タグ別アーカイブ: マット・デイモン

「マット・デイモンさん、申し訳ない。番組終了のお時間です」

 

俳優のマット・デイモンと言えば、ハーバード大学に進学後に役者デビューし、親友のベン・アフレックとともに脚本を書き上げた「グッド・ウィル・ハンティング」が映画化。

この作品がアカデミー脚本賞を受賞するやいやな、映画「オーシャンズ」シリーズでジョージ・クルーニーやブラピと共演したり、主演した「レインメーカー」や「ボーン」シリーズなどが世界中で大ヒットするなど、今やハリウッドを代表するムービー・スターです。

そんなマット・デイモンを、なんとジョークのネタにし続けている司会者がいるんですね。

それがアメリカで人気の深夜のトークショー「Jimmy Kimmel Live!」でホストを務める、ジミー・キンメルという司会者。

この番組は2003年からアメリカのABCという放送局で平日月~金に深夜0時頃から放送しているトーク・ライブ・ショーですが、番組の最後の最後に必ず言うジョークというか、決まり文句みたいなものがあります。

それが、

「Apologies to Matt Damon, We Ran Out of Time」

すなわち、

「マット・デイモンさん、申し訳ない。番組終了のお時間です」

というもの。

これは、マット・デイモンがゲストとして出演する予定だったけど、番組の放送時間がなくなっちゃったのでキャンセルね、ということ。

ですが、実は、もともとマット・デイモンをゲストとして呼んではいません(笑)

でもナゼか毎回番組終了時に、ジョークとしてこのセリフを言うんですね。

それが視聴者にウケて、なんと1000回以上にわたってこのフレーズを言い続けています。

そして、とうとうネタにされていることを聞きつけたマット・デイモン本人が、本当に番組のゲストとして登場!



しかし、ジミー・キンメルが長々とマット・デイモンの経歴を紹介しすぎたために、登場と同時にちょうど番組終了の時間がきてしまいます(笑)

マット・デイモンは頭にきれ怒りまくるのですが、なんとコレ、ジミーとマットで事前に打ち合わせ済みの演技なんだそうです。

それにしてもマット・デイモン、いきなりネタにされ始めたというのに冗談に付き合ってくれて器がデカいですよね(´▽`)
 
 
さらにマット・デイモンが仕掛けます。

当時ジミー・キンメルが交際していた恋人の女優サラ・シルバーマン(「名探偵モンク」「スクール・オブ・ロック」などに出演)が作ったオリジナルソング、

「I’m Fxxking Matt Damon」(マット・デイモンとヤリまくってるわ)

のミュージック・ビデオに出演。



英語がわからない方のために一応簡単にご説明すると、

サラが冒頭、

「ハーイ。ジミー、私よ。私達もう5年以上付き合ってるわね。

でも、あなたに言わなきゃいけないことがあるの。

とても大事なことだから聞いてほしい」と言って曲がはじまります。

歌詞は、こんな感じ

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  ああ、彼女はマット・デイモンとヤリまくりだぜ!

サラ :  ごめんなさい。でも、これが真実。

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  彼女はマット・デイモンとヤリまくりだぜ!

サラ :  あなただと思ってしてる訳じゃない。

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  ベッドの上でも
マット:  床の上でも
マット:  ドアマットの上でも
マット:  風呂の中でも
マット:  クルマの中でも
マット:  ミニ・バーでもね!

・・・(途中略)・・・

ラップ部分:

「コンコン、コンコン。誰か居ますか?」
「はい、どちら様ですか?」
「私、マット・デイモンとヤリまくってるの!」

・・・とまあ、こんな感じで続くわけです(笑)

驚くべきことに、なんと、この曲、2008年にクリエイティブ・アーツ・エミー賞でオリジナル歌曲賞を受賞しちゃってます!

