「東京ラブストーリー」タグアーカイブ

海外ドラマ「SUITS/スーツ」にフレイジャー&サインフェルド登場!?


つい先日までやっていたフジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」面白かったですね♪

僕としては、「東京ラブストーリー」以来の織田裕二&鈴木保奈美タッグというだけでもう大興奮でした!

しかも、ちょうどちょっと前にハマったTVドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」で主演した中島裕翔くんまで出演!

しかもしかも、主題歌はなんと大好きなB’z!(「Wolf」2019年3月段階で未発売、未配信)

もうこの段階で面白いドラマ確定です(笑)

ところで、この「SUITS/スーツ」というドラマは、原作はアメリカの海外ドラマです。

衛星・ケーブルテレビ局のUSAネットワーク(NBCユニバーサル傘下、というかコムキャスト傘下か)で2011年から、なんとシーズン9まで続いている大人気ドラマシリーズなのです!(2019年3月現在、シーズン9をもって終了すると発表されています)

何を隠そう、やっぱりアメリカ版の原作ドラマの方が当たり前ですがものすごく面白いです♪



私は、Amazonプライム会員なのでPrimeVideoで無料で見放題でしたので、シーズン1~7まで一気に観ちゃいました(2019年3月現在)。

気になる方はこちらから見れますよん(*^_^*)

そして、ここからようやく記事タイトルの「サインフェルド」や「フレイジャー」についてですが、

結論から言うと、主演俳優たちが無類の映画やドラマ好きで色んな映画やドラマの話やセリフが場面場面に散りばめられていて面白いんです!それも結構、ひんぱん&露骨に引用が出てきます(笑)

例えば、「サインフェルド」で有名なセリフ「These pretzels are making me thirsty」を2人で叫ぶシーンとか爆笑しました(笑)

あ!ちなみにアメリカで一番有名な伝説的シットコム「サインフェルド」も、なんと今(2019年3月現在)、Amazonのプライムビデオで全シーズン1~9まで無料視聴できちゃいます!!

日本では、ソニーから日本語字幕付きのDVDが発売されているのですが、なぜかシーズン1~4までしか発売されていないという・・・(汗)

なので、日本語字幕付きでシーズン5~9の最終話まで見られるチャンスは今、Amazonプライムビデオ以外にはない!ということです。DVDの発売もしてほしい・・・・・・シーズンの途中で発売やめるなんてヒドすぎる・・・(泣)

余談ですがアマゾンのプライム会員は現在、本の購入特典、Prime読み放題電子書籍、ポイント特典、Amazon Music聞き放題、そしてPrimeビデオ見放題と、盛りだくさんな上、会費は年間でたった3,900円なんです!月額じゃなくて年額ですよ!

月額にしたら325円です(笑) もはやAmazon利用者でプライム会員にならないのはもったいなさすぎです。

ハッ!しまった!だいぶ話が脱線してしまった(汗)

サインフェルドともう1つ「SUITS/スーツ」内で聞いたのが「フレイジャー」という言葉。

世界的に大人気でシーズン11まで続いた、これまた大好きな伝説的シットコム「フレイジャー」のことかと思っていたのですが、うぬぬ、ちょっと待てよ・・・もしかしたらメジャーリーガーにフレイジャーという名前の選手がいるので、そのことを言ってたのかな?と今になって不安になってきました。「SUITS/スーツ」をまたシーズン1から見直して確認してみま~す(*^。^*)

あと映画ネタもどんなものがあったか再度チャックしよっと!たしか「ゴッドファーザー」とか出てきてたな。。

さて「SUITS/スーツ」の、出演者たちも紹介しておきます!

これまた色んな意味で、むちゃくちゃ濃いメンバーたちなんですよ~!

まずは主演のガブリエル・マクト(頼れる敏腕弁護士ハーヴィー・スペクター役)↓の左。

実はこの俳優さん、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで有名なマイケル・J・フォックス主演でシーズン6まで続いた、これまた大好きなシットコム「スピン・シティ」1話だけゲスト出演してた人なんですね!!

これ知った時、まじか!と大声上げて笑いました。なぜかと言うと、1話だけとはいえ、あまりにも強烈すぎる役だったのですよ(笑)

その役とは、たしかニューヨーク市長が演説中に、裸でカメラの前を走り抜けるという露出狂の役です。たしかに、あの頃から美男子でした(笑)

ガブリエル・マクトは他にも
海外ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」、
セックス・アンド・ザ・シティ」、

映画では
アン・ハサウェイがヌードになったジェイク・ジレンホールと共演の映画「ラブ・アンド・ドラッグ」、

アル・パチーノとコリン・ファレル主演の「リクルート」などにも出演しています。

ちなみに、ガブリエル・マクトはお父さんも俳優さんで、なんと「SUITS/スーツ」のシーズン3以降で親子共演してます。

数話登場する法学部の教授役ヘンリー・ジェラード役を演じているのは、実はガブリエル・マクトのお父さんのスティーブン・マクトなんですよん。

もう一人の相棒役マイク・ロス役は、パトリック・J・アダムスというまだ30代の若いカナダ生まれの俳優さんですね。

若いながら下記のような様々な海外ドラマなどにもゲスト出演してきたみたいです。

「LOST」
「ライ・トゥ・ミー」
「フラッシュフォワード」
「プリティ・リトル・ライアーズ」
「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」

なかでも特筆すべきなのは、「プリティ・リトル・ライアーズ」に出演しているシーズン1の第5話に出演しており、逆に「プリティ・リトル・ライアーズ」のメインキャストの1人トローヤン・ベリサリオという女優さんも「SUITS/スーツ」に数話出演しています。たしかシーズン4と5でマイク・ロスの昔の彼女役でした^^

そうです、実はこの2人、私生活で2016年に結婚しました!

2016年ということは「SUITS」のシーズン6あたりになりますね。「プリティ・リトル・ライアーズ」はシーズン7くらいかな?ビックリですよね!

でもさらにビックリさせられた人がいます・・・

それは、なんと言ってもレイチェル役の女優さん、レイチェル・メーガン・マークル!

なんと彼女は私生活で、2018年5月にイギリス王室のヘンリー王子(ダイアナ妃の次男でウィリアム王子の弟さん)と結婚しちゃいました!!

今や「公爵夫人のメーガン様」と呼ばれているようです。ビックリですね!「SUITS/スーツ」キャストの皆さんも大変なサプライズだったそうです(笑)

ちなみに
レイチェル役の父親を演じた俳優さんは、これまた超有名ロングラン海外ドラマ「Law and Order(ロー&オーダー)」に出演していた人だったりするんですね!

同じ法曹界ドラマに出演というのがなんか同一キャラみたいで面白い。

最近では、Amazonオリジナルドラマ「ジャック・ライアン」にも主人公の上司役として出演しています。

こうやって観ると、有名なアクターがたくさん出演しているので、ドラマ中いろんな作品へのオマージュがあるのもうなづけます。

大好きなドラマや映画がたくさん散りばめられているというだけでもう好感度が上がってしまいました。

でもこれ、たぶん製作側が面白いというほかに、マーケティング的な意図もあると思うなぁ。。。恐るべしアメリカ資本主義。

あとは準主人公のルイス・リット役リック・ホフマンという俳優さんも、以下のような海外ドラマにゲスト出演しています。

「ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る」
「NCIS ネイビー犯罪捜査班」
「レバレッジ 0詐欺師たちの流儀」
「サマンサ Who?」
「CSI:マイアミ」
メンタリスト
名探偵モンク
「CHUCK/チャック」

「モンク」(S3E5)と「メンタリスト」(S2E22)に出演していたのにはビックリしました!

全話何度も見返している大好きなドラマなのに気づかなかった・・・もう一回観なおしてみたら・・・いた!

「モンク」のほうは、エイドリアン・モンクがマフィアから仕事の依頼を受けて、それをおとり捜査として利用したいと申し出てくるイヤな奴というFBI捜査官役だ!

1話限りとはいえ結構メインの役どころでしたね!ほんとだ、ほんとだ、たしかにルイスだ(笑)

「メンタリスト」ではこの話はたしか「24」ジャック・バウアーの妻役レスリー・ホープが出演している回ですね。

こっちも確認してみましたが、こちらは出演したといえるかどうか・・・ほんのちょっとしか出てませんでした(^。^;)

そーいえばメインキャストの男性3人は、全員リドリー・スコット製作総指揮の海外ドラマ「NUMBERS 天才数学者の事件ファイル」に出演していたという共通点もあります。面白いですね。それぞれゲスト出演みたいなので同一話では共演してないと思いますが。

その他「SUITS」に出演していたアクターで有名な人は、まだまだ他にも かなりたくさんいます。

例えば、ジェシカ・ピアソン役のジーナ・トーレスは映画「マトリックス」シリーズで2と3に出演、海外ドラマ「24」にも数話出演しています。

そして、ジーナ・トーレスは「マトリックス」で出会ったモーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンと結婚してるんですね!ローレンス・フィッシュバーンは「ミッション・インポッシブルⅢ」でMIFの局長役でも知られていますね。

あと、ドナ役のサラ・ラファティは私生活でガブリエル・マクトとは20年来の親友なんだそうです。

次に、ハーバード大の就職課の女性シェイラ役を演じたレイチェル・ハリスは、なななんと私の大好きなシットコムにゲスト出演しまくってたコメディアンでした!

