海外ドラマ「ザ・オフィス」は最高のシットコムでSHOW?

 

人生を楽しもうとする、ひたむきさに感動すら覚える元気の源
 
「ザ・オフィス」はシットコム(シチュエーション・コメディー)とはちょっと違って、モキュメンタリーという形式のコメディドラマです。
 
シットコムは観客の笑い声が挿入されているのが特徴的ですが、モキュメンタリーは架空の番組制作のためにカメラマンが取材しているという形をとっています。
 
ですから、モキュメンタリー形式のドラマでは急激なズームアップや、パン(横振り)などが演出的によくありますね。そして何より出演者から目線をもらえます(笑)
 
ちなみにモキュメンタリーという言葉は、ドキュメンタリー+モック(mock:「真似る」とか「偽の」という意味)の造語です。

映画だと「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」「クローバーフィールド」等なぜかホラーものに多いかな?

海外ドラマだと「ザ・オフィス(The Office)」や「モダン・ファミリー」が有名です。「ラリーのミッドライフ★クライシス」(Curb Your Enthusiasm)は即興+肩かけカメラだけど、モキュメンタリーとは違うかな?

「ザ・オフィス」の場合は、とあるテレビ局が、ドラマの舞台である製紙会社ダンダー・ミフリン(Dunder Mifflin)の会社内部の様子を追いかけるドキュメンタリー番組を撮りに来た、という設定になっています。

実際には、このドラマは9年も続いたわけなので密着期間が長すぎだろと突っ込みたくなりますが(笑)そこはご愛嬌。

モキュメンタリー形式の面白さを存分に生かした演出がたくさん見られ、特に出演者のジムやパムが同僚のトンデモない行為を目の当たりにしたの視線や、主人公マイケルがバツの悪い時や失敗した時に、カメラをチラ見するのが最高に笑えます(笑)。
 
 
■ リッキー・ジャーヴェイス主演の本家・英国版も傑作!
 
実は「ザ・オフィス」は、イギリスの同名ドラマのリメイク版です。なので、よくUS版とかアメリカ版と呼ばれてます(英語表記では“The US Office”)。
 
本家のイギリス版「The Office」も最高に面白いです(笑)

 

イギリス版「The Office」はイギリスの大人気コメディアン、リッキー・ジャーヴェイスが主演・脚本・演出を務めています。
 
彼はこのドラマで一躍、英国はもちろん世界中で大ブレイクし英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞でコメディ部門の作品賞や主演男優賞まで受賞します。
 
またイギリス版にはリッキーの他にも、今や超売れっ子俳優のマーティン・フリーマンが出演していました。

マーティン・フリーマンは映画「ホビット」シリーズで主役のビルボ・バギンズを演じていますし、英国ドラマ「SHERLOCK (シャーロック)」ではジョン・ワトソンの役を好演してますね。

ちなみにホームズ役は僕も大好きな俳優ベネディクト・カンバーバッチが務めていて、今や2人とも世界的なスターですね。

ただですね、イギリス版は基本、アメリカのように100話も製作されたり何シーズンも続いたりなんてことはありません。

イギリス版「ジ・オフィス」は2001年に6話、2002年に6話、2003年にスペシャル版が放送されただけで合計13話しか存在しません。もっともっと見たいですね!
 
 
■ 日本での視聴方法は?

ちなみに嬉しいことに、アメリカ版「ザ・オフィス」もイギリス版「ジ・オフィス」も、おまけに今挙げた「シャーロック」も、すべてHulu(フールー)で配信中なんですね♪スゴすぎ!(2014年現在)

2014年現在、アメリカ版「ザ・オフィス」はシーズン2までの28話が、イギリス版「ジ・オフィス」は全エピソードが配信されています☆(日本語字幕)

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆

■ アメリカ版「ザ・オフィス」は本家越えの傑作コメディ!?

しかし、そんなイギリス版をリメイクしたUS版の「ザ・オフィス」は個人的にはイギリス版よりも、さらに可笑しく、そして心がジーンとあたたまるようなハートフルな内容になっていてホントに最高のコメディドラマです。

そうなんです。このドラマ、実は爆笑できちゃうのに、ちょっぴり感動もできて元気づけてもくれるスゴイ内容なんです!

