タグ別アーカイブ: タイタニック

映画音楽にジ~ン♪主題歌に胸焦がす

皆さんは映画音楽と言えば、何の映画のどの曲を思い浮かべますか?また、作曲家は誰を思い浮かべますか?

そんなの意識したことないという方もいるでしょう。作品に自然に溶け込む音楽もあれば、いかにも別物という感じのとってつけたような音楽もあります。

また、映画の内容がよければ自然と映画音楽も良く聞こえてくるということもあるでしょうし、反対にどんなに音楽が素晴らしくても映画の内容がひどければ、あまり耳に残らなかったり、話題になって評価されることもない、なんてこともあるかもしれません。

また、映画音楽は、その作品に合わせて作られたオリジナルの曲と、もともとあった曲を映画に使うというパターンもありますよね。

そんな作品と密接につながった映画音楽の世界的な巨匠といったら、エンニオ・モリコーネとジョン・ウィリアムズの2人が個人的には一番なじみがあります。

1人目のエンニオ・モリコーネは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で流れていた作曲の楽曲が有名ですね。

モリコーネはトルナトーレ監督の他にもセルジオ・レオーネ、ローランド・ジョフィ、ブライアン・デ・パルマ監督らの映画など様々な映画音楽を手がけている世界的な音楽家で、アカデミー名誉賞、グラミー賞などを受賞。映画以外では日本のNHKの大河ドラマ「武蔵」(2003)の音楽なんかにも参加しているそうです。

僕はモリコーネといったら、やはり「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽がパッと浮かびます♪素晴らしい音楽で、聞くとなんとも言えないノスタルジーな気持ちにさせてくれます。懐かしいというか、美しいというかね☆

サウンドトラックも発売されていて、こちらで全曲視聴できるようになってます♪「愛のテーマ」と「ニュー・シネマ・パラダイス」という曲が特に好きヽ(´▽`)/
 
YouTubeには、一般の方が自演しているものなどが公開されていたりしますね☆

2人目は、ジョン・ウィリアムズ。この人は、とにかく手がけた作品数がスゴイですよ(笑)しかもヒット映画ばかり!

これまで手がけてきた作品は例えば、「E.T.」「ジョーズ」「スーパーマン」「スター・ウォーズ」シリーズ、「インディー・ジョーンズ」シリーズ、「ホーム・アローン」シリーズ、「ハリー・ポッター」シリーズ、「JFK」「A.I.」「シンドラーのリスト」「ターミナル」などなど・・・ものすごいでしょ?有名な映画ばかりでしょ?

特にスピルバーグ監督の映画音楽を担当している印象が強いですね♪事実スピルバーグの映画「ジョーズ」でアカデミー作曲賞・グラミー賞受賞を受賞しています。

0日本人だと、久石譲とか坂本龍一が有名ですかね。久石さんは特にジブリ映画の音楽が有名で宮崎駿監督作品では「風の谷のナウシカ」以降すべて担当してます♪「となりのトトロ」とか「紅の豚」とか「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」「千と千尋の神隠し」などです。

あとは北野武監督作品もかなり手がけていて、「HANA-BI」とか「菊次郎の夏」担当。意外なところでは、山田洋次監督の「小さいおうち」や「東京家族」なども手がけてます。

坂本龍一は「ラスト・エンペラー」や「戦場のメリー・クリスマス」で、前者でアカデミー作曲賞を受賞。後者では英国アカデミー賞作曲賞に輝いています。

さて、あとは、ミュージシャンが歌う曲が映画のテーマソングとして使われるということも、よくあります。

有名なところでは、ケビン・コスナー主演の映画「ボディ・ガード」で採用されたホイットニー・ヒューストンが歌う「オールウェイズ・ラブ・ユー」が大ヒットしましたね。彼女は映画でもヒロイン役を務めました。

あとは、ブルース・ウィリス主演の映画「ダイ・ハード」では、ヴォーン・モンローという方が歌っているクリスマスのスタンダード曲「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」がエンディングで流れていました。すごく自然な感じでマッチしてましたね~♪

あとは映画「ワーキング・ガール」のカーリー・サイモンが歌う「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」も大ヒットしましたね。

 
 


探してみるとたくさんありますね。

ジュディ・ガーランドが映画「オズの魔法使」で歌う「虹の彼方に」、
映画「カサブランカ」で流れた「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」、
ジーン・ケリーの「雨に唄えば」、
オードリー・ヘプバーンが映画「ティファニーで朝食を」で歌っていた「ムーン・リバー」、
映画「タイタニック」のテーマソングで大ヒットしたセリーヌ・ディオンが歌う「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」、
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のビージーズが歌う「ステイン・アライヴ」、
ディズニーの「ピノキオ」に登場するクリフ・エドワーズの「星に願いを」、
映画「卒業」で有名なサイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」などなど。

あと、てっきり民謡だと勘違いしてたんですが、「エーデルワイス」や「ドレミのうた」という歌は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のために書かれた歌なんですね♪

やっぱり、音楽と映画は密接な関係なんですねぇ~!音楽を聞くと、一瞬にして映画の世界観を思い出せますので、まさに人生の応援歌と言えますねヽ(´▽`)/
 
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

人気女優がヌードになった映画&ドラマ(海外編)

 
 

このページでは、男性の皆様のご要望にお答えして(笑)、あの人気女優がヌードを披露した映画やドラマを挙げてみたいと思います!

