タグ別アーカイブ: 山田洋次

淀川長治が選んだ名作映画(究極のベスト100)

 

テレビ朝日で放送していた「日曜洋画劇場」の映画解説者として有名だった淀川長治(よどがわ ながはる)さん。

彼の独特な語り口調と、最後に言う決まり文句「サヨナラ、さよなら、サヨナラ」も日本で知らないくらい有名ですね。

チャップリンや、フランク・キャプラと言った伝説的なハリウッド映画人たちともインタビューをしたり交流があったというから驚きですよね。

このページでは、そんな淀川長治さんと30年来の付き合いがあったという映像作家の岡田喜一郎という人が、淀川さんの許可を得て完成させた「淀川長治 究極の映画ベスト100」という本で紹介している名画100本を参考に、何本かピックアップして一覧にしています。

 

岡田さんは淀川さんに晩年、これまで淀川さんが解説してきた名画の辞典のようなものを出版できたらいいなと思っているんですよ的な話を持ち込んだことがきっかけで、まず「淀川長治映画ベスト1000」を淀川さんの死後数年経ってから出版。

その後、さらにその中から淀川さんだったらこれを選ぶんじゃないかなという考えのもと、1,000本から100本を厳選して「淀川長治 究極の映画ベスト100」を発表しました。

スゴイのは、この2冊の本には、1作品ごとにきちんと淀川さんの解説がついているんですね!まさに名画辞典としてオススメの1冊です(´ー`)
 
 
それでは、以下がピックアップした一覧表になります。

もちろん全100本をここで紹介はしていませんので、淀川さんの解説+100本が知りたい方は、ぜひ「淀川長治 究極の映画ベスト100」をご購入くださいね☆

作品名 監督名
キッド」 (1921) チャールズ・チャップリン
黄金狂時代」 (1925) チャールズ・チャップリン
街の灯」 (1931) チャールズ・チャップリン
独裁者」 (1940) チャールズ・チャップリン
ライムライト」 (1952) チャールズ・チャップリン
或る夜の出来事」 (1934) フランク・キャプラ
イントレランス」 (1916) D・W・グリフィス
散り行く花」 (1919) D・W・グリフィス
大いなる幻影」 (1937) ジャン・ルノワール
セブン・チャンス」 (1925) バスター・キートン
嘆きの天使」 (1930) ジョセフ・フォン・スタンバーグ
」 (1932) ルイス・マイルストン
駅馬車」 (1939) ジョン・フォード
風と共に去りぬ」 (1939) ヴィクター・フレミング
市民ケーン」 (1941) オーソン・ウェルズ
レベッカ」 (1940) アルフレッド・ヒッチコック
疑惑の影」 (1943) アルフレッド・ヒッチコック
大人は判ってくれない」 (1959) フランソワ・トリュフォー
太陽がいっぱい」 (1960) ルネ・クレマン
エデンの東」 (1955) エリア・カザン
七人の侍」 (1954) 黒澤明
死刑台のエレベーター」 (1958) ルイ・マル
」 (1954) フェデリコ・フェリーニ
甘い生活」 (1959) フェデリコ・フェリーニ
「かくも長き不在」 (1961) アンリ・コルピ
西鶴一代女」 (1952) 溝口健二
禁じられた遊び」 (1952) ルネ・クネマン
サンセット大通り」 (1950) ビリー・ワイルダー
我が道を往く」 (1944) レオ・マッケリー
コックと泥棒、その妻と愛人」 (1989) ピーター・グリーナウェイ
ニュー・シネマ・パラダイス」 (1988) ジュゼッペ・トルナトーレ
シザーハンズ」 (1990) ティム・バートン
テルマ&ルイーズ」 (1991) リドリー・スコット
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 (1993) ヘンリー・セレック

 
 

やはり淀川さんは、チャップリンがお好きなんですね~♪

特に「黄金狂時代」を絶賛しているのを、このサイトで見たのを覚えています。

黄金狂時代」は黒澤明監督も名画の1つに数えていましたね☆

ちなみに、上記で挙げた映画のうち「ニュー・シネマ・パラダイス」や、黒澤明監督の数本の作品などはHulu(フールー)で観る事ができますよ☆

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

山田洋次が選んだ日本の名作100本

 

NHK BSジャパンの企画で、「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」というのがありました。

その時に選出された名作100本をご紹介します。

家族編】と【喜劇編】50本ずつです。(参考:Wikipedia

 
 
【家族編】

東京物語」 (1953) 小津安二郎 監督
二十四の瞳」 (1954) 木下惠介 監督
トウキョウソナタ」 (2008) 黒沢清 監督
鉄道員」 (1999) 降旗康男 監督
めし」 (1951) 成瀬巳喜男 監督
若者たち」 (1967) 森川時久 監督
ウホッホ探検隊」 (1986) 根岸吉太郎 監督
名もなく貧しく美しく」 (1961) 松山善三 監督
無法松の一生」 (1958) 稲垣浩 監督
煙突の見える場所」 (1953) 五所平之助 監督
「恍惚の人」 (1973) 豊田四郎 監督
「裸の島」 (1960) 新藤兼人 監督
「キューポラのある街」 (1962) 浦山桐郎 監督
「おとうと」 (1960) 市川崑 監督
「にごりえ」 (1953) 今井正 監督
「風の中の子供」 (1937) 清水宏 監督
「乳母車」 (1956) 田坂具隆 監督
「雨月物語」 (1953) 溝口健二 監督
「異人たちとの夏」 (1988) 大林宣彦 監督
「誰も知らない」 (2004) 是枝裕和 監督
「父と暮せば」 (2004) 黒木和雄 監督
「人間の條件 (全六部)」 (1959~61) 小林正樹 監督
「狂った果実」 (1956) 中平康 監督
「毎日が夏休み」 (1994) 金子修介 監督
利休」 (1989) 勅使河原宏 監督
「泥の河」 (1981) 小栗康平 監督
「私は二歳」 (1962) 市川崑 監督
「お引越し」 (1993) 相米慎二 監督
「おかあさん」 (1952) 成瀬巳喜男 監督
「秋刀魚の味」 (1962) 小津安二郎 監督
「クイール」 (2004) 崔洋一 監督
「にあんちゃん」 (1959) 今村昌平 監督
「人情紙風船」 (1937) 山中貞雄 監督
「Shall we ダンス?」 (1996) 周防正行 監督
「楢山節考」 (1958) 木下惠介 監督
「お葬式」 (1984) 伊丹十三 監督
「安城家の舞踏会」 (1947) 吉村公三郎 監督
「君の名は 第一部」 (1953) 大庭秀雄 監督
生きる」 (1952) 黒澤明 監督
「紀ノ川」 (1966) 中村登 監督
「暖流」 (1957) 増村保造 監督
「祇園の姉妹」 (1936) 溝口健二 監督
「兄とその妹」 (1939) 島津保次郎 監督
「姉妹」 (1955) 家城巳代治 監督
「真実一路」 (1954) 川島雄三 監督
「愛染かつら」 (1938) 野村浩将 監督
「本日休診」 (1952) 渋谷実 監督
「家族ゲーム」 (1983) 森田芳光 監督
「王将」 (1948) 伊藤大輔 監督
家族」 (1970) 山田洋次 監督