悪ノリしてくれるマット・デイモンもスゴイですが、この曲に賞を授与しちゃうアメリカって懐が深いなぁ~(笑)
 
 
さらに、ジミー・キンメル VS マット・デイモンの戦いはヒートアップします。

今度はジミー・キンメルが、ものすごいお返しをしたんですね。

そう、今度はジミーが歌う「I’m Fxxking Ben Affleck!」(俺はベン・アフレックとヤリまくり!)という曲のMVをサラとマットに向けて発表します♪



自分の恋人がマット・デイモンと浮気をしているのなら、こっちはマットの親友ベン・アフレックとヤリまくってやるぜ!という訳のわからないリベンジをしたわけです(笑)

ベン・アフレックがノリノリで演じているのも可笑しいですが、

このビデオクリップには、なんと

 

ブラッド・ピット、
キャメロン・ディアス、
ロビン・ウィリアムズ、
ドン・チードル、
ドミニク・モナハン、
クリストファー・ミンツ=プラッセ、
クリスティナ・アップルゲイト、
レベッカ・ローミン、
さらには、
ハリソン・フォードまで登場しています!

 
 


また、本物の歌手も、

ジョーン・ジェット、
ピート・ウェンツ、
ペリー・ファレル
メイシー・グレー、
ジョエル・マッデン、
ベンジ・マッデン、
ランス・バス、
ヒューイ・ルイス、
ジョシュ・グローバン、
ミートローフ、
ディッキー・バレット

などなど多数参加しています♪

おふざけビデオに豪華すぎるでしょ(笑)

キャスト総勢で歌っている歌は「We Are The World」の替え歌で、感動的すぎるメロディーだし。

ちなみに、最後に「この曲をノーマン・メイラーの思い出に捧げる」というテロップが出てきますが、誰なんですかね?

たしかに同姓同名の作家はいます。自身の第二次世界大戦での体験を記した小説「裸者と死者」を発表した作家なんだそうですが、この曲とは、まったく無関係ですもんね?(笑)ナゾです。
 
 
この後も、

例えばマット・デイモンの新作映画「エリジウム」のインタビュー中に、突然ジミー・キンメルの番組で有名な名物警備員が乱入してプロモーションをメチャクチャにするなど、やりたい放題。

とうとうブチ切れたマット・デイモンは2013年、ジミー・キンメルの番組を乗っ取ってしまいます(笑)



ジミーをイスに縛り付けて、本当にマット・デイモンが番組ホストを務めてしまうという特別な放送回となりました。

駆けつけたゲストも豪華で、

アンディ・ガルシア、
シェリル・クロウ、
ベン・アフレック、
ロビン・ウィリアムズ、
ニコール・キッドマン、
ゲイリー・オールドマン、
エイミー・アダムスなどが生出演!





とくにニコール・キッドマンはスゴイ!

クールに見えて、登場であんなコトしちゃうんだ!?というくらい大胆でセクシーな悪ノリしてます(笑)

エイミー・アダムスも登場しながら、いきなりマット・デイモンとマウスtoマウスのキスしてますけどね。

さらに、中継のシーンになりアンディ・ガルシアが通りに出ると、マットが「ここはハリウッドだから、石を投げればスターにぶつかるだろう。やってみて」と告げ、アンディが投げると、石はリース・ウィザースプーンに当たります(笑)

で、リース・ウィザースプーンもスタジオに乱入。

あらに、アンディがもう1つ石を投げてみると、今度はデミ・ムーアに命中します(笑)

で、デミ・ムーアも参加!最終的にスタジオはこうなりました↓



スゴすぎ!

加えて、VTR出演では

ジェニファー・ロペス、
ジョン・クラシンスキー、
ロバート・デ・ニーロ、
ドン・チードル、
オプラ・ウィンフリー、

などのセレブたちがマットへ応援メッセージを送ってきます。

最後はジミー・キンメルの両親まで(笑)



そして、いよいよ番組の最後がきた際には、マット・デイモンがいつもの決まり文句でやりかえします。


「最後にジミー、何か言いたいことはある?おっと!残念、時間がありません。ここで番組は終わりの時間が来てしまいました、さよなら」

というわけです。いやはや、遊び心もここまでくるとアッパレです!さすが世界一のエンターテイメント国ですな☆
 
 
もっとも、この後2014年には、今度はジミー・キンメルが再び仕返しをしています。

マット・デイモンは、ジョージ・クルーニー監督・主演の新作映画「ミケランジェロ・プロジェクト(The Monuments Men)」に出演。

PRで主要キャスト一同で番組に出演したのですが、マットだけソファではなくてショボイ椅子が用意されていたり、まったく質問してもらえなかったりと嫌がらせをされます。

そして、最後にとうとう発言する機会がまわってきたかと思えば、タイミングよくスタジオが火事になって避難命令が下されることになるという(笑)



この二人の戦い、今後もまだまだ期待できそうですヽ(´▽`)/
 
 
あ、ついでにジミー・キンメル・ライブは、これ以外の企画もすごく面白いです。

例えばドッキリ企画で、

「もしも、わが子にショボすぎるクリスマス・プレゼントをあげたら」



というのや、街頭インタビューで小さい子に「お母さんがしゃべっていた今までで一番下品な言葉は何?」


というもの、あるいは「君が知ってる一番汚い言葉は何?」など可愛らしいものもあります。


あと僕の一番のお気に入りは「The Baby Bachelor」。これは「赤ちゃん達の、ねるとん」みたいな企画(笑)

これがまたカワイイんですよ♪



あとは、「ハロウィーン用のキャンディーを全部ママが食べちゃったんだと告白したら・・・」というのも超絶キュートです☆


子供ネタの動画はズルイですよね(笑)

おっと、最後に忘れちゃいけない、海外ドラマ「フレンズ」に出演していた女優ジェニファー・アニストン(レイチェル役)がジミー・キンメル・ライブ!に来た際には、あの懐かしのセット、モニカの部屋でコントを演じてくれました。

さらに、そこへ共演者だったコートニー・コックス(モニカ役)とリサ・クドロウ(フィービー役)がサプライズで飛び入り参加するという、伝説のシットコム「フレンズ」ファンには堪らない一幕となりましたね☆




「ジミー・キンメル・ライブ!」、いつかDlifeなどで「エレンの部屋」みたいに放送されるといいですね☆

「それでは、時間が来てしまいましたので、この辺で」(笑)

ちなみに「ジミー・キンメル・ライブ!」はまだですが、Hulu(フールー)では2014年11月現在、シーズン40以上続いているアメリカの長寿人気バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」や、アメリカの若い女性に特に人気のリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」などが配信中ですよん♪

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

海外ドラマ「ウィル&グレイス」は最高のシットコムでSHOW?

 
 
元気が出るTVドラマ「シットコム編」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「インビクタス」は最高のエール映画でSHOW?

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「グッド・ウィル・ハンティング」は最高のエール映画でSHOW?

 


グッド・ウィル・ハンティング」は、1997年公開のアメリカ映画です。
 
監督は、映画「小説家を見つけたら」や「エレファント」のガス・ヴァン・サントで、主演・脚本は、この作品で大ブレイクすることになった幼馴染の2人。マット・デイモンとベン・アフレックです。
 
本作は見事、アカデミー賞とゴールデングローブ賞で脚本賞に輝きました。また、ロビン・ウィリアムズも出演しアカデミー助演男優賞を受賞しました。
 
めずらしく、日本版もアメリカ版も公式サイトやYouTubeの公式チャンネルで予告編が公開されていました。アメリカ版の予告はこちら。日本版は↓。


ヒロイン役には映画「オペラ座の怪人」や海外ドラマ「ザ・リッチズ」のミニー・ドライヴァー。イギリス出身のこの女優さん、シットコム「ウィル&グレイス」にもゲスト出演しているんですね。
 
また、ロビン・ウィリアムズ演じる心理学者の旧友として、スウェーデン出身の俳優ステラン・スカルスガルドが出演しています。ステラン・スカルスガルドは、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「マンマ・ミーア!」、「天使と悪魔」「アベンジャーズ」などに出演している近年、大活躍の俳優さんです。

左がロビン・ウィリアムズ、右がミニー・ドライヴァー↓

 