いや~やっぱり気になっちゃいますよね(笑)特に外国の女優さんは大胆ですからドキドキしちゃいます。

ちなみに女優さんがヌードになった作品を探すのに一役買ってくれたのは、2013年に開催された第85回アカデミー賞授賞式で司会を務めたセス・マクファーレン(笑)

彼がアカデミー賞授賞式で披露してくれたオモシロ曲「We Saw Your Boobs(僕達はあなたのオッパイを見たよ)」は、かなり参考になります。

歌詞を紹介しているサイトまで出現したくらい話題になりました。

ただし歌の中では足りない作品もありますので、その辺は補足していきます。
 
 
では、早速1人目の女優を紹介しちゃいましょ~♪


スペイン出身で、今やハリウッドでも主演を務めるまでになった人気女優ペネロペ・クルス。
 
先程の歌「We Saw Your Boobs」の中では、ペネロペがヌードになった映画がトム・クルーズと共演した「バニラ・スカイ」とだけ歌っていますが、むしろ「ハモンハモン」の方が過激だったりします。
 
さらに「バニラ・スカイ」のリメイク元である「オープン・ユア・アイズ」、「抱擁のかけら」などでも脱いでいます。
 
あとは、「美しき虜」「裸のマハ」「コレリ大尉のマンドリン」「赤いアモーレ」「エレジー」「ある愛へと続く旅」とかでも、ヌード披露してるみたいですね。多すぎ(笑)
 
この女優さんは本当にセクシーな人で、他にも脱いではいませんが、ダニエル・デイ=ルイスと共演した「NINE」では下着姿のような衣装でミュージカル風に大胆なダンスを見せてくれましたし、ウディ・アレン監督の「それでも恋するバルセロナ」では共演したスカーレット・ヨハンソンとスゴくセクシーなシーンを披露してくれていますね。
 
ちなみに、2014年9月現在では、「抱擁のかけら」や「それでも恋するバルセロナ」がHulu(フールー)で配信されてます☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆

また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪
 
ペネロペ・クルスのその他の写真↓

 
 


最近では、キャメロン・ディアスやブラピらと共演した「悪の法則」でも少しセクシーな場面写真が公開されてましたね☆↓(左がキャメロン)



 
 
 
さあ、続いて2人目の人気女優はアン・ハサウェイ。

 

この人も綺麗な人ですよね~☆「こんな美人な女優が脱いじゃうなんて、そりゃハリウッドにはかなわないわ」と思ったほどです(笑)
 
映画「プリティ・プリンセス」や「プラダを着た悪魔」で有名なラブコメの女王でしたが、今やミュージカル映画、アクション、コメディ、シリアスなドラマと、なんでも来いのアカデミー助演女優賞を受賞した女優にまで成長しました。
 
ちなみに、アン・ハサウェイも例のセス・マクファーレンのオッパイ・ソングに登場しています(笑)「ブロークバック・マウンテン」が挙げられていますが、それよりもオススメなのは「ラブ&ドラッグ」ですね。
 
この作品でアン・ハサウェイは、え!そこまで?というくらい脱いでます。まさに体当たりの演技で魅了してくれてます♪
 
下世話な話題で恐縮ですが、アン・ハサウェイといえば「レ・ミゼラブル」のプレミア・イベントにドレスで出席した際にノーパンだったことから局部をパパラッチされてしまうというニュースがありましたね。それ以来、パパラッチを毛嫌いしているようです。
 
ちなみに、2014年9月現在では、「プリティ・プリンセス」などがHulu(フールー)で配信されていますね☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪
 
アン・ハサウェイのその他の写真<プリティ時代編>↓

 
 


アン・ハサウェイのその他の写真<セクシー時代編>↓

 
 


アン・ハサウェイ、「ダークナイト ライジング」ではキャットウーマンも演じました☆↓



 
 
 
さあ、3人目の人気女優はケイト・ウィンスレット。



もうこの人を欠かす訳にはいきません。何せ、あのセス・マクファーレンのオッパイ・ソングのオチになってるくらいの女優ですから(笑)
 
どういうことかというと、あの歌では、女優1人につき1作品だけヌードを披露したタイトルを歌っていきます。しかし、最後にケイト・ウィンスレットはというと、「乙女の祈り」「日蔭のふたり」「ハムレット」「タイタニック」「アイリス」「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」そして今撮影中のものもどうせそうでしょとまで歌ってるんですね(笑)強烈なオチでした♪
 
