タグ別アーカイブ: キャメロン・ディアス

「マット・デイモンさん、申し訳ない。番組終了のお時間です」

 

俳優のマット・デイモンと言えば、ハーバード大学に進学後に役者デビューし、親友のベン・アフレックとともに脚本を書き上げた「グッド・ウィル・ハンティング」が映画化。

この作品がアカデミー脚本賞を受賞するやいやな、映画「オーシャンズ」シリーズでジョージ・クルーニーやブラピと共演したり、主演した「レインメーカー」や「ボーン」シリーズなどが世界中で大ヒットするなど、今やハリウッドを代表するムービー・スターです。

そんなマット・デイモンを、なんとジョークのネタにし続けている司会者がいるんですね。

それがアメリカで人気の深夜のトークショー「Jimmy Kimmel Live!」でホストを務める、ジミー・キンメルという司会者。

この番組は2003年からアメリカのABCという放送局で平日月~金に深夜0時頃から放送しているトーク・ライブ・ショーですが、番組の最後の最後に必ず言うジョークというか、決まり文句みたいなものがあります。

それが、

「Apologies to Matt Damon, We Ran Out of Time」

すなわち、

「マット・デイモンさん、申し訳ない。番組終了のお時間です」

というもの。

これは、マット・デイモンがゲストとして出演する予定だったけど、番組の放送時間がなくなっちゃったのでキャンセルね、ということ。

ですが、実は、もともとマット・デイモンをゲストとして呼んではいません(笑)

でもナゼか毎回番組終了時に、ジョークとしてこのセリフを言うんですね。

それが視聴者にウケて、なんと1000回以上にわたってこのフレーズを言い続けています。

そして、とうとうネタにされていることを聞きつけたマット・デイモン本人が、本当に番組のゲストとして登場!



しかし、ジミー・キンメルが長々とマット・デイモンの経歴を紹介しすぎたために、登場と同時にちょうど番組終了の時間がきてしまいます(笑)

マット・デイモンは頭にきれ怒りまくるのですが、なんとコレ、ジミーとマットで事前に打ち合わせ済みの演技なんだそうです。

それにしてもマット・デイモン、いきなりネタにされ始めたというのに冗談に付き合ってくれて器がデカいですよね(´▽`)
 
 
さらにマット・デイモンが仕掛けます。

当時ジミー・キンメルが交際していた恋人の女優サラ・シルバーマン(「名探偵モンク」「スクール・オブ・ロック」などに出演)が作ったオリジナルソング、

「I’m Fxxking Matt Damon」(マット・デイモンとヤリまくってるわ)

のミュージック・ビデオに出演。



英語がわからない方のために一応簡単にご説明すると、

サラが冒頭、

「ハーイ。ジミー、私よ。私達もう5年以上付き合ってるわね。

でも、あなたに言わなきゃいけないことがあるの。

とても大事なことだから聞いてほしい」と言って曲がはじまります。

歌詞は、こんな感じ

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  ああ、彼女はマット・デイモンとヤリまくりだぜ!

サラ :  ごめんなさい。でも、これが真実。

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  彼女はマット・デイモンとヤリまくりだぜ!

サラ :  あなただと思ってしてる訳じゃない。

サラ :  私、マット・デイモンとヤリまくってるの!
マット:  ベッドの上でも
マット:  床の上でも
マット:  ドアマットの上でも
マット:  風呂の中でも
マット:  クルマの中でも
マット:  ミニ・バーでもね!

・・・(途中略)・・・

ラップ部分:

「コンコン、コンコン。誰か居ますか?」
「はい、どちら様ですか?」
「私、マット・デイモンとヤリまくってるの!」

・・・とまあ、こんな感じで続くわけです(笑)

驚くべきことに、なんと、この曲、2008年にクリエイティブ・アーツ・エミー賞でオリジナル歌曲賞を受賞しちゃってます!

