリソン・フォードはこういうビジネスマン役でも、さすがの貫禄です。
 
それとジョン・キューザックの妹で海外ドラマ「シェイムレス」にも出演している女優ジョーン・キューザックが本作「ワーキング・ガール」でヒロインの親友役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされました。
 
 
ワーキング・ガール」は、数ある「女性が社会や組織の中で奮闘する姿を描いた映画」の中でも個人的にベスト3に入る作品ですね☆「ビッグ」のような組織内でのサクセス・ストーリー感を味わえます。
 
また、人生はひょっとしたことから、大きく変化してキラキラしたものになるものなんだなと希望を抱けてくるから不思議ですヽ(´▽`)/オススメ☆
 
 
■ オマケの追記

ちなみに、主演女優メラニー・グリフィスの実の娘はダコタ・ジョンソンという名前の女優さんです。

 

ジョンソンというのは、メラニー・グリフィスが最初に結婚した相手がドン・ジョンソン という俳優だったからです。

そのダコタ・ジョンソンが、なんと2015年2月公開予定の映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(Fifty Shades of Grey)で、エロティックなヒロインを演じることになっています。

原作は、同題で世界的に大ベストセラーとなったイギリスの官能小説。ある女子大生が、サディストの性的指向を持つ大富豪の男性と出逢い、SMにハマっていく姿を描いた過激なストーリーです。

この原作を映画化した話題作のヒロイン役に抜擢されたのが、ダコタ・ジョンソンなんですね。

あまりに過激なシーンが多いためか、母親であるメラニー・グリフィスには観に来ないでとお願いしているとか(笑)

英語版の予告編が公開されましたので紹介しておきます↓
すでに4000万回ちかい再生回数を記録してます!


元気が出る映画<ラブコメ編>一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

海外ドラマ「シェイムレス」は最高でSHOW?

 

過激シーン満載なのに感動しちゃう不思議ドラマ!
 
「シェイムレス 俺たちに恥はない」(shameless)は、アメリカの放送局SHOWTIMEで、2008年から放送されている海外ドラマで、2014年5月現在、シーズン4まで放送中です。

このドラマを見ようと思ったきっかけは、なんといっても当時話題騒然となっていた、女優エミー・ロッサムさんがヌードを大胆披露しているということですね(笑)



だってエミー・ロッサムといえば、2004年に日本はもちろん世界中で大ヒットした映画「オペラ座の怪人」で、それはそれは清楚で可憐なヒロインの若手女優クリスティーヌ役を演じていたイメージが残っていたので、ヌードになると聞いた時はビックリしたものです。

「シェイムレス」でのフィオナ役について語るエミー・ロッサム↓

ちなみに、エミー・ロッサムはシーズン1でヌードどころか2人の男性それぞれと何度か激しいベッドシーンを披露しています。

ベッドシーンというか、キッチンだったり野外だったり(笑)さらにシーズン2、3、4となるにつれ、ますます過激になっていくらしいという・・・(笑)

 

エミー・ロッサム自身はヌードになることについて、うんざりする程インタビューをうけているらしいです。やっぱり本国アメリカでもニュースになったんですね!

で、その都度「ヌードになることにまったく抵抗はない」と言いきっているそうです。

まるで「タイタニック」で有名なケイト・ウィンスレットみたいな女優さんですね。個人的には好きです。

 
いきなり話しが脱線しましたが(笑)、「シェイムレス」は一言で言えば、過激なんだけど、なぜか心が温まるエールドラマ。

最初は、ぜんぜん期待してなかったんですが見ているうちにドップリとハマってしまいました♪

ちなみに、「シェイムレス」をいち早く日本放送し始めたWOWOWでのキャッチフレーズは、『愛と笑いと涙とエロに包まれた全米大ヒットの過激ホームドラマ』。

2015年1月には、Hulu(フールー)でも配信を予定しているようです☆
 
 
■ 内容はハッキリ言って過激というか、なんというか、とてもハングリーです(笑)

主人公はギャラガー家の家族全員。両親の離婚後、父親と子供6人からなる大家族です。

にもかかわらず、お父さんフランクは働かないで酒ばかり飲んでいる。だから子供たちが全員たくましい(笑)

皆のお母さん代わりになっているのは、美貌の長女フィオナ。

高校生の2人の息子たちは、秀才だけど不真面目なリップと、軍隊に入りたがっている実は優しい性格のイアン。

そして、しっかり者でカワイイ小学生(?)の女の子デビー、いたずらっ子なカール、まだ赤ちゃんのリアム(なぜか黒人、というかフランクの元妻が断酒アドバイザーと浮気してつくったと思われる子:笑)。
 
 
■ たぶん評価が分かれる作品だと思う。 毛嫌いして「何が面白いの?」という人、そして「このドラマ最高!」という人に(笑)

みんな、毎日たくましく楽しくなんとか暮らしている姿を描いているんですね。

もちろん、まっとうに生きているというわけではありませんが(笑)、家族愛や生き様、心の強さ、恋愛、お金、生活の知恵と大人のずるさなどを見ているうちに、なぜか、本当になぜか、心が勇気づけられます。