ケイト・ウィンスレットはアカデミー主演女優賞に輝いている大女優にも関わらず、まったくヌードに抵抗がないかのごとく脱いでいるというスゴイ女優魂の持ち主なんですね。
 
先程あげた作品で十分かと思いますが、中でも「タイタニック」の時には弱冠21歳か22歳くらいの若い時のケイトで、やっぱりすごく綺麗です。あと「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」は結構激しいカラミなんかもあって、セクシーですよヽ(´▽`)/
 
ちなみに、2014年9月現在では、「愛を読むひと」などがHulu(フールー)で配信されていますね☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪
 
ケイト・ウィンスレットのその他の写真↓

 


 
 
 
お次は4人目の人気女優アマンダ・セイフライド。



この人も美人ですよね~。まだ若いのに、たくさんの映画に出演してます。ヌードも結構披露していて綺麗な体を惜しげもなく見せています。
 
あのセス・マクファーレンの歌には出てきませんでした。一番記憶に残っているのは「CHLOE/クロエ」という映画で、この映画では、なんと共演女優のジュリアン・ムーアと裸で絡んでいます。
 
あとはミーガン・フォックス主演の映画「ジェニファーズ・ボディ」。こちらは少しホラー要素も含んでいるんですが、ここでもアマンダがベッドシーンでヌードをちらっと見せています。
 
そして、2013年に公開された映画「ラブレース」では、実在した伝説のポルノ女優を演じてヌードを披露しています。
 
ちなみに、2014年9月現在では、「ジュリエットからの手紙」や「親愛なる君へ」がHulu(フールー)で配信されていますね☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪
 
↓アマンダ・セイフリッドのその他の写真☆

 


 
 
 
さてさて5人目は、映画「トワイライト」シリーズで大ブレイクした女優クリステン・スチュワートです。



この人は色白で、とにかく美脚ですね!ヒロイン役のイメージが強いせいかヌードになった時はビックリしました。
 
作品は「オン・ザ・ロード」という映画ですが、まだ20代前半ですから、今後ますます期待できそうです☆
 
ちなみに、クリステン・スチュワートもセス・マクファーレンのおっぱいソングに入ってました♪
 
2014年9月現在では、「トワイライト」シリーズなどがHulu(フールー)で配信されていますね☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪
 
その他のクリステン・スチュワートの写真↓

 





 
 
 
6人目はイタリアの宝石とまで言われたナイスバディな美人女優モニカ・ベルッチ。



この人は、おっぱいソングには出てきませんでしたが、すごく綺麗で大人気の女優さんですね。なかなか芯の強そうな女性です。
 
僕がモニカ・ベルッチを知ったのは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画「マレーナ」。実際、世界的に人気が出たのは、おそらくこの作品からだと思います。その後も、結構ヌードを披露はしていますが、この作品がやっぱり一番でしょう♪
 
「マレーナ」は主人公の少年が憧れの大人の女性に恋心を抱くという設定ですが、まさに、そんな綺麗なお姉さん的な人がヌードを披露しているという、なかなか衝撃的な作品で、すごく印象に残っています。綺麗でセクシーですよ「マレーナ」でのモニカ・ベルッチ☆
 
ちなみに2013年には、15年弱続いていた夫と離婚してシングルになりましたモニカ・ベルッチ。
 
2014年9月現在では、「マレーナ」がHulu(フールー)で配信されていますね☆
 
Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


また、WOWOWでも時々出演映画が放映されているようですので、興味のあるかたは番組表をチェック♪

WOWOW

 
モニカ・ベルッチのその他の写真↓

 


 
 
7人目は、元ボンド・ガールとして有名なセクシー女優デニス・リチャーズ。



デニス・リチャーズは映画「ワイルド・シングス」で、ヌードシーンになってるんですね!かなりハードな女性との絡みや3Pシーンなどがあり話題を呼びました。というか、これでセクシー女優として大ブレイクしました。
 
ちなみに、「ワイルド・シングス」シリーズは2014年現在では、なんとシリーズ4作目まで製作されています。もちろん出演者は変ってますけど。2014年9月現在では、Hulu(フールー)で1~3まで配信されています☆ありがたや~ヽ(´▽`)/
 
さてリチャーズは、その後、映画「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のボンドガールに大抜擢されます。また、俳優のチャーリー・シーンと結婚。2人の女の子を出産しています。ただし、2006年に離婚しています。
 
デニス・リチャーズは、映画だけでなく最近では海外ドラマ「サインフェルド」「フレンズ」「スピン・シティ」「ハーパー・ボーイズ」などにセクシーな女性役としてゲスト出演しています。
 
ヌードについては、先ほどの「ワイルド・シングス」だけでなく、米有名雑誌「PLAYBOY」の2004年12月号でヘアヌード・グラビアを披露しています。
(日本版「月刊プレイボーイ」の2005年2月号にあたります)
 

 

 