フレイジャー
フレンズ
モダン・ファミリー
ラリーのミッドライフ★クライシス
「デスパレートな妻たち」
名探偵モンク」(S4E9 ほら!クリスマスのエピソードでアリス役やった人ですよ!)
「ザ・ホワイトハウス」
そして「LUCIFER/ルシファー」ではメインキャストだそうです!

ちなみに、今2019年3月現在、「ラリーのミッドライフ★クライシス」はなんとシーズン1~8まで全話プライム特典で無料見放題です!!

あと、
カトリーナ役のアマンダ・シュルは、今、私が一番見たい(のにどこのオンライン動画配信サイトでもやっていない・・・)海外ドラマ「サイク/名探偵はサイキック?」にゲスト出演したことのある女優さんです。(「サイク」は昔、Huluでやってたのに・・・泣)

最後に、
「24」ウェイン・パーマー役で有名なD・B・ウッドサイドも後半シーズンに重要な役どころとして複数話登場してます。

この人も「LUCIFER/ルシファー」にメインキャストとして出演しているみたいですね。

僕的には「モンク」の最終シーズン8に登場した医師役のイメージも残ってます。その他「恋するバフィー」などにも複数話出演していますし、なかなか売れっ子役者さんですね!

いやはや、「SUITS/スーツ」すごすぎ(笑)豪華キャストだなぁ、たしかに一気に観ちゃったくらい面白かったもんなぁ~

ところで製作陣はどんな人達だろうと調べてみると・・・

なんと企画・脚本・製作総指揮のアーロン・コーシュという人はSUITS意外に特に有名な作品のない人でした。意外。

そしてもう1人の製作総指揮は
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
映画「ボーン・アイデンティティー」
映画「Mr.&Mrs. スミス」
などのヒット作の監督をしているダグ・リーマンですね!

あと最後に、「SUITS/スーツ」といえばファッション!

高級ブランドスーツがたくさん登場することでも注目され、話題となりました。

実際にドラマで出てきたスーツブランドで有名どころをいくつかあげておきますね。

■ミドルエイジな大人用
○トム・フォード(米)
○ブリオーニ(伊)
○エルメネジルド・ゼニア(伊)
○カナーリ(伊)

■フレッシュさをアピール用
バーバリー(英)バーバリー
○ジー・ゼニア(伊)
○ヒューゴ・ボス(独)



ちなみに、タイトルの「SUITS」という英語は、洋服のスーツという意味と、訴訟という意味があります。実にオシャレな、うまい原題タイトルですね。

⇒「SUITS/スーツ」のDVD/ブルーレイはこちら

⇒「SUITS/スーツ」をAmazonPrimeVideoで無料視聴したい方はこちら(2019年3月現在プライム会員特典)

⇒日本版TVドラマの「SUITS/スーツ」はこちらのFOD(フジテレビオンデマンド)から観れますよん
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

織田裕二のすべて

織田裕二(おだ ゆうじ, 1967-)は、日本は神奈川県出身の俳優です。

 
 
この俳優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン

日本ドラマの歴史をちょこっと振り返る

東京ラブストーリーこのページでは、日本のドラマの歴史というと大げさですが、僕が観てきた面白かったドラマを順番に紹介していこうと思います。
日本のドラマも海外ドラマとはちょっと違った味わい深さがあり、素晴らしいものは本当に希望をくれる、勇気をくれる、そして癒してくれる、エール作品ばかりですよね☆
 
中でも、僕は脚本家なら倉本聰さんや橋部敦子さん、そして三谷幸喜さん、野島伸司さんのドラマは大好きですし、役者でいうなら木村拓哉さんや天海祐希さん、堤真一さん、二宮和也くん等、たくさん好きな方がいます♪
 
ちなみに、これはよく耳にすることですが、月9ドラマが最高にトレンディ(笑)だった頃、東京ラブストーリーがいわゆるドラマ全盛期の頂点だったと多くの人言っています。また、僕もたしかにあの頃がラブストーリーもののドラマ絶頂期だったと思います。東京ラブストーリー、たしかに面白かったし、今ぜひもう一度見返してみたい作品のベスト3に入るかもしれません(笑)
 