本作「グッド・ウィル・ハンティング」の舞台はハーバード大学。実はマット・デイモンの母校でもあるんですね。あらすじは、大学の掲示板に書かれた学生への課題である難解な数式の答えを、学内で清掃のアルバイトをしていた青年がいとも簡単に書き込んでしまう。
 
驚いた教授はケンカばかりの毎日を送っていた素行の悪い、しかし天才的な頭脳を持つ、この青年をなんとか更正させようとする。
 
しかし青年は過去の体験から精神に深い傷を負っていたため、なかなか心を開いてくれない。そこで旧友の心理学者を紹介し、マンツーマンのカウンセリングを行ってもらうことになるが・・・というお話。



本作で、一番、印象に残っているシーンは、なんといってもこのカウンセリングの時間に行われたロビン・ウィリアムズとマット・デイモン2人の会話です。特にロビン・ウィリアムズがマット・デイモンに向かって、しつこいくらい目を凝視しながら「君のせいじゃない」と何度も何度も言うくだり。あのシーンを観た時の感動は忘れられませんね。
 
あのシーンを見て、セラピストやカウンセラー、心理学者になろうと持った若者も多いんじゃないでしょうか。
 
配給は当時ディズニーの子会社だったミラマックスという映画会社が担当しましたが、この会社は今はフィルムヤード・ホールディングスという会社が親会社です。日本では当時、松竹の子会社だった松竹富士という会社が行いました。現在は解散して存在していません、というか松竹本体が行っています。ただ、日本の場合、予告編はなぜかワーナー・オンデマンドの公式YouTubeチャンネルで公開されていましたので、DVDの版権はワーナーが買ったのかもしれませんね。
 
さて、タイトルの意味ですが主人公の名前がウィル・ハンティングなので、ウィル・ハンティングが良いという意味でもありますが、Good=良い、Will=意志や未来にという意味、Hunting=獲得する、から考えるに、名前にかけて『良き者は何かを得るだろう』とか『素晴らしい意志を持つ者が未来を得る』などの意味も持たせていると思います。

 


僕の知り合いの中で、本作「グッド・ウィル・ハンティング」が1番好きな映画だという人は少なくありません。
 
また、このホームページでも「人生を変える映画」の1つとして紹介しようか、それとも「人間関係を癒してくれる」映画として紹介しようか非常に悩んだ作品です。それくらい素晴らしいエール映画なんです。
 
グッド・ウィル・ハンティング」は、観れば癒されるし、心がリセットされて勇気と元気をもらえる映画ですよ☆
 
 
「人間関係を癒してくれる映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「レインメーカー」は最高のエール映画でSHOW?

 

↑写真は本作「レインメーカー」の時の写真じゃないです。どうしても見つからなかったので、すいません<(_ _)>ただ、二人ともだいたい、このくらいの若さの時の作品なので雰囲気はつかめるかなと☆
 
「レインメーカー」は1997年公開のアメリカ映画です。
 
マット・デイモンとクレア・デインズが主演ですが、共演者のダニー・デヴィート、ミッキー・ローク、ジョン・ヴォイトも強烈に印象の残っています。キャラ濃すぎ(笑)
 
マット・デイモンが弁護士になりたての青年を演じています。将来の期待に胸躍らせていたものの、知り合いに紹介してもらった就職先はミッキー・ローク演じる悪徳弁護士として有名な男の事務所。しぶしぶながら、そこで働くことになるものの、いきなり事務所がFBIに目をつけられボスはどこかへ姿を消してしまう始末。
 
仕方なくダニー・デヴィート演じる弁護士を目指してはいるものの万年、司法試験に落ちている男と、なんと、いきなり独立して事務所を構えます。しかも最初の訴訟相手は大会社の保険会社と海千山千のベテラン弁護士団に決まる。そんな時、病院で夫に暴力を振るわれケガしている女性(クレア・デインズ)と偶然知り合うが・・・というお話。
 