そしていつの間にかギャラガー家を応援していたり、一発逆転のシアワセへのどんでん返しを期待してしまう。

そんな不思議なエールドラマです。

ちなみに、これが毎回流れるオープニング!すでに過激です(笑)↓

出演者も内容同様、一癖もふた癖もある濃い人ばかり(笑)

結構面白いメンバーというか個性的というか、考えてみれば豪華キャストと言ってもいいでしょう。

 

長女フィオナ役を演じるエミー・ロッサム。

エミー・ロッサムは、実はバツ1です。音楽プロデューサーと2007年に結婚するも2009年に離婚してます。

また、女優だけでなく歌手としてジャズ・アルバムも発表しています。しっとりとした古きよきアメリカって感じの歌声&曲調ですね♪

女優としては、映画「オペラ座の怪人」の他、映画「デイ・アフター・トゥモロー」やクリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」、そして忘れちゃいけないのがハリウッド映画の実写版ドラゴンボール「DRAGONBALL EVOLUTION」で、なんとブルマ役を演じています!

 

スティーヴを演じる俳優ジャスティン・チャットウィン

ビックリなのは、「シェイムレス」でフィオナの恋人役として登場するスティーヴ役は映画「DRAGONBALL EVOLUTION」で悟空を演じたジャスティン・チャットウィンなんですね。

つまりエミー・ロッサムとはドラゴンボール以来、再びの共演になります。どういう めぐり合わせなんだ(笑)

ジャスティン・チャットウィンは、スピルバーグの「宇宙戦争」でトム・クルーズの息子役を演じた、あの青年です。
 
父親フランク役は俳優ウィリアム・H・メイシー。

映画「ファーゴ」「ジュラシック・パークIII」「シービスケット」「サンキュー・スモーキング」、海外ドラマ「ER緊急救命室」など多数の作品に出演していている個性派俳優。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにも☆が刻まれています。

余談ですが、ウィリアム・H・メイシーの奥さんは、海外ドラマ「フレイジャー」(S10)へのゲスト出演や、「デスパレートな妻たち」でリネット・スカーボを演じた女優フェリシティ・ハフマンさんです。

 

ご近所さんのシーラ役は女優ジョーン・キューザック。

ギャラガー家のご近所さんにジャクソン家というこれまた問題の多い一家が住んでいます。ここの奥さまで広場恐怖症のシーラ役を演じているのは、ジョーン・キューザックという女優さん。

映画「2012」などで有名なジョン・キューザックの実の姉です。映画「ワーキング・ガール」「イン&アウト」などに出演していて高い評価を得ています。

テレビドラマでは「ザ・オフィス」最終話にゲスト出演しています。

そしてシーラの娘カレン役を演じているのがローラ・ウィギンス!

この女優さんこそ、僕的には一番綺麗な出演者だと思ってます。まだ若いんですが、すごく美人です。(写真はIMDbで見れます

驚いたのは、こんな綺麗でカワイイ女優さんが「シェイムレス」の中では、やはり惜しげもなくヌードを披露しちゃっているんですね!

あと、注目なのは、

ギャラガー家の長男リップ役を演じている俳優ジェレミー・アレン・ホワイト。

この人すごく魅力的でカッコ良くて演技もうまい!

ワイルドで繊細、秀才もワルもなんでも演じられそうなキャラなんですよ。不思議な才能を持ってますね。

まだ若いから、これからが楽しみな俳優さんの1人です♪

「シェイムレス」は、「ザ・オフィス」みたいにイギリスの同名TVドラマが原作で、そのリメイクにあたります。

ちなみに「ザ・オフィス」はイギリス版もアメリカ版も、どちらも最高に面白いという奇跡みたいなドラマですが、「シェイムレス」はどうなんでしょうね?

なんとなくオリジナルのイギリス版「シェイムレス」を見るのが、過激すぎないかと怖くもありますが(笑)
 
 
■ 「シェイムレス」は、どうすれば観れるのか?

そんな個性的すぎる海外ドラマ「シェイムレス」ですが、僕がこの作品を見たきっかけは、たまたまWOWOWでやっていたからでしたが、もう一度見はじめたら止まらなくなっちゃいました(笑)

WOWOWでは2014年現在すでにシーズン4まで放送中です。

WOWOW

そしてそして、嬉しいことに2015年1月からHulu(フールー)でも「シェイムレス」配信開始するみたいです!!

配信予定の作品に入っていました♪ヽ(´▽`)/待ってました!ぜひシーズン1~3くらいまでは配信してもらいたいなぁ~☆

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


ちなみに英語版でよければAmazonでimport版DVDやブルーレイを購入できます

残念ながら日本版DVD・ブルーレイは、2014年現在のところ発売されていません。

 

 


元気が出るTVドラマ「その他の海外ドラマ(米・英)」一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン