「カーリー・サイモン」タグアーカイブ

映画音楽にジ~ン♪主題歌に胸焦がす

皆さんは映画音楽と言えば、何の映画のどの曲を思い浮かべますか?また、作曲家は誰を思い浮かべますか?

そんなの意識したことないという方もいるでしょう。作品に自然に溶け込む音楽もあれば、いかにも別物という感じのとってつけたような音楽もあります。

また、映画の内容がよければ自然と映画音楽も良く聞こえてくるということもあるでしょうし、反対にどんなに音楽が素晴らしくても映画の内容がひどければ、あまり耳に残らなかったり、話題になって評価されることもない、なんてこともあるかもしれません。

また、映画音楽は、その作品に合わせて作られたオリジナルの曲と、もともとあった曲を映画に使うというパターンもありますよね。

そんな作品と密接につながった映画音楽の世界的な巨匠といったら、エンニオ・モリコーネとジョン・ウィリアムズの2人が個人的には一番なじみがあります。

1人目のエンニオ・モリコーネは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で流れていた作曲の楽曲が有名ですね。

モリコーネはトルナトーレ監督の他にもセルジオ・レオーネ、ローランド・ジョフィ、ブライアン・デ・パルマ監督らの映画など様々な映画音楽を手がけている世界的な音楽家で、アカデミー名誉賞、グラミー賞などを受賞。映画以外では日本のNHKの大河ドラマ「武蔵」(2003)の音楽なんかにも参加しているそうです。

僕はモリコーネといったら、やはり「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽がパッと浮かびます♪素晴らしい音楽で、聞くとなんとも言えないノスタルジーな気持ちにさせてくれます。懐かしいというか、美しいというかね☆

サウンドトラックも発売されていて、こちらで全曲視聴できるようになってます♪「愛のテーマ」と「ニュー・シネマ・パラダイス」という曲が特に好きヽ(´▽`)/
 
YouTubeには、一般の方が自演しているものなどが公開されていたりしますね☆

2人目は、ジョン・ウィリアムズ。この人は、とにかく手がけた作品数がスゴイですよ(笑)しかもヒット映画ばかり!

これまで手がけてきた作品は例えば、「E.T.」「ジョーズ」「スーパーマン」「スター・ウォーズ」シリーズ、「インディー・ジョーンズ」シリーズ、「ホーム・アローン」シリーズ、「ハリー・ポッター」シリーズ、「JFK」「A.I.」「シンドラーのリスト」「ターミナル」などなど・・・ものすごいでしょ?有名な映画ばかりでしょ?

特にスピルバーグ監督の映画音楽を担当している印象が強いですね♪事実スピルバーグの映画「ジョーズ」でアカデミー作曲賞・グラミー賞受賞を受賞しています。

0日本人だと、久石譲とか坂本龍一が有名ですかね。久石さんは特にジブリ映画の音楽が有名で宮崎駿監督作品では「風の谷のナウシカ」以降すべて担当してます♪「となりのトトロ」とか「紅の豚」とか「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「千と千尋の神隠し」などです。

あとは北野武監督作品もかなり手がけていて、「HANA-BI」とか「菊次郎の夏」担当。意外なところでは、山田洋次監督の「小さいおうち」や「東京家族」なども手がけてます。

坂本龍一は「ラスト・エンペラー」や「戦場のメリー・クリスマス」で、前者でアカデミー作曲賞を受賞。後者では英国アカデミー賞作曲賞に輝いています。

さて、あとは、ミュージシャンが歌う曲が映画のテーマソングとして使われるということも、よくあります。

有名なところでは、ケビン・コスナー主演の映画「ボディ・ガード」で採用されたホイットニー・ヒューストンが歌う「オールウェイズ・ラブ・ユー」が大ヒットしましたね。彼女は映画でもヒロイン役を務めました。

あとは、ブルース・ウィリス主演の映画「ダイ・ハード」では、ヴォーン・モンローという方が歌っているクリスマスのスタンダード曲「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」がエンディングで流れていました。すごく自然な感じでマッチしてましたね~♪

あとは映画「ワーキング・ガール」のカーリー・サイモンが歌う「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」も大ヒットしましたね。

 
 


探してみるとたくさんありますね。

ジュディ・ガーランドが映画「オズの魔法使」で歌う「虹の彼方に」、
映画「カサブランカ」で流れた「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」、
ジーン・ケリーの「雨に唄えば」、
オードリー・ヘプバーンが映画「ティファニーで朝食を」で歌っていた「ムーン・リバー」、
映画「タイタニック」のテーマソングで大ヒットしたセリーヌ・ディオンが歌う「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」、
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のビージーズが歌う「ステイン・アライヴ」、
ディズニーの「ピノキオ」に登場するクリフ・エドワーズの「星に願いを」、
映画「卒業」で有名なサイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」などなど。

あと、てっきり民謡だと勘違いしてたんですが、「エーデルワイス」や「ドレミのうた」という歌は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のために書かれた歌なんですね♪

やっぱり、音楽と映画は密接な関係なんですねぇ~!音楽を聞くと、一瞬にして映画の世界観を思い出せますので、まさに人生の応援歌と言えますねヽ(´▽`)/
 
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

「ワーキング・ガール」は最高のエール映画でSHOW?

 

「ワーキング・ガール」は1988年公開のアメリカ映画で、監督はマイク・ニコルズ、主演はメラニー・グリフィス、ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバーです。

他にもアレック・ボールドウィン、ジョーン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、さらにチョイ役でデイヴィッド・ドゥカヴニーも出演しています。
 
メラニー・グリフィスの写真がなかなか見つからなくて、いきなり「ナゼそこにセインしたの?」という写真で申し訳ないですが(笑)、ハリソン・フォードがまだ若い頃の映画ですね。
 
結論から言って、この映画、観てて「よっしゃ!」と何度かガッツポーズしました(笑)女性が主人公のサクセス・ストーリーでもあり、ラブコメでもあるんですが、よく出来ている作品です。痛快でアメリカン・ドリームを感じられ、音楽も最高です。
 
ニューヨークのウォール街になる投資銀行のM&A部門が舞台の映画で、こんなにすがすがしくて可愛らしい気持ちにさせてくれるものかと思います(笑)ちなみに、監督のマイク・ニコルズはエンタメ界で史上12+3人しかいないEGOTの1人です!代表作は他に「卒業」「心の旅」「バードケージ」などがあります。
 
主題歌は、カーリー・サイモンという女性シンガーが歌う「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」で、この曲はアカデミー歌曲賞に輝きました。さらにグラミー賞の映画・テレビ主題歌賞、ゴールデングローブ賞の主題歌賞なども受賞してます。公式PVがYouTubeのカーリー・サイモン公式チャンネルにあったので紹介しときますねん♪↓

「ワーキング・ガール」自体は、ゴールデングローブ賞で作品賞、主演女優賞(メラニー・グリフィス)、助演女優賞(シガニー・ウィーバー)などを受賞しています。
 
シノプシス(synopsis:要約)は、バリバリのキャリアウーマンの秘書として働いていた主人公の女性が、ある日ひょんなことから上司の留守番を頼まれる。このチャンスに秘書であることを隠し自分が以前から温めていたビジネスプランを取引先の男性(ハリソン・フォード)に持ちかけるが・・・という物語。



本作の最後では、印象に残るシーンが連発するのですが、特に最後のオチが良かったな~♪自然と笑顔になりますよ。あとは、出勤する前に家のキッチンで、あるキャリアウーマンに向かって恋人の男性が「これが君のお弁当だ。友達とは仲良く。暗くなる前に帰るんだよ」と言いきかせるシーンがあるんですが、この場面も大好きです。
 
シガニー・ウィーバーがセクシーな下着姿などを披露するのですが、彼女を映画「エイリアン」の主役の人としてしか知らない人にとっては、ちょっと意外な役柄に思えるかも?またヒロインのメラニー・グリフィスはこの作品が代表作で他はあまりパッとしませんが、ハリソン・フォードはこういうビジネスマン役でも、さすがの貫禄です。
 
それとジョン・キューザックの妹で海外ドラマ「シェイムレス」にも出演している女優ジョーン・キューザックが本作「ワーキング・ガール」でヒロインの親友役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされました。
 
 
ワーキング・ガール」は、数ある「女性が社会や組織の中で奮闘する姿を描いた映画」の中でも個人的にベスト3に入る作品ですね☆「ビッグ」のような組織内でのサクセス・ストーリー感を味わえます。
 
また、人生はひょっとしたことから、大きく変化してキラキラしたものになるものなんだなと希望を抱けてくるから不思議ですヽ(´▽`)/オススメ☆
 
 
■ オマケの追記

ちなみに、主演女優メラニー・グリフィスの実の娘はダコタ・ジョンソンという名前の女優さんです。

 

ジョンソンというのは、メラニー・グリフィスが最初に結婚した相手がドン・ジョンソン という俳優だったからです。

そのダコタ・ジョンソンが、なんと2015年2月公開予定の映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(Fifty Shades of Grey)で、エロティックなヒロインを演じることになっています。

原作は、同題で世界的に大ベストセラーとなったイギリスの官能小説。ある女子大生が、サディストの性的指向を持つ大富豪の男性と出逢い、SMにハマっていく姿を描いた過激なストーリーです。

この原作を映画化した話題作のヒロイン役に抜擢されたのが、ダコタ・ジョンソンなんですね。

あまりに過激なシーンが多いためか、母親であるメラニー・グリフィスには観に来ないでとお願いしているとか(笑)

英語版の予告編が公開されましたので紹介しておきます↓
すでに4000万回ちかい再生回数を記録してます!


元気が出る映画<ラブコメ編>一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン