タグ別アーカイブ: セシル・B・デミル賞

ジェームズ・スチュワートのすべて

ジェームズ・スチュワート(James Stewart, 1908年5月20日 – 1997年7月2日)は、アメリカのペンシルベニア州出身の俳優です。
 
代表作はフランク・キャプラ監督の映画「我が家の楽園」「スミス都へ行く」「素晴らしき哉、人生!」、ヒッチコック監督の「裏窓」「めまい」「ロープ」、ビリー・ワイルダー監督の「翼よ! あれが巴里の灯だ」、エルンスト・ルビッチ監督の「街角 桃色の店」など有名監督の作品に多数出演し主演を務めました。
 
ジョン・キューかー監督の「フィラデルフィア物語」ではアカデミー賞主演男優賞に輝き、1984年にはアカデミー賞名誉賞にも選ばれています。ゴールデングローブ賞セシル・B・デミル賞も1965年に受賞しています。
 
フランク・キャプラ作品や「桃色 街角の店」などで演じたキャラのイメージが強いのか、個人的には、やっぱり正義の味方というか好青年、信頼できる人というイメージが強くて、好感が持てる俳優さんNo1ですね。
 
実生活でも、スキャンダルやゴシップとは無縁だったらしく結婚も1度きりで離婚暦なしです。これだけの大スターでありながら誠実に生き抜くというのは大変だったんじゃないかなと思いますよね。
 
そんな誠実な性格もあってか、「アメリカの良心」と呼ばれていたらしいです。納得のニックネームです(笑)
 
プリンストン大学で建築学を学んでいて、きちんと卒業しているという経歴もすごいなぁ~。プリンストン大といえばアメリカのアイヴィーリーグの1つで超名門大学ですよ。
 
ハリウッドには、ヘンリー・フォンダに誘われて行ってMGMと契約。その後、フランク・キャプラに見出されて「我が家の楽園」と「スミス都へ行く」の大ヒットでスターになったというから豪華な経歴です。
 
IMDbやWikipediaによると、一度も悪役を演じたことがないらしく、41歳で元モデルの女性と結婚して子供は2人の娘と養子をとった2人の男の子がいたそうです。
 
IMDbのトリビアの数がチャップリンを超えてるのには驚きますね。それだけ人気が高いということでしょう☆ただ日本では、おそらく、そこまでジェームズ・スチュワートの知名度はないでしょう。もっと人気出てもいい俳優さんですね。
 
 
↓その他何枚かジェームズ・スチュアートの写真を探してみました♪

 
 
 
 
この俳優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

ジュディ・ガーランドのすべて

ジュディ・ガーランド(Judy Garland、1922年6月10日 – 1969年6月22日)は、アメリカのミネソタ州出身の女優です。
 
彼女の代表作は「オズの魔法使」や「スタア誕生」「若草の頃」「イースター・パレード」「ニュールンベルグ裁判」など、まさにこの頃はミュージカル映画の全盛期ですね。
 
ジュディ・ガーランドは「オズの魔法使」で一躍大ブレイクしアカデミー子役賞まで受賞するのですが、実はこの作品の主人公ドロシー役は、シャーリー・テンプルという当時の大人気子役の代役として急遽きまったというから運命って面白いですね。
 
ちなみに、シャーリー・テンプルはその後もアイドル女優として成功し続け、さらに後年、外交官としても素晴らしい業績を重ね、生涯、名士として85年の幸福な人生を送っています。
 
ジュディ・ガーランドは「スタア誕生」ではゴールデングローブ賞主演女優賞に輝いており、さらに後年にはセシル・B・デミル賞も受賞しています。
 
もちろん、ミュージカル映画で主演をはるくらいなのでジュディ・ガーランドは歌唱力も素晴らしく、カーネギー・ホールで開催したコンサートを収録したライブ・アルバムはグラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーに選出。さらに最優秀女性歌唱賞にも選ばれています。実際、彼女の歌声を聞いてみるとわかりますが、たしかにジュディ・ガーランドは歌がうまいんですよ。しかも子役の時から♪
 
そんなジュディ・ガーランドですが、実は私生活は波乱万丈で特に性的なことに関してかなりオープンだったと言われています。
 
まず、結婚はなんと5回しており、2回目の結婚相手は映画「若草の頃」「巴里のアメリカ人」「恋の手ほどき」等で有名な映画監督ヴィンセント・ミネリです。この夫との間にできた子が女優・歌手のライザ・ミネリです。
 