 
【喜劇編】

「幕末太陽傳」 (1957) 川島雄三 監督
「シコふんじゃった。」 (1992) 周防正行 監督
「下妻物語」 (2004) 中島哲也 監督
「蒲田行進曲」 (1982) 深作欣二 監督
「お早よう」 (1959) 小津安二郎 監督
「ニッポン無責任時代」 (1962) 古澤憲吾 監督
馬鹿まるだし」 (1964) 山田洋次 監督
ALWAYS 三丁目の夕日」 (2005) 山崎貴 監督
「時代屋の女房」 (1983) 森崎東 監督
「ウォーターボーイズ」 (2001) 矢口史靖 監督
「釣りバカ日誌3」 (1990) 栗山富夫 監督
ラヂオの時間」 (1997) 三谷幸喜 監督
「転校生」 (1982) 大林宣彦 監督
「独立愚連隊」 (1959) 岡本喜八 監督
「好人好日」 (1961) 渋谷実 監督
「台風騒動記」 (1956) 山本薩夫 監督
「東京五人男」 (1945) 斎藤寅次郎 監督
「二等兵物語 女と兵隊・蚤と兵隊」 (1955) 福田晴一 監督
「エノケンのちゃっきり金太」 (1937) 山本嘉次郎 監督
「夫婦善哉」 (1955) 豊田四郎 監督
「タンポポ」 (1985) 伊丹十三 監督
「ひばりの森の石松」 (1960) 沢島忠 監督
「拝啓天皇陛下様」 (1963) 野村芳太郎 監督
「お嬢さん乾杯!」 (1949) 木下惠介 監督
「豚と軍艦」 (1961) 今村昌平 監督
「東京キッド」 (1950) 斎藤寅次郎 監督
「雲の上団五郎一座」 (1962) 青柳信雄 監督
「プーサン」 (1953) 市川崑 監督
「次郎長三国志 第三部 次郎長と石松」 (1953) マキノ雅弘 監督
「警察日記」 (1955) 久松静児 監督
「三等重役」 (1952) 春原政久 監督
「社長三代記」 (1958) 松林宗恵 監督
「丹下左膳余話 百萬両の壺」 (1935) 山中貞雄 監督
「カルメン故郷に帰る」 (1951) 木下惠介 監督
「喜劇 にっぽんのお婆あちゃん」 (1962) 今井正 監督
「有りがたうさん」 (1936) 清水宏 監督
12人の優しい日本人」 (1991) 三谷幸喜 脚本
「狐の呉れた赤ん坊」 (1945) 丸根賛太郎 監督
「ディア・ドクター」 (2009) 西川美和 監督
「源氏九郎颯爽記 白狐二刀流」 (1958) 加藤泰 監督
「抱かれた花嫁」 (1957) 番匠義彰 監督
「とんかつ大将」 (1952) 川島雄三 監督
「トイレット」 (2010) 荻上直子 監督
「神様のくれた赤ん坊」 (1979) 前田陽一 監督
「喜劇 女は度胸」 (1969) 森崎東 監督
「マダムと女房」 (1931) 五所平之助 監督
「大人の見る繪本 生れてはみたけれど」 (1932) 小津安二郎 監督
「夕陽に赤い俺の顔」 (1961) 篠田正浩 監督
「お日柄もよくご愁傷さま」 (1996) 和泉聖治 監督
男はつらいよ」 (1969) 山田洋次 監督

 
いかがですか?どのくらい観てます?こうしてみると、「真実一路」とかは「男はつらいよ」の副タイトルに使われたりしてますね。山田洋次監督の遊び心というかオマージュ的な意志が伺えます。

あとは「虹をつかむ男」で登場した映画が、やはり結構あります。「無法松の一生」や「東京物語」「二十四の瞳」「若者たち」など。

それに三谷幸喜監督の「ラヂオの時間」や山崎貴監督の「ALWAYS 三丁目の夕日」など最近の映画も組み込まれているのが面白いですね♪

黒澤明監督の作品は以外にも1つで、「生きる」がランクインしています。まあ、喜劇って感じの作品は少ないからな(笑)

ちなみに、山田洋次監督ご自身の作品は3本入っています。「家族」、「馬鹿まるだし」、そして「男はつらいよ」です。

こうして名作映画を大好きな映画監督から教えてもらえるなんて、ありがたいですよね☆

気になった作品は、ぜひ観てみましょう(´ー`)
 
 
エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「十五才 学校IV 」は最高のエール映画でSHOW?

映画「十五才 学校IV」は2000年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「学校Ⅱ」は最高のエール映画でSHOW?

映画「学校Ⅱ」は1996年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「学校」は最高のエール映画でSHOW?

映画「学校」は1993年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」は最高のエール映画でSHOW?

映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」は1982年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」は最高のエール映画でSHOW?

映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」は1977年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「男はつらいよ 寅次郎真実一路」は最高のエール映画でSHOW?

映画「男はつらいよ 寅次郎真実一路」は1984年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」は最高のエール映画でSHOW?

映画「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」は1979年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」は最高のエール映画でSHOW?

映画「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」は1975年公開の映画です。

 
 
「人生を変える映画」一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!