マット・デイモンといえば幼馴染のベン・アフレックと脚本を書き上げ主演を果たした「グッド・ウィル・ハンティング」で大ブレイクしましたが、なんと本作「レインメーカー」と同じ1997年公開の映画なんですね。「レインメーカー」が11月で、「グッド・ウィル・ハンティング」が12月にアメリカで公開されました。
 
ヒロインのクレア・デインズは本作の前年1996年に、ディカプリオと共演した「ロミオ+ジュリエット」でブレイクした女優さんで、最近では海外ドラマ「HOMELAND」に主演し数々の賞を総なめにしています。

今では、すっかり大人になった2人↓

 

監督は「ゴッドファーザー」シリーズで有名なフランシス・フォード・コッポラ。この人のお兄さんの子供、つまりフランシスから見て甥にあたるのが俳優ニコラス・ケイジなんですね。知ってました?
 
さて「レインメーカー」に話しを戻すと、製作に俳優マイケル・ダグラスの名前があるんですよ。知りませんでした。あ、ちなみに原題も「The Rainmaker」で、直訳すると「雨を降らす人」ですが、ここでは弁護士が主人公ということで雨をお金に例えた意味で使っていて「たくさんのお金を降らす=大金を稼ぎ出す人」という意味です。
 
誰がナゼそう呼ばれるのかは本編を観ればわかります。アメリカではパラマウントが、日本ではギャガが配給を担当しました。
 
そしてそして、このページの冒頭で述べたキャラの濃い共演者たちのことにも少し触れてきましょうかね♪5人ほど紹介しておきます。
 
ダニー・デヴィートは、映画「カッコーの巣の上で」「ツインズ」「バットマン リターンズ」などにも出演している俳優さんです。海外ドラマ「フレンズ」にも、ファイナル・シーズン10で、なんとストリッパー役で登場しています(笑)なんとなく海外ドラマ「サインフェルド」や映画「プリティー・ウーマン」のジェイソン・アレクサンダーに似ていますよね☆

ダニー・デヴィート↓


2人目は悪徳企業の弁護士役を演じたジョン・ヴォイト。ジョン・ヴォイトは、ブラピの実質的な奥さんである女優アンジェリーナ・ジョリーの実の父親です。知ってたかな?代表作としては「帰郷」「ミッション:インポッシブル」「エネミー・オブ・アメリカ」「ナショナル・トレジャー」などなど多数あります。
 
3人目はミッキー・ローク。マット・デイモン演じる青年が最初にお世話になる事務所のボスです。違法関係の事案にめっぽう強い弁護士役です(笑)ミッキー・ロークは一度俳優をやめてプロボクサーになり、その後再び俳優業に戻ってきたという少し変った経歴の持ち主。最近では「アイアンマン2」で悪役として登場しました。他にも「レスラー」「シン・シティ」「エクスペンダブルズ」などに出演しています。

左がジョン・ヴォイト、右がミッキー・ローク↓

 


4人目は、ヴァージニア・マドセン。なんとも愛らしい顔をした美人さんです。映画「サイドウェイ」が有名ですが、個人的には、なぜか「今宵、フィッツジェラルド劇場で」での彼女が記憶に残っています。また「こちらブルームーン探偵社」や「名探偵モンク」など、海外ドラマにも多数出演していて「フレイジャー」にもシーズン6の最後の方のエピソードに4話も出演しているんですね!
 
5人目は、テレサ・ライト。この方、なんとなんとアカデミー作品賞に輝いた「我等の生涯の最良の年」に主人公のフレデリック・マーチの娘ペギー役として出演していた女優さんなんです!ビックリでしょ?ほかにも「打撃王」という映画では伝説の俳優ゲーリー・クーパーの妻役を演じています。「ミニヴァー夫人」でアカデミー助演女優賞受賞。

左がヴァージニア、右がテレサ↓

 


あと不思議なのは、裁判官役で出演していたダニー・グローヴァーなのですが、Wikipediaによるとノンクレジットらしいです。全然気づきませんでした。友情出演ということなのかな?ダニー・グローヴァーって誰?という方のために説明しておくと、メル・ギブソンの出世作である映画「リーサル・ウェポン」シリーズで彼の相棒役を務めたアノ人です。
 