鈴木保奈美さんの人気もこの頃すごかったです。僕的には、保奈美さん作品なら野島伸司さんの映画「ヒーローインタビュー」が最高に好きです。ドラマなら三谷幸喜さんの「総理と呼ばないで」の保奈美さんが最高でした♪
 
三谷幸喜さんはコメディドラマの印象が強いかもしれませんがシリアスの医療ドラマ「振り返れば奴がいる」や「警部補古畑任三郎」なども書いていますし、なかなか勇気やエールをもらえる作品が多くて「HR」や「合言葉は勇気」なんかは笑いの中にも悲しみやエールがたくさん詰まっていて結構何度も見返しては楽しんでいます。まあ、特に三谷さんの映画はもう応援歌と呼べるくらいエールフルな作品ばかりですからね!
 
話がバラバラになってしまいそうなので、ちょっと時代順に追っていきましょうか。
 
まずは、東京ラブストーリーから始めることにします。
 
この頃はドラマ絶頂期で本当にみんながドラマを見ていて、次の日の学校などで話題にしていました。
 
鈴木保奈美さん、江口洋介さん、織田祐二さん、そして吉田栄作さんなんかが人気で、その後、今挙げた役者さん達が主演した「愛という名のもとに」や「振り返れば奴がいる」などのドラマも人気になりました。
 
またこの頃から「あすなろ白書」や「ロングバケーション」で木村拓哉さんがスターとして頭角をあらわし始め、同じSMAPメンバーもそれぞれ主演ドラマに出始めました。
 
チャゲアス CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&Aさらに、ドラマ人気とともに主題歌が話題になり、ドラマの主題歌にタイアップが決まればミリオンセラーになるという定説が固まりつつあった時代でもありました。
 
一番印象に残っている主題歌はなんといっても「101回目のプロポーズ」の主題歌Chage&Askaの「SAY YES」でしょう♪「振り返れば奴がいる」の主題歌も同じくChage&Askaの「YAH YAH YAH」でこれまた大ヒットしました。
ちなみに、僕はこの頃にチャゲアスファンになり、ファンクラブにも入会した程です♪あは♪
 
そして、ラブストーリー系のドラマが下火になってくると、今度はより人間心理を描いたものや人間の心のダークサイドを描いたものと言えばいいのかな?そういうジャンルが中心となってきます。
代表的なのは野島伸司さんの「家なき子」とか「人間失格」「未成年」、また「ピュア」「若者のすべて」「トリック」等です。
 
ビギナーまた、弁護士、刑事、パイロットものと職業別のドラマもだいぶ流行りました。「HERO」「古畑任三郎」「GOOD LUCK!!」「アテンションプリーズ」「離婚弁護士」「ビギナー」「カバチタレ」などなどです。
 
2003年以降になると、脚本家の倉本聰さんや橋部敦子さんが大活躍して、草なぎくん主演の「僕の生きる道」シリーズ3部作や、「優しい時間」「拝啓、父上様」など二宮和也くん主演のドラマなどが人気で本当にこれらのドラマからは毎日たくさんの知恵と元気をもらいました。
 
ドラマは時代の生き証人のようなもの、その時代その時代の情熱やパワーを思い出させてくれます。僕個人的にはちょうど学生時代にドラマがはやっていたため、ドラマを見るとその時代その時代に過ごしていた学生の頃の感情が思い出されてちょっとセンチメンタルな気分に浸れます☆
ドラマも映画同様、見た人にたくさんのエールをくるあなたの専属チアリーダーのようなものです☆少しでも興味のある作品がありましたら、ぜひぜひ、観て見て下さいね。
 
それぞれのドラマの紹介はこのホームページのドラマページに記載していますのでぜひご覧になって下さいませませ。
 
 
蛇足ですが、最近のドラマは面白くないという声もよく聞きますし、僕もハズレ作品が多いと思います。
いろんな事情があるのでしょうが、そんな時、いつも思い出す言葉あります。
 
Dullness is the coming of age of seriousness.
(つまらないのはシリアスな時代の到来)
 
オスカー・ワイルドの言葉です。エンタメや芸術大好きっ子の言葉にきっと間違いありません(笑)この言葉、好きです。
ワイルドに興味のある方はこちらの個人サイトさんがわかりやすくてかつ詳しく載せてくれてますのでどうぞ☆
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

映画・TV・エッチな動画まで見放題!
unext ユーネクスト 動画配信
美人女性トレーナーだらけのパーソナルジム
ダイエット パーソナルジム マンツーマン