悪ノリしてくれるマット・デイモンもスゴイですが、この曲に賞を授与しちゃうアメリカって懐が深いなぁ~(笑)
 
 
さらに、ジミー・キンメル VS マット・デイモンの戦いはヒートアップします。

今度はジミー・キンメルが、ものすごいお返しをしたんですね。

そう、今度はジミーが歌う「I’m Fxxking Ben Affleck!」(俺はベン・アフレックとヤリまくり!)という曲のMVをサラとマットに向けて発表します♪



自分の恋人がマット・デイモンと浮気をしているのなら、こっちはマットの親友ベン・アフレックとヤリまくってやるぜ!という訳のわからないリベンジをしたわけです(笑)

ベン・アフレックがノリノリで演じているのも可笑しいですが、

このビデオクリップには、なんと

 

ブラッド・ピット、
キャメロン・ディアス、
ロビン・ウィリアムズ、
ドン・チードル、
ドミニク・モナハン、
クリストファー・ミンツ=プラッセ、
クリスティナ・アップルゲイト、
レベッカ・ローミン、
さらには、
ハリソン・フォードまで登場しています!

 
 


また、本物の歌手も、

ジョーン・ジェット、
ピート・ウェンツ、
ペリー・ファレル
メイシー・グレー、
ジョエル・マッデン、
ベンジ・マッデン、
ランス・バス、
ヒューイ・ルイス、
ジョシュ・グローバン、
ミートローフ、
ディッキー・バレット

などなど多数参加しています♪

おふざけビデオに豪華すぎるでしょ(笑)

キャスト総勢で歌っている歌は「We Are The World」の替え歌で、感動的すぎるメロディーだし。

ちなみに、最後に「この曲をノーマン・メイラーの思い出に捧げる」というテロップが出てきますが、誰なんですかね?

たしかに同姓同名の作家はいます。自身の第二次世界大戦での体験を記した小説「裸者と死者」を発表した作家なんだそうですが、この曲とは、まったく無関係ですもんね?(笑)ナゾです。
 
 
この後も、

例えばマット・デイモンの新作映画「エリジウム」のインタビュー中に、突然ジミー・キンメルの番組で有名な名物警備員が乱入してプロモーションをメチャクチャにするなど、やりたい放題。

とうとうブチ切れたマット・デイモンは2013年、ジミー・キンメルの番組を乗っ取ってしまいます(笑)



ジミーをイスに縛り付けて、本当にマット・デイモンが番組ホストを務めてしまうという特別な放送回となりました。

駆けつけたゲストも豪華で、

アンディ・ガルシア、
シェリル・クロウ、
ベン・アフレック、
ロビン・ウィリアムズ、
ニコール・キッドマン、
ゲイリー・オールドマン、
エイミー・アダムスなどが生出演!





とくにニコール・キッドマンはスゴイ!

クールに見えて、登場であんなコトしちゃうんだ!?というくらい大胆でセクシーな悪ノリしてます(笑)

エイミー・アダムスも登場しながら、いきなりマット・デイモンとマウスtoマウスのキスしてますけどね。

さらに、中継のシーンになりアンディ・ガルシアが通りに出ると、マットが「ここはハリウッドだから、石を投げればスターにぶつかるだろう。やってみて」と告げ、アンディが投げると、石はリース・ウィザースプーンに当たります(笑)

で、リース・ウィザースプーンもスタジオに乱入。

あらに、アンディがもう1つ石を投げてみると、今度はデミ・ムーアに命中します(笑)

で、デミ・ムーアも参加!最終的にスタジオはこうなりました↓



スゴすぎ!

加えて、VTR出演では

ジェニファー・ロペス、
ジョン・クラシンスキー、
ロバート・デ・ニーロ、
ドン・チードル、
オプラ・ウィンフリー、

などのセレブたちがマットへ応援メッセージを送ってきます。

最後はジミー・キンメルの両親まで(笑)



そして、いよいよ番組の最後がきた際には、マット・デイモンがいつもの決まり文句でやりかえします。


「最後にジミー、何か言いたいことはある?おっと!残念、時間がありません。ここで番組は終わりの時間が来てしまいました、さよなら」

というわけです。いやはや、遊び心もここまでくるとアッパレです!さすが世界一のエンターテイメント国ですな☆
 
 
もっとも、この後2014年には、今度はジミー・キンメルが再び仕返しをしています。

マット・デイモンは、ジョージ・クルーニー監督・主演の新作映画「ミケランジェロ・プロジェクト(The Monuments Men)」に出演。

PRで主要キャスト一同で番組に出演したのですが、マットだけソファではなくてショボイ椅子が用意されていたり、まったく質問してもらえなかったりと嫌がらせをされます。

そして、最後にとうとう発言する機会がまわってきたかと思えば、タイミングよくスタジオが火事になって避難命令が下されることになるという(笑)