この映画は、まっすぐな志を持った青年と、現実的で戦略的な経験や知恵を持った大人たちが手を組んで悪徳企業や堕落した弁護士と対決するというお話。胸が熱くなると同時に、成功したはずの年配の弁護士達に向かって、マット・デイモンが言った一言がとても深く印象に残っています。すなわち、
 
「ぜひ知りたい。あなた方が、いつから堕落したのか」
 
レインメーカー」を観ていると、世の中捨てたもんじゃない、生きるために一生懸命になるのも悪くないと思えてくるエール映画です。
 
単なるサクセス・ストーリーにとどまらず、現実的なのに、とんでもないアメリカン・ドリームも見せてくれる魅力的な映画です。世の中の全ての悪を倒してやる!と言わんばかりの青年特有な実直さに良い刺激をもらえることでしょう。
 
案の定、日本版の予告編は見つかりませんでした・・・(^^; アメリカ版の予告は有名な人気映画レビューサイト「ロッテン・トマト」にありましたので紹介しておきますね
 
 
「成功体験を先取りできる映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

レオナルド・ディカプリオのすべて

 

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo Wilhelm DiCaprio, 1974年11月11日 – )は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身の俳優です。
 
レオナルド・ディカプリオといえば、1997年公開ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」で女優ケイト・ウィンスレットと共演し世界中で大ブレイクを果たしたイケメン俳優としてのイメージが根強く残っていますよね。

 

その前年には、現代版ロミオとジュリエットとして映画化された「ロミオ+ジュリエット」で女優のクレア・デーンズと共演。こちらもかなりロマンティックな感じの作品で人気を博しました。

 

ただ本人はイケメン俳優というイメージ払拭を強く望んだようで、タイタニック以降は、ウディ・アレン監督の「セレブリティ」や「ビーチ」、「仮面の男」、マーティン・スコセッシ監督の「ギャング・オブ・ニューヨーク」などラブストーリーとは少し距離を置くようになります。

 

もともとは、子役時代からテレビドラマにいくつか出演していて、中でもコメディ・ドラマ「愉快なシーバー家」(1985-1992年:シーズン7)は後にスターとなるアクターを多数輩出したことで有名ですが、このドラマにディカプリオも1991年から1992年まで出演しています。ちなみに他にこのドラマに出演したのは、まだ無名だった頃のブラッド・ピット、マシュー・ペリー、ヒラリー・スワンク、ジェニー・ガース、ブライアン・オースティン・グリーンなどです。

 

ディカプリオはその後、映画中心に出演するようになり、ドリュー・バリモアが出演した「ボディヒート」やロバート・デニーロ出演映画「ボーイズ・ライフ」、ジョニーデップ出演作「ギルバート・グレイプ」、マーク・ウォルバーグと共演した「バスケットボール・ダイアリーズ」、詩人ランボーとヴェルレーヌを描いた「太陽と月に背いて」、メリル・ストリープ&ダイアン・キートン出演作「マイ・ルーム」など、そうそうたる名優たちと共演を果たしています。

 

余談ですが、「太陽と月に背いて」は廃盤になったらしく、DVDが入手困難なためすごくプレミア感がついてしまい今では1枚なんと1万円以上の価値が出てしまっています(汗)僕は文学が好きなので結構好きな作品だったのですが・・・レンタルしよう思っても、ツタヤ・ディスカスTSUTAYA DISCAS楽天レンタル、ぽすれん、DMMDMM、すべてでレンタル扱っていませんでした。これはもう「買え!」ということですね(笑)
 
女性のレオ様ファンのためにお知らせしておきますと、この映画の中で、たしかディカプリオは全裸になっていたと記憶しています。日本版だとモザイクが入っていましたが、海外版にはモザイク入ってなくて話題になったことがあったかと。体当たりの演技もしているんですね。



またタッグを組んだ監督はそうそうたるメンバーで、
 
トム・ハンクスと共演した
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でスティーヴン・スピルバーグ監督と、
 