さて、ここまで映画で脱いだ女優を挙げてきましたが、ここで海外ドラマの中でヌードを披露した女優さんも何人か紹介しておきますヽ(´▽`)/
 
最近の海外ドラマは本当にすごい!映画並みの映像やキャスティングもそうですが、アメリカなどでは規制の厳しい地上波の放送局ではなく、ほぼ規制のないケーブル局が制作・放送しているので内容が過激なんですね。
 
まあ、ケーブルや衛星放送は、お金を払って機材を準備してつなげて、わざわざ契約してチャンネルを選択して自らの意志で見るわけですから自由度が高いのでしょう。観たい人だけ観ればいいという考え方をしているようなので、本当に規制がほぼない状態です(笑)
 
日本ではWOWOWスカパー!がそれにあたります。
 
たしかにWOWOWでは以前、女性が下着のようなユニフォームでフットボールをするというランジェリー・フットボールを放送していたり、日本のドラマでもAV業界を描いた「モザイク・ジャパン」などセクシーで過激なものも多々ありましたからね!

↓あくまでイメージです(笑)↓

 
そんな海外ドラマの中でも圧倒的な作品が2つ有ります。

まず1つ目は、「シェイムレス 俺たちに恥はない」というドラマ。そして本作に出演している美人女優エミー・ロッサム。



これまた衝撃でした!!

エミー・ロッサムは、映画「オペラ座の怪人」で清楚なヒロイン役を演じ世界的にブレイクした綺麗な女優さん。

 


彼女は、清楚なイメージが定着しつつあっただけに、ヌードになった時はかなりビックリしました。
 
しかも「シェイムレス」は人気のテレビドラマなので、まだ続いていてシーズンが増えるごとに、ますます過激なシーンにも挑戦しているようです。
 
ちなみに、このドラマ自体もかなり過激なのですが、最高に面白いです。僕はWOWOWで放送していたシーズン1と2を観てハマりました。今はたしかシーズン3も放送しているんじゃなかったかな?

それと嬉しいことに2015年1月よりHulu(フールー)でも配信スタートするようです☆

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


エミー・ロッサムのその他の写真↓

 

 
海外ドラマ版は、もう1つ「カリフォルニケーション」というドラマがあります。
 

 
 

この番組もすごいんです。毎回と言ってもいいくらい誰かが脱いでます。
 
主演は「Xファイル」のデイヴィッド・ドゥカヴニーで小説家なんですが、モテモテなんですね(笑)

本当に色んな人がゲストで来てはヌードを披露しています。
 
例えば、

 

「ニューヨーク、アイラブユー」や「フレンズ」出演の女優エヴァ・アムリ(S3)、
「HEROES ヒーローズ」グレッチェン・バーグ役マデリーン・ジーマ(S1-4)、
「BONES」などに出演しているカーラ・ギャロ(S3)、
「グレイズ・アナトミー」のカミーラ・ラディントン(S5)
「ダニーのサクセス・セラピー」の主演女優キャリー・ソーン(S4)、
「オッド・トーマス」ヒロインのアディソン・ティムリン(S4)、

 

など多数の女優が脱いでます。日本語版のDVDも2014年9月現在ではシーズン2まで発売されているようです。(シーズン1はこちら
 
残念ながら2014年のシーズン7で終了となってしまいまたが、ちょうど2014年9月現在、日本でもスカパー!でファイナルシーズンを放送しているようです。今後再放送などもあるかもしれませんのでスカパー!要チェックです!
 
結局スカパー!は何チャンネルが何円で見れるの?

あとはオンライン配信サイトHuluなどでも今後、配信されたら嬉しいですね♪ぜひチェックしてみて下さい☆
 
 
海外ドラマでは他にも、「トゥルー・ブラッド」で主演女優のアンナ・パキンが脱いでいたり、「スパルタカス」や「ゲーム・オブ・スローンズ」と言った歴史ドラマでも、かなり激しいエロスが繰り広げられてます。

 
 

 
あ、あと映画や海外ドラマではないのですが、「007 ダイ・アナザー・デイ」でボンドガールの1人だった女優ロザムンド・パイクは、2003年の舞台「Hitchcock Blonde」で裸で登場し話題になったそうです。また、ニコール・キッドマンも「ブルー・ルーム」という舞台でヌードを披露しているんですね。知らなかった!