僕的には海外ドラマのコメディ部門の中ではトップ5に入ります。

 

実際、以下のようにエミー賞や、ゴールデングローブ賞の主演男優賞などを受賞していて、2005から2013年までの9シーズンに渡り、人気を博してきました。

【受賞一覧】

IMDbによると28回もの受賞歴があるみたいですがここでは有名なものをピックアップしておきます☆

2006年のゴールデングローブ賞
主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門):スティーブ・カレル

2006年のエミー賞(プライムタイム・エミー)
作品賞(コメディ・ミュージカル部門)

2007年のエミー賞(プライムタイム・エミー)
編集賞(コメディ・ミュージカル部門)

2009年のエミー賞(プライムタイム・エミー)
監督賞(コメディ・ミュージカル部門)

2013年のエミー賞(プライムタイム・エミー)
編集賞。最終シーズンの最終話。(コメディ・ミュージカル部門)
 
 
■ 主要キャストの紹介

USA版はダンダー・ミフリンという架空の製紙会社のスクラントン支社(ペンシルベニア州)が舞台です。海外ドラマ「それいけ!ゴールドバーグ家」と一緒の州ですね(笑)

・主人公の支社長マイケル・スコット

演じているのはスティーヴ・カレルという俳優。

もともとはジョン・スチュワートというコメディアンがホストを務める深夜のコメディ番組「ザ・デイリー・ショー」のレポーターとして1999年頃より人気が出ます。

そして、映画「俺たちニュースキャスター」(2004)のお天気キャスター役や「40歳の童貞男」(2004)に主演して、一気に大ブレイク。

その後も映画「ゲット スマート」ではアン・ハサウェイと共演、「デート & ナイト」ではティナ・フェイと、「ラブ・アゲイン」ではライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーンら豪華キャストをしたがえ主役を務めるなど大活躍中です。

また本作「ザ・オフィス」では3話を監督、2話の脚本担当しているようです。多才ですねー。

wikipediaによると米経済誌フォーブスが発表した「アメリカTV界で最も稼いでいる男性」ランキングで、近年18億円稼いで5位とか3位とかにランクインしているみたいです。

ちなみにプライベートでは、1995年(33才頃)に結婚していて、お相手はNancy Walls(ナンシー・ウォールズ)という女優さんですね。ブレイクする前に結婚してます。

というかスティーヴ・カレル、「ザ・デイリー・ショー」の頃にすでに37歳になってませんか?大ブレイクした2004年には42歳になってますから結構、遅咲きだったんですね!勇気づけられるエピソードだなぁ。

さらになんと奥さん、「ザ・オフィス」に出演しています!!これ、僕も最近知ってビックリですよ!

シーズン2第3話(Office Olympics)に初登場したキャロル役で計7回登場してますね。不動産屋の女性でマイケルが一軒家を購入する際に担当になったアノ人です。会社主催のカジノ・ナイトにも招待しますよね。ジャン(演:メロラ・ハーディン)と鉢合わせになるあのカジノ・ナイトです(笑)

ナンシーは映画「40歳の童貞男」や「N.Y.式ハッピー・セラピー」などにもちょい役で出演しているみたいです。

 

あと気になるのはスティーヴ・カレルってコメディアンにしては、かなり体格がいいんですよね。肩幅とかすごい広いし、ガッシリしていて筋肉質な感じがしません?相当鍛えているんじゃないかな?

長くなってしまいましたが、スティーブ演じるこの支社長役マイケルがまたいい味だしてるんですよ!

「World’s Best BOSS」(世界一のボス)というマグカップを使っていたり、社員のみんなを楽しませようと盛り上げるんですが、いつも空回りして上司から深刻なお説教を受けたり(笑)と、ちょっとKYなところもありますが憎めないキャラなんです。

なお、この「World’s Best BOSS」(世界一のボス)というマグカップは、なんと本当にNBCのオンラインショップで売ってます!ちなみにAmazon.com(アメリカのアマゾン)では送料込みで23ドル(約2,300円)となってました(2014年3月時点)。

話を戻すと、マイケルは見栄っ張りで冗談がすぎて時々ヒンシュクをかったりもしますが、根はすごく仲間思いで実は人望があつい一面もあります。

僕の好きなシーンの1つは、シーズン3の16話「ビジネススクール」というエピソードの中で、マイケルが受付嬢パムの個展に駆けつけて彼女の絵を褒めるシーンがあるんですが、すごくジーンときて思わず目頭が熱くなりました。