この二人の戦い、今後もまだまだ期待できそうですヽ(´▽`)/
 
 
あ、ついでにジミー・キンメル・ライブは、これ以外の企画もすごく面白いです。

例えばドッキリ企画で、

「もしも、わが子にショボすぎるクリスマス・プレゼントをあげたら」



というのや、街頭インタビューで小さい子に「お母さんがしゃべっていた今までで一番下品な言葉は何?」


というもの、あるいは「君が知ってる一番汚い言葉は何?」など可愛らしいものもあります。


あと僕の一番のお気に入りは「The Baby Bachelor」。これは「赤ちゃん達の、ねるとん」みたいな企画(笑)

これがまたカワイイんですよ♪



あとは、「ハロウィーン用のキャンディーを全部ママが食べちゃったんだと告白したら・・・」というのも超絶キュートです☆


子供ネタの動画はズルイですよね(笑)

おっと、最後に忘れちゃいけない、海外ドラマ「フレンズ」に出演していた女優ジェニファー・アニストン(レイチェル役)がジミー・キンメル・ライブ!に来た際には、あの懐かしのセット、モニカの部屋でコントを演じてくれました。

さらに、そこへ共演者だったコートニー・コックス(モニカ役)とリサ・クドロウ(フィービー役)がサプライズで飛び入り参加するという、伝説のシットコム「フレンズ」ファンには堪らない一幕となりましたね☆




「ジミー・キンメル・ライブ!」、いつかDlifeなどで「エレンの部屋」みたいに放送されるといいですね☆

「それでは、時間が来てしまいましたので、この辺で」(笑)

ちなみに「ジミー・キンメル・ライブ!」はまだですが、Hulu(フールー)では2014年11月現在、シーズン40以上続いているアメリカの長寿人気バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」や、アメリカの若い女性に特に人気のリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」などが配信中ですよん♪

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


エンタメ豆知識の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

ナンシー・マイヤーズのすべて

 


ナンシー・マイヤーズ(1949-)はアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィア出身の映画監督・プロデューサーです。

代表作は全てラブコメで、今までに少なくとも4本以上も大ヒットしている作品があります。スゴイことに、Wikipedia見たら、どの作品も興業収入が200億円超えてるんですね!

参考までに、邦画だと三谷幸喜さんの映画でも50億は超えてないみたいだし、「ポケモン」、「ドラえもん」、「名探偵コナン」などでも30億いったらスゴイほうですから、200億円超えがいかにスゴイことかおわかりいただけると思います。

もっともスピルバーグ作品など超大ヒット作品になると300億円も超えてきますけどね。それでも200億円越えする作品は、普通に世界的大ヒットを果たした映画というレベルです♪

しかもナンシー・マイヤーズの作品はラブコメがほとんど。そんな条件下で、この人気ぶりはヤッパリ驚きですよ!

 

では、ナンシー・マイヤーズの代表作のラブコメ映画4本を紹介していきましょう。

■ 「ハート・オブ・ウーマン」(2000)
なんとハードボイルドな刑事役でブレイクした俳優メル・ギブソンがラブコメに!ということで話題をさらった、痛快な作品です。しかもお相手のヒロインには、「あなたにムチュー」や「恋愛小説家」の女優ヘレン・ハントです☆突然、女性の心の声が聞こえるようになってしまった男の物語で、予告編や本編でも使われていたメレディス・ブルックスの「bitch」という曲も話題になりました♪

■ 「恋愛適齢期」(2003)
ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーブスの3人が三角関係に!?というなんとも豪華なキャスティングで贈るラブコメ☆パリやアメリカを舞台に、ジャック・ニコルソンが相変わらず、いい味だしてます(笑)

■ 「ホリデイ」(2006)
ナンシー・マイヤーズ監督の作品の中でも一番のお気に入りかも!とにかくオシャレで、かつエールフルな内容になっているので、観たら元気をもらえちゃいます♪キャストも、ケイト・ウィンスレット、キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックとどの役者も主役級のスターばかり☆オススメですヽ(´▽`)/