 

いや~2人とも大胆(´▽`)
 
 
最後にこの記事の最初に紹介したセス・マクファーレンのおっぱいソング「We Saw Your Boobs」に登場した女優と作品名を紹介しておきますね☆
 
既出の女優さんも含めて、まとめて紹介しておきますね。全員で17人です。
 

 
 

1.メリル・ストリープ 「シルクウッド
 
2.ナオミ・ワッツ 「マルホランド・ドライブ
 
3.アンジェリーナ・ジョリー 「ジーア/悲劇のスーパーモデル

 
 

4.アン・ハサウェイ 「ブロークバック・マウンテン
 
5.ハル・ベリー 「チョコレート
 
6.ニコール・キッドマン 「アイズ・ワイド・シャット

 
 

7.マリサ・トメイ 「レスラー
 
8.クリステン・スチュワート 「オン・ザ・ロード
 
9.シャーリーズ・セロン 「モンスター

 
 

10.ヘレン・ハント 「セッションズ
 
11.ジェニファー・ローレンスは、まだ見せていない(笑)
 
12.スカーレット・ヨハンソンは、プライベートのヌード写真が流出

 
 

13.ジェシカ・チャスティン 「欲望のバージニア
 
14.ジョディ・フォスター 「告発の行方
 
15.ヒラリー・スワンク 「ボーイズ・ドント・クライ

 

16.ペネロペ・クルス 「バニラ・スカイ
 
17.ケイト・ウィンスレット 「乙女の祈り」「日蔭のふたり」「ハムレット」「タイタニック」「アイリス」「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」それと、たぶん今撮影中のヤツ(笑)
 
という歌でした♪
 
アカデミー賞でやっちゃうところがスゴイ(笑)大笑いしましたヽ(´▽`)/

この歌のなかでジェニファー・ローレンスはまだ見せていないという歌詞のところでジェニファーが力強くガッツポーズをとった姿が可愛らしくて忘れられません(笑)

日本でアカデミー賞を独占生中継してるのはWOWOWだけ↓
WOWOW

ただ、2014年にAppleのiCloudがハッキングされジェニファー・ローレンスやケイト・アプトン、ケイリー・クオコ、アヴリル・ラヴィーン、メリッサ・ブノワ、キルステン・ダンスト、イヴォンヌ・ストラホフスキーらセレブのプライベート写真が流出したというニュースが世界中に流れました。

真偽の程は不明ですが、なかでもジェニファー・ローレンスの名前は大々的にニュースサイトやゴシップサイトで報じられていましたね。いやはやスゴイ時代です。


ジェニファー・ローレンスを知らない人のために。
流出報道とは無関係の写真ですが、ご紹介しておきます↓

 
 


ケイト・アプトン(モデル)を知らない人のために。
流出報道とは無関係の写真ですが、ご紹介しておきます↓

 
 

そうそう、ところで永遠のセクシー女優、マリリン・モンローはどうだったのかというと、僕が知る限り、たしかヌードになった作品はなかったんじゃないかな~?

 

ただ「七年目の浮気」では、あの有名なスカートがめくれる場面とかあるし、「お熱いのがお好き」では下着姿で踊ったりするシーンもあるので十分セクシーです。
 
あと、マリリンは写真集ではヌードになってます。あと、もともと無名時代に生活のためにヌードカレンダーのモデルになったりしてましたので、その時の写真もこんなのや、こんなのや、こんなのが残ってたりします。
 
 
蛇足ですが、若くてスッゴク美人でスタイルも抜群なテイラー・モムセンという女優がいます。

彼女は人気海外ドラマ「ゴシップガール」などにお嬢様学校に通う女子高生役として出演していたのですが、女優業をほぼ休業し突然パンクなメイクでロックバンドのボーカルになっちゃいました!(笑)

 

なのでまあ、映画やドラマで脱いだわけではないんですが、実はそのライブでパンチラはおろか、Tシャツをめくり上げていきなり胸を見せたり、PVでなぜか全裸になったりして大変な話題を呼びました。(詳しくはテイラー・モムセン詳細ページで

そんな彼女は、サマンサタバサのミューズでもありCMでは元AKBの板野友美などとも共演しています。もちろん来日もしてます☆今後、また女優に復帰してほしくもありますね!

海外ドラマ「ゴシップガール」は、Hulu(フールー)で2014年11月現在、シーズン5まで配信されています☆

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


ちなみに、管理人789junが個人的に今、一番セクシーだと思うイチオシ女性は下記の通り!

■ 海外の女優では、ジェニファー・ローレンス

■ 海外のモデルなら、ミランダ・カー

■ 日本の女優では、長澤まさみ

■ 日本のモデルなら、山本美月
 
 
「日本の女優がヌードになった映画&ドラマ」まとめはコチラ
 
 
エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

レオナルド・ディカプリオのすべて

 

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo Wilhelm DiCaprio, 1974年11月11日 – )は、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身の俳優です。
 
レオナルド・ディカプリオといえば、1997年公開ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」で女優ケイト・ウィンスレットと共演し世界中で大ブレイクを果たしたイケメン俳優としてのイメージが根強く残っていますよね。

 

その前年には、現代版ロミオとジュリエットとして映画化された「ロミオ+ジュリエット」で女優のクレア・デーンズと共演。こちらもかなりロマンティックな感じの作品で人気を博しました。

 

ただ本人はイケメン俳優というイメージ払拭を強く望んだようで、タイタニック以降は、ウディ・アレン監督の「セレブリティ」や「ビーチ」、「仮面の男」、マーティン・スコセッシ監督の「ギャング・オブ・ニューヨーク」などラブストーリーとは少し距離を置くようになります。