「ザ・オフィス」のように幸せにしてくれるコメディ・ドラマはそうあるものではありません。僕自身、落ち込んでいる時には必ず見たくなる、本当に貴重なエール・ドラマです☆

・マイケルを慕うやり手の営業社員ドワイト・シュルート

演じているのはレイン・ウィルソンという俳優。

映画「JUNO/ジュノ」や「トランスフォーマー/リベンジ」にチョイ役で出演していたり、海外ドラマ「CSI:科学捜査班」、「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」、「名探偵モンク」などにもゲスト出演しています。

「ザ・オフィス」でのドワイト役を知っているので登場しただけで笑ってしまいます(笑)それくらいドワイトは強烈なキャラです。

この人は「ザ・オフィス」で有名になったっぽいかな?ちなみに、以前、「ザ・オフィス」終了後にドワイトを主役にしたスピンオフ作品「The Farm」が製作されるなんて話も実はあったのですが、結局、頓挫してしまったようですね。

ドワイトというキャラは、説明がものすごく難しいですが、一言で言うなら濃すぎるくせものキャラです(笑)

独特の価値観で口が達者なヘリクツ屋なんだけど、根はマジメで実は正義感にあふれる真っ直ぐな男です。

最初はなんだコイツと思いますが、長く付き合ってくると彼がいなくなったら寂しいという気持ちにさえなっている不思議な魅力の持ち主です(笑)

・ドワイトのライバルで唯一まとも?な営業社員ジム・ハルパート 

演じているのはジョン・クラシンスキーという俳優。

映画「恋するベーカリー」や「ホリデイ」「ドリームガールズ」などにも出演していますが、やはり「ザ・オフィス」のジム役のイメージが強いでしょう。

私生活では、結婚しており、妻はなんとあの人気女優エミリー・ブラントです!

映画「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイの同僚役で有名になり、最近では映画「アジャストメント」「LOOPER/ルーパー」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」などで主演女優はってます。

余談ですが、ジョン・クラシンスキーは「ザ・オフィス」に出演しているラシダ・ジョーンズともプライベートで一時期、交際していたことがあるようです。また、エミリーの姉フェリシティは人気俳優スタンリー・トゥッチと結婚しています。

・オフィスのマドンナ受付嬢パム・ビースリー

演じているのはジェナ・フィッシャーという女優です。とてもキュートな女性で、大好きです♪

パムというキャラはユーモアがあっていたずら好きなかわいらしい女性。ちょっぴり優柔不断なところもあるけど、とても良い娘で社内でも人気が高い存在です。

シーズン3やシーズン4でのパムの恋愛はもう見てられないくらい心を揺さぶられますよ!

ジェナ・フィッシャーは、映画「俺たちフィギュアスケーター」にも出演していたんですね!あと最近見た映画「ホール・パス」でも主人公の奥さん役で出演してました。

私生活では脚本家のリー・カークと2010年に結婚して、後に男の子を出産したみたいです。IMDbで調べてみたら案の定リー・カークは「ザ・オフィス」の脚本も1話ですが書いてました。シリーズ・キャストの中にもリー・カークの名前があって、どうやらシーズン6の第18話に出演もしてるようです。

ジェナは2000年にも一度、ジェームズ・ガンという脚本家・監督と結婚しましたが2007年に離婚してます。

 

■ その他の雑談やトリビア

※コレ以降ちょっとだけネタバレあり

「ザ・オフィス」はトリビアの宝庫と言ってもいいくらいたくさんしゃべりたいことがあるのですが(笑)、まず触れておかないといけないのは、実はスティーヴ・カレルはシーズン7後半で降板してます。

主役が降板しても、さらに2シーズン続いたというのは、すごいですよね(笑)どういった、いきさつなのかは僕もまだシーズン5までしか見ていないので知りませんが、イギリス版を考えるとアレかな~?という予想はできます(笑)

そういえば、エンタメニュースで最終シーズンにスティーブ・カレルが出演するかもしれない、みたいなこと言ってましたけど本当に出演したのかな?それは見てのお楽しみにしておこう♪

サプライズ出演といえば、US版「ザ・オフィス」シーズン7の第13話と24話で、イギリス版「ジ・オフィス」主演のリッキー・ジャーヴェイスが出演しています。スティーブ・カレルと夢の共演!