「ホリデイ」の予告編

「ホリデイ」詳細ページはこちら

■ 「恋するベーカリー」(2009)
名女優メリル・ストリープ、映画「花嫁のパパ」や「サボテン・ブラザース」のスティーヴ・マーティン、海外ドラマ「30 ROCK」のイケメン俳優アレック・ボールドウィン、海外ドラマ「ザ・オフィス」(米版)のジョン・クラシンスキーらが共演した、とってもハートフルなロマコメです☆

 
ちなみに2014年現在、映画「恋愛適齢期」はHulu(フールー)で配信されていますので、いつでも観ることができますよ☆

Huluで今すぐ視聴!今なら2週間 無料トライアル実施中!お早めに~☆


ナンシー・マイヤーズは上記4作以外では、監督はしていませんが、映画「花嫁のパパ」シリーズや「プライベート・ベンジャミン」、「赤ちゃんはトップレディがお好き」などの脚本・製作に携わっています。

「プライベート・ベンジャミン」では、アカデミー脚本賞にノミネートされましたが残念ながら受賞はならず。ですが、全米脚本家組合賞の脚本賞には輝きました。

また、「恋するベーカリー」はゴールデングローブ賞の脚本賞にノミネートされました。こちらも惜しくも受賞は逃しています。

 

また、デビュー作は映画「ファミリー・ゲーム/双子の天使」(1998)で、主演はお騒がせセレブのリンジー・ローハン。リンジーはこの時まだ12才前後で、本作が映画デビュー作です。

リンジーは作中、ハリーとアニーという双子の女の子を、1人2役で演じているんですが、この名前はナンシー・マイヤーズの実の娘2人の名前からとったそうです。

他にはデニス・クエイド、ナターシャ・リチャードソンなどが出演しています。
 
 
実生活については、顔写真入りの洋書がAmazonで見つからないほどでしたから、あまり公開されていないのかもしれませんが、IMDbに何枚か写真が載っています。

英語版Wikipediaを読んでみると、1980年に映画監督の男性と結婚後、娘を2人出産するが1999年に別居した後、離婚しているようです。

もしかしたら、別れた夫と恋愛するというのがテーマだった自身が監督した映画「恋するベーカリー」は、元夫とも仲がいいという実体験からヒントを得たのかもしれませんね。

 

ちなみに、2014年現在は、来年2015年の夏に公開予定の新作映画「The Intern(原題)」を撮影中なんだそう。「恋するベーカリー」以来、約6年ぶりの監督作品ですね!

主演は、ロバート・デニーロとアン・ハサウェイという超豪華メンバー!!

なんでもアン・ハサウェイがネット上でファッション関係の会社を運営している経営者役で、その会社にロバート・デニーロ扮する高齢者がインターンシップとしてやって来るが・・・というコメディになるらしいです。面白そう(笑)

ロバート・デニーロの娘のドレナ・デニーロも出演する予定みたい。早く観たい♪
 
 
TV・映画監督の一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

キャメロン・ディアスのすべて

キャメロン・ディアス(, 1972-)は、米カリフォルニア州出身の女優です。

 
 
この女優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!

ドリュー・バリモアのすべて

 


ドリュー・バリモア(Drew Blythe Barrymore, 1975年2月22日生まれ)は、アメリカのカリフォルニア州出身の女優です。
 
最近は女優だけでなく、映画監督やプロデューサーなんかもやってるみたいですね。制作会社「フラワー・フィルム」やコスメブランドの「フラワー」などを立ち上げたりもしています。きっとフラワー好きなんですね♪
 
大伯父がライオネル・バリモアという超大物俳優です。大伯父というのは、祖父母の兄弟のことですね。ライオネル・バリモアは「グランドホテル」やフランク・キャプラ監督の「我が家の楽園」「素晴らしき哉、人生!」などの名作に出演しているアカデミー俳優です。
 
そんなドリュー・バリモアは小さい頃からCMなどに出演していて、映画ではスピルバーグ監督の「E.T.」(1982)に主人公エリオットの妹役で出演し一躍脚光を浴びます。その後「ボディヒート」という映画では、まだ十代だったディカプリオとも共演してたりします。
 