 

もともとは、子役時代からテレビドラマにいくつか出演していて、中でもコメディ・ドラマ「愉快なシーバー家」(1985-1992年:シーズン7)は後にスターとなるアクターを多数輩出したことで有名ですが、このドラマにディカプリオも1991年から1992年まで出演しています。ちなみに他にこのドラマに出演したのは、まだ無名だった頃のブラッド・ピット、マシュー・ペリー、ヒラリー・スワンク、ジェニー・ガース、ブライアン・オースティン・グリーンなどです。

 

ディカプリオはその後、映画中心に出演するようになり、ドリュー・バリモアが出演した「ボディヒート」やロバート・デニーロ出演映画「ボーイズ・ライフ」、ジョニーデップ出演作「ギルバート・グレイプ」、マーク・ウォルバーグと共演した「バスケットボール・ダイアリーズ」、詩人ランボーとヴェルレーヌを描いた「太陽と月に背いて」、メリル・ストリープ&ダイアン・キートン出演作「マイ・ルーム」など、そうそうたる名優たちと共演を果たしています。

 

余談ですが、「太陽と月に背いて」は廃盤になったらしく、DVDが入手困難なためすごくプレミア感がついてしまい今では1枚なんと1万円以上の価値が出てしまっています(汗)僕は文学が好きなので結構好きな作品だったのですが・・・レンタルしよう思っても、ツタヤ・ディスカスTSUTAYA DISCAS楽天レンタル、ぽすれん、DMMDMM、すべてでレンタル扱っていませんでした。これはもう「買え!」ということですね(笑)
 
女性のレオ様ファンのためにお知らせしておきますと、この映画の中で、たしかディカプリオは全裸になっていたと記憶しています。日本版だとモザイクが入っていましたが、海外版にはモザイク入ってなくて話題になったことがあったかと。体当たりの演技もしているんですね。



またタッグを組んだ監督はそうそうたるメンバーで、
 
トム・ハンクスと共演した
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でスティーヴン・スピルバーグ監督と、
 
ラッセル・クロウとの共演作
ワールド・オブ・ライズ」ではリドリー・スコット監督と、
 
渡辺謙、マリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットらと共演した
インセプション」ではクリストファー・ノーラン監督、



ジェイミー・フォックスと共演した
ジャンゴ」ではクエンティン・タランティーノ監督と、



そしてナオミ・ワッツと共演した
J・エドガー」ではクリント・イーストウッド監督と、
 
ホントに たくさんの名監督達と仕事をしています。
 
特にマーティン・スコセッシ監督とは「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「ディパーテッド」「シャッター アイランド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と数多くタッグを組んでいます。



そんな中、スコセッシ監督は「ディパーテッド」で念願のアカデミー監督賞を受賞しているものの、ディカプリオは、これだけ有名になりながらも実はまだアカデミー賞を受賞したことがありません。ゴールデングローブ賞では「アビエイター」と「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で、主演男優賞を受賞しています。
 
ちなみに2014年現在、ディカプリオの他にも、トム・クルーズ、ジョニー・デップ、ブラッド・ピットの4人は、ナゼかアカデミー賞に輝いていないスターとして有名です。
 
 
私生活では、環境活動や動物保護に尽力しているみたいです。休日はバカンスに行くことが多いらしく、よくパパラッチされていますが、ビーチで下腹がぽっこりした体型でモデルさんと遊んでいる姿が撮られていますね。
 
ディカプリオのモデル好きは有名で、過去に、ジゼル・ブンチェン、バー・ラファエリ、エリン・ヘザートンなどと浮名を流しています。

ジゼル・ブンチェン↓

 

↓バー・ラファエリ(左)と、エリン・ヘザートン(右)↓

 

また、女優のブレイク・ライブリーやホイットニー・ポートとも交際が噂されたことがありますね。最近では、ドイツ出身のモデルで20歳そこそこのトニー・ガルンと同居報道があったりも。
ブレイク・ライブリー↓

 


ホイットニー・ポート↓

 

さらに俳優オーランド・ブルームと離婚したばかりのミランダ・カーに接近!なんていうゴシップネタが取り上げられたりもしました。

ミランダ・カー↓

 

ただ依然として、2014年5月現在もうすぐ40歳になろうというレオ様ですが、まだ独身を貫いているようです。

 

キャリアに戻ると2001年、「Appian Way(アッピアン・ウェイ)」という映画制作会社を設立しています。また俳優だけでなくプロデューサー業にも乗り出しており「アビエイター」「スーパー・チューズデー」などの製作にも関わっています。
 
また2009年には「タイタニック」で共演して以来、一緒に食事に行くなどプライベートでも親友だという女優ケイト・ウィンスレットと「レボリューショナリー・ロード」で12年ぶりの共演を果たします。この映画の監督は当時ケイトの夫だったサム・メンデスが務めました。
 