ラッセル・クロウとの共演作
ワールド・オブ・ライズ」ではリドリー・スコット監督と、
 
渡辺謙、マリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットらと共演した
インセプション」ではクリストファー・ノーラン監督、



ジェイミー・フォックスと共演した
ジャンゴ」ではクエンティン・タランティーノ監督と、



そしてナオミ・ワッツと共演した
J・エドガー」ではクリント・イーストウッド監督と、
 
ホントに たくさんの名監督達と仕事をしています。
 
特にマーティン・スコセッシ監督とは「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「ディパーテッド」「シャッター アイランド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と数多くタッグを組んでいます。



そんな中、スコセッシ監督は「ディパーテッド」で念願のアカデミー監督賞を受賞しているものの、ディカプリオは、これだけ有名になりながらも実はまだアカデミー賞を受賞したことがありません。ゴールデングローブ賞では「アビエイター」と「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で、主演男優賞を受賞しています。
 
ちなみに2014年現在、ディカプリオの他にも、トム・クルーズ、ジョニー・デップ、ブラッド・ピットの4人は、ナゼかアカデミー賞に輝いていないスターとして有名です。
 
 
私生活では、環境活動や動物保護に尽力しているみたいです。休日はバカンスに行くことが多いらしく、よくパパラッチされていますが、ビーチで下腹がぽっこりした体型でモデルさんと遊んでいる姿が撮られていますね。
 
ディカプリオのモデル好きは有名で、過去に、ジゼル・ブンチェン、バー・ラファエリ、エリン・ヘザートンなどと浮名を流しています。

ジゼル・ブンチェン↓

 

↓バー・ラファエリ(左)と、エリン・ヘザートン(右)↓

 

また、女優のブレイク・ライブリーやホイットニー・ポートとも交際が噂されたことがありますね。最近では、ドイツ出身のモデルで20歳そこそこのトニー・ガルンと同居報道があったりも。
ブレイク・ライブリー↓

 


ホイットニー・ポート↓

 

さらに俳優オーランド・ブルームと離婚したばかりのミランダ・カーに接近!なんていうゴシップネタが取り上げられたりもしました。

ミランダ・カー↓

 

ただ依然として、2014年5月現在もうすぐ40歳になろうというレオ様ですが、まだ独身を貫いているようです。

 

キャリアに戻ると2001年、「Appian Way(アッピアン・ウェイ)」という映画制作会社を設立しています。また俳優だけでなくプロデューサー業にも乗り出しており「アビエイター」「スーパー・チューズデー」などの製作にも関わっています。
 
また2009年には「タイタニック」で共演して以来、一緒に食事に行くなどプライベートでも親友だという女優ケイト・ウィンスレットと「レボリューショナリー・ロード」で12年ぶりの共演を果たします。この映画の監督は当時ケイトの夫だったサム・メンデスが務めました。
 
個人的にビックリしたのは「J・エドガー」で元FBI長官のエドガー・フーヴァーをディカプリオが演じたことですね。フーバーの印象はディカプリオとは、あまりにかけ離れていたので驚きでした。

逆に、「華麗なるギャツビー」でジェイ・ギャッツビーを演じていたのはハマり役だったなぁと思います。



以前、僕の学生時代には、イケメン俳優といえばディカプリオかブラッド・ピットか、あなたはどっち派?なんて聞くのが流行っていた時代がありました。でも僕が知る限り2人が共演した映画は1本もないと思います。



たしかにニアミスというかオシイのはあったんですよ。「ディパーテッド」では、ブラピがプロデューサーで、ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンが共演してたり、また「ジャンゴ」ではタランティーノ監督が当初キャスティングにディカプリオ、ブラピ、ケヴィン・コスナーの3人を共演させようと計画していたなんて報道もありました。
 
いつか共演してほしいなぁ~♪ラブコメがいいなー。どんな設定にしたら面白いだろ?ジェニファー・ローレンスのような天真爛漫な若い女性が2人を振り回すなんていうストーリーはどうだろ?(笑)ジェニファーなら今ノリにノッてる女優さんだし☆

この俳優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!