逆に、スティーブ・カレルは、リッキー・ジャーヴェイスが脚本・監督・出演を務めるコメディ・ドラマにゲスト出演しています。タイトルは「LIFE’S TOO SHORT(人生短し・・・)」で2011年からイギリスのBBCで放送。「スティーヴ・カレルとスカイプする」というエピソードで登場しています(笑)

「LIFE’S TOO SHORT(人生短し・・・)」は、日本ではWOWOWで放送されていました。僕も、もちろん録画して見ましたが、面白かったしリーアム・ニーソンやジョニ・デップ、ヘレナ・ボナム=カーターなど、ゲストがとにかく豪華でしたね☆

あ、あとリッキーはUS版「ザ・オフィス」に脚本担当としても名前が記載されています。(IMDb参照)一応、原作者ということなんですね、きっと。

それよりも今、見てビックリしたのですが、IMDbで監督や脚本担当した人を調べてみると、なんとなんとドラマ「LOST」「FRINGE/フリンジ」映画「スター・トレック」などで有名なJ・J・エイブラムスが1話だけ監督やってたり、映画「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンや映画「ゴーストバスターズ」「恋はデジャ・ブ」「恋愛小説家」で有名なハロルド・ライミスまで監督してるエピソードがあるんですね!豪華すぎる!

あとスティーヴ・カレルやレイン・ウィルソン、ジョン・クラシンスキー、B・J・ノヴァクなど意外と出演者自身も監督やってるみたい。

 
 

そうそう、「ザ・オフィス」に出てくるゲストも豪華ですよヽ(´▽`)/まだ全てのエピソードは見てませんが、ざっと挙げると、海外ドラマ「ボストン・リーガル」のジェームズ・スペイダーや「glee(グリー)」のケヴィン・マクヘイル、「タイタニック」のキャシー・ベイツ、「俺たちニュースキャスター」のウィル・フェレル、「アメリカン・ハッスル」のエイミー・アダムス、「トゥルーマンショー」のジム・キャリーなどなど超豪華キャストが多数出演しています。

ご自身でドラマを観ながら探してみると面白いでしょう。いちおうIMDbにあるフルキャスト一覧ページへのリンクも貼っときます。よく知りませんが井村英俊さんという日本人の方らしき名前もありますね。

まだまだトリビアはあって、ドラマの舞台となっているダンダー・ミフリン社の公式ホームページなるものが実は存在します(笑)

架空の会社なのに、米放送局NBCの「ザ・オフィス」公式ページからリンクまで貼ってあります。

詳しくは知りませんが、おそらくお遊びで作ったんでしょう。もっともらしく作られてますが、SHOPというページに行くとなぜか先程話した「World’s Best BOSS」マグカップが売られていました(笑)

そうそう、NBCのショップサイトには、このマグカップの他にもサイン入りTシャツや文房具、ストラップなどDVDと一緒にドラマグッズも売ってるんです。

日本でも負けじと楽天で「ザ・オフィス」Tシャツやストラップ、そしてドラマで登場した、知る人ぞ知るドワイト人形やパム人形を売ってるお店までありましたよ(笑)

 

ところで、ふと疑問に思ったのですが、なんで「ジ・オフィス」じゃなく「ザ・」なんでしょうかね?発音的には「ジ・オフィス」ですよね?・・・と思ってたら、Hulu(フールー)で本家イギリス版は「ジ・オフィス」表記になってた!違いを作るためにワザと「ザ・」と「ジ・」にしたのかな?(笑)

最後に「That’s what she said」というジョーク英語をこのドラマで覚えたことを報告しておきます。下ネタジョークです(笑)

「それ、まさに僕の彼女が言ってたことだよ」なんて具合に使うんですが、少々下品なので興味のある方は、こちらで解説してる方がいたので見てみて下さい(笑)

 

さて、ここまで文字だけで「ザ・オフィス」の魅力を語ってきましたが、どのくらい興味を持っていただけたでしょうか?

嬉しいことに、アメリカ版「ザ・オフィス」(シーズン3まで)と、イギリス版「ジ・オフィス」(全話)は、Hulu(フールー)で公開されていますので手軽に観ることができます♪(2014年現在)

ただし、配信が終わってしまう可能性もあるので見たい人はお早めに。

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!急げ~☆


元気が出るTVドラマ「シットコム編」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!