個人的にビックリしたのは「J・エドガー」で元FBI長官のエドガー・フーヴァーをディカプリオが演じたことですね。フーバーの印象はディカプリオとは、あまりにかけ離れていたので驚きでした。

逆に、「華麗なるギャツビー」でジェイ・ギャッツビーを演じていたのはハマり役だったなぁと思います。



以前、僕の学生時代には、イケメン俳優といえばディカプリオかブラッド・ピットか、あなたはどっち派?なんて聞くのが流行っていた時代がありました。でも僕が知る限り2人が共演した映画は1本もないと思います。



たしかにニアミスというかオシイのはあったんですよ。「ディパーテッド」では、ブラピがプロデューサーで、ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンが共演してたり、また「ジャンゴ」ではタランティーノ監督が当初キャスティングにディカプリオ、ブラピ、ケヴィン・コスナーの3人を共演させようと計画していたなんて報道もありました。
 
いつか共演してほしいなぁ~♪ラブコメがいいなー。どんな設定にしたら面白いだろ?ジェニファー・ローレンスのような天真爛漫な若い女性が2人を振り回すなんていうストーリーはどうだろ?(笑)ジェニファーなら今ノリにノッてる女優さんだし☆

この俳優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

ケイト・ウィンスレットのすべて

ケイト・ウィンスレット(Kate Elizabeth Winslet 1975年10月5日生まれ)は、イギリスのバークシャー州出身の女優です。
 
アカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞、グラミー賞などほとんどの主要な賞を総なめにしています。あとはミュージカルのトニー賞くらいでしょうか。
 
ちなみに、アメリカでは、エミー、グラミー、アカデミー、トニーの4つを制した人のことを、頭文字をとってEGOT(Emmy、Grammy、Oscar、Tony)といいます。オードリー・ヘプバーンなんかがその1人です。たしか2014年現在のところ歴代で12人くらいしかいないはず。ケイト・ウィンスレットもあと一歩ですね。
 
さて、ケイト・ウィンスレットは何と言っても「タイタニック」(1997)で大ブレイクしましたよね。日本でも大ヒットして社会現象にまでなった映画です。共演したレオナルド・ディカプリオもこれで一気に名前が知れ渡りましたね。
 
ケイト・ウィンスレットはこの映画でヌードになっています。女優魂というか、ケイトはヌードになることをあまり厭わないことで有名で、ほかにも「乙女の祈り」「日陰のふたり」「ハムレット」「アイリス」「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」などでヌードになっています。
 
2013年のアカデミー賞で司会をつとめたセス・マクファーレンが「We saw your boobs(私達はあなたのオッパイを見た)」という、おふざけのミュージカルソングを歌ったのをご存知でしょうか?
 
この歌の歌詞の中で色んな女優さんの名前とヌードになった作品名を挙げていくのですが、ほとんどの女優さんが1作のみなのに対して、ケイトの部分だけはたくさん作品名がありすぎて曲が途中で止まるという(笑)そんなパロディまでつくられる程、多いというわけですね。
 
一応その動画を紹介しておきます♪すごく面白いからぜひ見てみてください♪
 
 
ここで、ケイト・ウィンスレットの代表作と受賞歴をざっと挙げてみましょうか、細かい賞までいれていくととてもすべてはカバーできませんが、アカデミー主演女優賞は2008年公開の「愛を読むひと」でとりました。「タイタニック」は作品賞や監督賞に輝き、興行収入が当時の歴代一位となりギネスにも載りましたが、主演女優賞や主演俳優賞は獲得できませんでした。
 
エミー賞主演女優賞は「ミルドレッド・ピアース」(2011)で獲得しました。ゴールデングローブ賞主演女優賞はディカプリオとタイタニック以来、再びタッグを組んだ「レボリューショナリー・ロード」(2008)で受賞。この作品の監督はケイトの元夫のサム・メンデスです。ゴールデングローブ賞に至っては映画部門だけでなく、先程の「ミルドレッド・ピアース」でテレビ部門の主演女優賞まで受賞しています。
 
そしてグラミー賞ですが、2000年に「Best Spoken Word Album for Children」という賞を受賞しているそうです。これは子供向けの朗読オーディオブック等に対する賞みたいです。ケイト・ウィンスレット色んなことしてるな~。この賞は以前クリントン大統領なんかも獲ってました。
 
大きな賞を受賞した作品としては「愛を読むひと」「レボリューショナリー・ロード」「ミルドレッド・ピアース」の3つです。あと「いつか晴れた日に」(1995)という作品が英国アカデミー賞助演女優賞と全米映画俳優組合賞助演女優賞に輝いています。
 
ケイトは、上記以外にもたくさんの有名な作品に出演しています。そしてたくさんのスターと共演を果たしています。「タイタニック」もその1つですが、僕が一番好きなのはナンシー・マイヤーズ監督の「ホリデイ」というラブコメですね。キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウとジャック・ブラックという豪華キャストなエールフルな映画でした。
 