ライザ・ミネリは映画「キャバレー」でアカデミー主演女優賞に輝いてますし、映画「ニューヨーク・ニューヨーク」やミュージカル「シカゴ」も有名です。最近では映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」に本人役で出演もしています。
 
結婚回数が多いスターとしては、チャップリンが4回、クラーク・ゲーブルが5回ですね。女優ではハンガリー出身のアメリカ人女優ザ・ザ・ガボールがなんと9回だそうです(笑)続いて、エリザベス・テイラーが7人の相手と8回結婚しています。
 
Wikipediaによるとジュディ・は両性愛者だったようで、男性と結婚もしていたし、女性とも交際していたようです。
 
さらに衝撃的なのは、映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)時代にはプロデューサー全員と性的関係を結んでいたらしいです。チャップリンも自身の映画で主演した多くの女優に手を出したなんて話を聞いたことがありますが、まさに「英雄色を好む」ですね。しかもジュディは当時まだ13歳だったにもかかわらず、「雨に唄えば」の作詞家でプロデューサーとしても有名なアーサー・フリードと関係を持っていて、それがきっかけでMGMの契約をこぎつけたということです。
 
ジュディが性に対してオープンだった理由としては、ジュディの父親と元夫のヴィンセント・ミネリも両性愛者だったことが影響しているのではという説もあるようです。
 
ジュディ・ガーランドは同性愛者の間でアイドル的な存在だったようで、同性愛解放運動の場では彼女が「オズの魔法使」の中で歌った「虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)」が必ず歌われ、同運動の象徴であるフラッグの色は虹の6色で「レインボー・フラッグ」と呼ばれているそうです。
 
僕もたしか学生時代にサンフランシスコへ初めて旅行したときにレインボー・フラッグを見て「あれは何ですか?」と聞いたような記憶がありますね。
 
あと大好きな歌手でルーファス・ウェインライトという男性がいるのですが、ルーファスはジュディ・ガーランドの1961年のコンサートを再現するというライブを行って彼女のレパートリー曲を歌っています♪メチャうまいですよ☆
 
ルーファス・ウェインライトが歌う「虹の彼方に」↓

ジュディ・ガーランドが歌う「虹の彼方に」↓

 
ルーファス・ウェインライトが歌う「San Francisco」↓

ジュディ・ガーランドが歌う「San Francisco」↓

 
ルーファス・ウェインライトが歌う「Get Happy」↓

ジュディ・ガーランドが歌う「Get Happy」↓

ジュディ・ガーランドほどの才能の持ち主を早死にさせたのは、クスリでした。ジュディは睡眠薬の過剰摂取で47歳という若さでなくなっています。当時はまだ様々な薬物についての知識が広まっておらず、本当に惜しい人をなくしてしまったように思いますよね。
 
というのも、なんとジュディは13歳にしてMGMから極度のダイエットを命じられ、覚醒剤(アンフェタミン)を常用するようになったそう。さらにスケジュールが過密になるにつれ睡眠薬(セコナル)を常用。当時はまだこれらのクスリが推奨されていたみたいです。信じられませんよね。
 
当然、健康面がおかしくなり、ジュディは遅刻や出勤拒否が目立ちはじめ、映画会社には怒られ、役も降板させられたりします。やがて精神病院へ入院するようになり自殺未遂まで起こしてしまったそうです。
 
葬儀の時には、娘であるライザ・ミネリが「母を殺したのはハリウッドだ」と発言したようで、葬儀はニューヨークで行われました。マリリン・モンローも36歳という短命でしたが、いかに映画スターが大変な職業だったのかが、うかがえますね。。
 
最後に、ジュディ・ガーランドというのは芸名で本名はフランシス・エセル・ガム。両親は父親がボードビリアン(チャップリンのように舞台で歌やマジックなどを行う喜劇俳優のこと)で、母親はピアニストだったそうです。
 
3人姉妹の末っ子で、彼女達を見たボードビリアンたちが「花の輪(ガーランド)のようだ」といったことからガーランドという名前にしたとか。「ジュディ」は彼女が好きだった歌のタイトルからとられたそうです。
 
↓その他何枚かジュディ・ガーランドの写真を探してみました♪

 
この女優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!