ジョブズとピクサーとディズニーの関係

みなさんはアップル、マック、アイポッド、アイタッチなど次々と世界を魅了し続けている商品を開発販売している会社、APPLE社の設立者でもあるスティーブ・ジョブズというカリスマ実業家をご存知ですか?
 
もしもまだあまりよく知らないという方はぜひこの動画を見てみてください。(YouTube)
 
2005年にスタンフォード大学の卒業式に招かれてスピーチした際の動画です。
 
このスピーチの内容は素晴らしく、ためになるエールフルなものであるばかりか、面白いです♪見た事ない方は有名な動画ですので、ぜひ見てみてください。
 
上記の話の中にも出てきますが、ジョブズは自分も共同設立者の一人でありながら、アップル社から解任されてしまい、新しくNeXTというコンピューター会社をたちあげます。この会社こそ、CG技術を駆使した映画制作で有名なピクサーの前身です。
 
ピクサーは「カールじいさんの空飛ぶ家」や「トイ・ストーリー」「Mr.インクレディブル」「WALL・E/ウォーリー」などなど大ヒットアニメーション映画を次々と発表している映像制作会社です。
 
2006年5月5日よりウォルト・ディズニーカンパニーの完全子会社となりました。正式名称はピクサー・アニメーション・スタジオ。
 
ジョブズがアップル社をクビにならないと実現されなかったという面白いシンクロの末に生まれた制作会社です。
 
ちなみに、その後ジョブズはアップル社に復帰してiPod TouchやiPad、iPhoneなどのメガヒット商品を発表し世界を魅了しました。
 
詳しくはジョブズの評伝などを読んでみるといいかもしれません。
 
 
PIXARは言ってみればアメリカ版ジブリとい感じかな?そもそもジブリは日本版ディズニーか?(笑)
 
◆ピクサー(PIXAR)の代表作
 
・「トイ・ストーリー
・「ファインディング・ニモ
・「Mr.インクレディブル
・「レミーのおいしいレストラン
・「WALL・E/ウォーリー
・「カールじいさんの空飛ぶ家
 
 
⇒エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!