その他「アイリス」ではジム・ブロードベントやジュディ・デンチと、「エターナル・サンシャイン」ではジム・キャリーと、「ネバーランド」ではジョニー・デップらと共演しています。
 
また、コメディが好きなのか海外ドラマ「The Office」で有名なリッキー・ジャーヴェイスの「エキストラ:スターに近づけ!」というコメディドラマにゲストとして登場していたり、お下劣な内容が話題を呼んだインディペンデンス映画「ムービー43」にも参加するなどしています。以外な一面ですね(笑)
 

私生活では、かなりハッキリとモノを言うタイプではないかと思います。アクターズ・スクールにゲスト講師として登場した際には、ヌードについてしつこく聞かれてキレそうになっていたり、今だに「タイタニック」のテーマソング(セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」)を聞くと吐き気がすると言ったとマスコミに書かれたりしています(笑)
 
そんなキャラのせいかどうかはわかりませんが、結婚は2014年4月現在までに3回しています。1人目はケイトも出演した「グッバイ・モロッコ」の助監督と1998年11月に結婚。長女を出産しましたが、2001年に離婚しています。2人目は2003年に映画監督のサム・メンデスと。長男を出産しましたが、2010年に離婚。そして2012年12月にヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソンの甥にあたる男性と3度目の結婚をしています。1年後の2013年12月には2人の間に子供が誕生しています。
 
ちなみに、「タイタニック」で共演しお互いに一躍世界的なスターとなったディカプリオとは今でも親友で、一緒に食事に行ったりもするそうです。
 
私生活はともかく、ケイトのキャリアは素晴らしく2012年には大英帝国勲章第三位CBEを叙勲されており、2014年3月にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を獲得しています。
 
2014年には「Divergent」というSFアクション映画にも出演するそうで、ますます今後の活躍が楽しみですね☆
 
下に「愛を読むひと」でアカデミー賞主演女優賞に輝いた時の公式YouTube動画を紹介しておきますね。
 
映ってるスター達が豪華すぎるんですけど(笑)ケイトのスピーチも「8歳の頃にシャンプーをオスカー像代わりにして、お風呂場で鏡に向かって主演女優賞を受賞した時の真似をよくしてました」という感動的なものです。

 
↓その他何枚かケイト・ウィンスレットの写真などを探してみました♪

 
 
この女優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

スターの生サイン入りポスター&写真!

楽天でなかなか貴重なお店を見つけました♪
 
映画俳優や女優、海外ドラマの主演俳優や女優の生サイン入り写真やポスターを売っているお店です。
 
フェーマス(FAMOUS)」というお店で、22周年を迎えたサイン入り写真やポスターの専門店です。
 
このお店の素晴らしいところは、歴史と権威ある国際オートグラフ4団体「AFTAL」「UACC」「IADA-CC」「MANUSCRIPT SOCIETY」に所属しているディーラーという点です。
 
国際オートグラフ団体というのは、政府公認のサイン公正取引協会です。つまり、間違いなく本物!ということを証明してくれていると言えますね。
 
このお店で俳優名や女優名などで検索すると思わぬお宝にめぐりあえます。
 
例えば海外ドラマフレンズの主演6人全員のサイン入りポスターなんかもあったりします。この写真いくらだと思います?
フレンズ 海外ドラマフレンズ 海外ドラマ
正解はこちら
 
その他この映画の共演がきっかけで恋に落ちたブラッドピットとアンジェリーナ・ジョリーのダブル主演「Mr and Mrs Smith」のオリジナルポスター(サインなし)
Mr. & Mrs. スミスMr. & Mrs. スミス
 
上のブラピはサインなしだけど、サインありはこちらのちょっとレアな写真でどうぞ☆

 


 
こちらも豪華!ディカプリオとケイト・ウィンスレットの直筆サイン入り「タイタニック」スチール写真☆
ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット
 
映画監督のサインもありますし、往年のスター オードリ・ヘプバーンや、マリリン・モンローも♪
オードリー・ヘップバーン
 
ドリス・デイ(左)、ジェームスズ・スチュワート(右)
ジェームス・スチュワート
 
 
今や世界的な大スターのベネディクト・カンバーバッチ

 
 
マイケル・J・フォックス

 
 
ジョニー・デップ

 
 
終わってしまいましたがドラマ「ゴシップ・ガール」キャストの直筆サイン入写真

ブレイク・ライブリー↓

 


レイトン・ミースター↓

 
 
最後に最近めちゃくちゃ人気上昇中のモデル、ミランダ・カーのサイン入りセクシー写真をご紹介。これ両方とも入荷して即効で売り切れになってました(笑)

 

幅広く取り扱っているお店ですので、あなたの部屋に華を添えるお宝探しをしてみると楽しいかもしれませんね♪
 
→サイン入り写真やポスターの専門店「フェーマス(FAMOUS)」はこちら
 
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!