その後「バッド・ガールズ」や「バットマン・フォーエヴァー」に出演、さらにウディ・アレン監督の「世界中がアイ・ラヴ・ユー」ではニュージカル映画にも挑戦。「スクリーム」ではホラー映画に登場しています。
 
しかしドリュー・バリモアと言えばやはりラブコメでしょう♪一時期はラブコメの女王といわれたほど人気でした。そのきっかけとなったのは、アダム・サンドラーと共演した「ウェディング・シンガー」、そして再び共演した「50回目のファースト・キス」なども大ヒットしました。



ほかにも「エバー・アフター」や「25年目のキス」、「サンキュー、ボーイズ」「デート・ウィズ・ドリュー」、さらにヒュー・グラントと共演した「ラブソングができるまで」や自ら出演に加えプロデューサーとしても参加した「そんな彼なら捨てちゃえば?」などに出演しています。
 
そして「チャーリーズ・エンジェル」シリーズは2作製作された大ヒット映画シリーズとなりました。この作品は同名のTVドラマシリーズの映画リメイクになります。
 
主演はドリュー・バリモアとキャメロン・ディアス、そしてルーシー・リューで脇を固めるのはビル・マーレイ、サム・ロックウェル、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランクという豪華キャストです。



「チャーリーズ・エンジェル」シリーズで共演したキャメロン・ディアスとは私生活でも仲が良いらしく、よく2人で出かけているところをパパラッチされていましたね。

ちなみに2014年10月現在、Hulu(フールー)で映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」が配信されています。


ドリュ・バリモア、2004年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれ、2007年にはアメリカの有名芸能雑誌「People」で「最も美しい人」第1位に選ばれました。
 
また2009年にはテレビ映画「グレイ・ガーデンズ 追憶の館」に出演し、ゴールデングローブ賞主演女優賞に輝きました。また同年「ローラーガールズ・ダイアリー」という映画で監督デビューも飾っています。
 
そんなドリュー、実は波乱万丈な人生を送ってきました。子役デビューしてからは学校でいじめられるようになり不登校に。9歳にして両親が離婚したこともあってか、10歳前後にもかかわらず不登校に加え、夜遊びや飲酒、喫煙、ドラッグをはじめリハビリ通いを繰り返していたようです。
 
両親とも不仲になるなど大変な時期もあったようです。現在は両親とも和解しており、結婚し、出産も経験していますが、恋愛遍歴も結構、派手なほうですね。
 
弱冠19歳の頃(1994年)にバーのオーナーの一般男性と結婚するも1ヶ月で離婚。その後1995年には『プレイボーイ』誌などでヌードにもなっていますね。また「チャーリーズ・エンジェル」で共演もしているルーク・ウィルソン(オーウェン・ウィルソンの弟)と交際が噂に。そして2001年にはコメディアンのトム・グリーンと結婚するも半年持たず離婚。
 
2007年からは俳優ジャスティン・ロングと「そんな彼なら捨てちゃえば?」で共演したのをきっかけに交際をスタートさせるも結局は破局。この頃には海外ドラマ「ゴシップガール」でブレイクした年下の俳優チェイス・クロフォードやエド・ウェストウィックらと噂になったりもしていました。
 
そして2012年にシャネルの元CEOアリエ・コペルマンの息子で美術コンサルタントの3歳年下男性と結婚。同年第一子の女の子オリーブちゃんが生まれています。

妊娠についてや、アダム・サンドラーと一緒にアメリカのトーク番組に出演している公式動画あったので紹介しておきます♪ エレンの部屋に結構出てるみたいですね!








イロイロあったドリューですが、おちゃめで元気な姿は世界中の多くの人に元気をくれます♪ママになってからも、ぜひ変わらずに女優業を続けてほしいですね☆
 
ちなみに以前、WOWOWでドリュー・バリモア特集をしていました☆WOWOWや、スカパー!に加入しているとお得なことがイッパイヽ(´▽`)/

WOWOW

↓その他何枚かドリュー・バリモアの写真を探してみました♪

 
 
この女優がスゴイ!一覧ページへ戻る
 

夢の100チャンネルを手に入れよう!!